原付買取

原付買取で高く売る

 

 

原付を高く売りたい人へ

 

 

原付買取で高く売れるのは、
原付2種(51〜125cc)や
50ccであれば走行距離が少なく年式が新しいもの、
あるいは、新車価格が20万円以上するような
「ズーマー」や「VOX」などの
人気の車種であればそれなりに高く買い取ってもらえます。

 

 

またミッション車も
比較的高く買い取ってもらえる傾向があり、
「エイプ」や「モンキー」なども高く売れます。

 

 

一方、原付(50cc)は、基本的に元値が安く
新車を買った時点で半分くらいの価値になり、
あとは、1年経つごとに1万円くらい
価値が落ちていくものです。

 

 

年式が古く、かなり乗っていて、
特に人気のある車種でなければ、
値がついても1万円くらいの買取価格になります。

 

 

買い取られた原付は、
整備して店舗で4万円くらいで販売されます。
1〜2万円で仕入れた原付を4万円で売れれば、
業者は、少しは、利益があるのかと思いますが

 

 

トラックで引き取ったり、
廃車・名義変更の手続きやったり、
原付の整備をしたりしてると
人件費などのお金がかかり、利益は、ほとんどなくなりますし、、
店頭においても売れるかどうかわからないので
売れなければ維持費もかかるリスクもあり
このような買取価格になります。

 

 

バイク買取店にとって原付は、利益の出にくい商品なのです。

 

 

一方、ヤフオクなどの
オークションを利用した場合は、
出品・落札の手数料だけで6,458円取られます。

 

 

更に原付を落札者の住所に送る時の送料が高く、
それを多くの場合、落札者が負担することになるため
落札者の支払う額がとても高くなってしまいます。

 

 

また、原付は、車検もなく、
整備をせずに乗ってる人が多く
古い原付になるといつ壊れるかわからないため、
落札者にもリスクがあるので
落札されないこともよくあります。

 

 

出品ページの作成や
落札者に原付を渡したり、
名義変更の手続きをするのも
全部自分でやらないといけないので
とても大変です。

 

 

さらに面倒なのが
原付を渡して何か問題が見つかると
金を返せ!とか修理代を払え!
とクレームを言ってくる人もいるので
このような対応に疲れて、バイク販売業者でさえも
ヤフオクから撤退しているところが多くあります。

 

 

そこで原付を売る時のポイントは、
出来る限り、適正な価格
原付を買い取ってもらうことです。

 

 

適正な価格と書いたのは、
実際、バイクの買取査定を経験すればわかるのですが
1〜2万円で売れる原付でも
あれこれ原付の悪いところを指摘してきて
0円で買い取ろうとしてくる業者は、
沢山あります。

 

 

人気の車種でも10万円で売れるものを
5万円で買い取ろうとしてくる場合もあります。

 

 

ただし、買取業者にすれば
ただでさえ、利益が出にくい原付なので
安く仕入れたいというのは、普通のことです。

 

 

原付を売る側にすれば
安く買い叩かれて後悔している人もいるので
安すぎると思ったらきちんと断ってみることが重要です。

 

 

必ず1回は、NOと言いましょう。

 

 

バイク買取業者にとって一番嫌なのは、
売りに来てくれたお客さんを逃がすことです。

 

 

よってお客さんが
査定額が安すぎるから売らないといえば
新たにアップした査定額を提示してくることがあります。

 

 

きちんと交渉して
これ以上査定額がアップしないと思ったら
そこで売る決断をしましょう。

 

 

注意点としては、
安い原付は、バイク買取業者にとって
あまり利益が出ない商品というのも事実なので
あまり粘り過ぎるとさっさと帰ってしまいます。

 

 

原付を売りたい人にとって
オススメのサイトが「バイク比較ドットコム」です。
バイク一括査定サイトで月間利用者数がNO1のサイトです。
全国の50社以上のバイク買取業者が登録してあり、
各社の査定額を簡単に比較でき、
最高値の買取業者を見つける事ができます。

 

バイク比較.comの公式サイト