バイク買取で抑えておくポイント

原付の相場を知って高く売る

相場を知れば買い叩かれない

原付の相場がわからずに原付買取を依頼すると提示された買取価格が安いのか高いのかわかりません。無料一括見積もりのバイク比較.comを利用すると複数のバイク買取業者にまとめて依頼できるので各社の査定額を比較して売れます。

バイク買取で抑えておくポイント

  1. バイク買取の流れ
  2. バイク買取で必要なもの
  3. バイク買取での交渉方法
  4. 事故車・不動車の買取額について
  5. バイク買取のおすすめの売り方

 

バイク買取の流れ

ネットで無料査定の依頼をすれば、大体、その日か次の日には、電話で連絡が来ます。電話では、出張買取の日時を決めたり、バイクを売る時に必要な書類や、バイクの買取上限金額などを教えてくれます。後日、指定した日時にトラックに乗ってやってきます。車検証や身分証明書でバイクの名義と売る人が同じ人か確認します。名義が違う場合は、委任状を見せます。その後、無料査定をして買取価格を聞きます。買取価格に納得して、書類が揃っていれば、サインして終了です。バイクをトラックに乗せて持って帰ります。金額に納得行かない場合は、価格交渉をしたり、売らないという選択になります。売らない場合でもほとんどのバイク買取店は、無料です。バイクを売った場合に受け取るお金は、後日振り込みになるケースが多いです。3万円未満など金額が低い場合は、その場で受け取れることもありますがバイク買取店によって異なります。その後、バイクの名義変更がされたら完了したという書類が送られてきます。

 

 

バイク買取で必要なもの

 

バイク買取店にバイクを売る時は、最低下記の3つものが必要になります。

 

  1. 印鑑
  2. 身分証明書(運転免許証やパスポートや健康保険証など)
  3. 車検証(251cc以上) or 軽自動車届出済証(126cc〜250cc以下) or 標識交付書(125cc以下)

 

※自賠責保険に加入していて期間がまだ残ってる場合のみ、自賠責保険証が必要です。
※自分の名義でないバイクを売る場合、委任状が必要です。例えば友達からバイクを譲り受けて名義変更していない状態でバイク王に売る場合は、バイク王のサイトにある委任状をプリントアウトしてバイクの名義人に名前などを記入してもらい印鑑を押してもらいます。
※必要書類の一部を紛失した場合でも気にせずに無料査定を依頼してみましょう。そうすれば折り返し連絡があり、書類の再発行の手続きをしてもらえる場合もありますし、自分でする場合でもやり方を教えてくれます。

 

 

バイク買取での交渉方法

 

バイク買取で重要なのは、きちんと価格交渉をすることです。なぜ価格交渉をしなければいけないかというと最初に言ってくる査定額は、相場より安いケースがほとんどだからです。これは、車やブランド品を売りにいった時も一緒ですが最初に低めの査定額を伝えて、お客さんが迷っていたら買取額をアップさせることによってお客さんに売ると決断させるよく使われる交渉方法です。どこに売りに行ってもこのパターンがほとんどなので査定額を言われたらその価格ですぐ売ってしまわず、相手の反応を見ながら何回か断ってみましょう。もう無理だなと思ったら諦めて売りましょう。

 

 

また買取価格の限界を判断する時にバイク買取店の利益がどれくらいかざっとでいいので計算してみましょう。例えば年式が古い50ccの原付だと中古で4万くらいで販売されています。もし自分売るのが10年落ちの原付だとするとバイク買取店は、1万円で買い取っても人件費や店舗の運営費用や整備する費用などを引いたらほとんど利益が出ないことがわかります。ですから古い原付を売る時に価格交渉で粘っても査定額のアップは、殆ど見込めないでしょう。

 

逆に年式が新しい人気の原付、特に最近人気の原付2種などは、バイク買取店が買い取った後すぐ新たな買い手がつきますし、売れる価格もそれなりに高いためバイク買取店も5万円から十数万円といった買取価格を付けることができます。そういう場合は、少し強気に交渉してみてもいいでしょう。

 

そして250cc以上のバイクになると元値が原付と比べると全然高いのでバイク買取店が取れる利益も大きくなるため、価格交渉するかしないかで大きく買取価格が変わってきます。このように元値が高い場合、年式が新しい場合、人気があるバイクの場合は、じっくり価格交渉した方が査定額がアップする可能性が高いです。

 

 

事故車・不動車の買取について

 

事故車・不動車になると状態にもよりますが通常の買取価格の50〜70%くらいになると思っておきましょう。ただし、市場価値のない古い原付などは、元々買い取っても利益がほとんど出ないものなのでそれプラス修理が必要となるとバイク買取店にとっても買い取るメリットがないため引取手数料を取られることもあります。

 

 

バイク買取のおすすめの売り方

 

手間は、かかるけど複数の買取店に査定してもらい最も高く査定してくれるお店に売りたいという人には、バイク比較ドットコムがおすすめです。自分の地域に対応したバイク買取店に1回の入力でまとめて依頼できるので楽です。

 

バイク比較.com

 

 

バイク比較.comのメリットは、まとめて依頼できることですがその後、いろんな会社から電話がかかって来て、それぞれ日程を調整して査定に来てもらい、どこに売るか決めたら他の会社に断りの電話入れるという結構面倒な作業をすることになります。1社に査定をしてもらってもしっかり交渉すれば同じような価格で売れるので何社も査定してもらうのが面倒な人は、バイク王に査定してもらいましょう。

 

バイク王で無料出張買取を依頼してみる

原付の買取業者を比較して原付を高く売る
原付を高く売るには、業者同士の価格を比較することが重要です。
バイク王やバイクランドといった有名どころを含め60社以上が登録しているバイク比較.comがおすすめです。たった数分の入力で数万円変わってくることがあります。


原付を売る前に知っておいたほうが良いことをまとめた「原付を高く売る方法」も読んでみてください。