ヤマハ マジェスティS(JBK-SG28J)の口コミ試乗レビュー

原付の相場を知って高く売る

相場を知れば買い叩かれない

原付の相場がわからずに原付買取を依頼すると提示された買取価格が安いのか高いのかわかりません。無料一括見積もりのバイク比較.comを利用すると複数のバイク買取業者にまとめて依頼できるので各社の査定額を比較して売れます。

ヤマハ マジェスティS(JBK-SG28J)の歴史

 

 

2013年10月30日に新登場

 

「マジェスティS XC155」のコンセプトは、「Next Generation Fun to Ride Commuter」。250ccスクーター「マジェスティ YP250」の高い走行性能とデザイン性を受け継ぎ、スポーティな走行性能、都市部で扱いやすいコンパクトなボディサイズと高い利便性、新世代を予感させるスタイリングなどが特徴。

 

 

製造 ヤマハモーター台湾。
販売計画 5,000台(年間、国内) 。
メーカー希望小売価格 340,200円(税込)
カラーリング

  • シルキーホワイト(ホワイト)
  • ブラックメタリックX(ブラック)
  • マットチタン1(マットチタン)
  • ダルレッドメタリックD(レッド)

 

 

 

車種

ヤマハ マジェスティS

発売

2013年10月

型式

JBK-SG28J

全長

2030mm

全幅

715mm

全高

1115mm

ホイールベース

1405mm

シート高

795mm

最低地上高

90mm

総重量

145kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

サスペンション形式(後)

ユニットスイング

キャスター角

26°

トレール(mm)

82

ブレーキ形式(前)

ディスク

ブレーキ形式(後)

ディスク

タイヤサイズ(前)

120/70-13 M/C 53P

タイヤサイズ(後)

130/70-13 M/C 57P

エンジン種類

水冷4ストロークSOHC4バルブ単気筒

総排気量

155cc

圧縮比

11

ボア

58mm

最高出力(kW/rpm)

11(15PS)/7500

最大トルク(N・m/rpm)

14(1.4kgf・m)/6000

始動方式

セル

点火方式

フルトランジスタ

クラッチ形式

乾式自動遠心シュー

変速機形式

Vベルト自動無段変速

燃料供給方式

インジェクション

潤滑方式

強制圧送ウエットサンプ

燃料タンク容量

7.4L

燃料消費率(km/L)

40(60km/h)・37.1(WMTCモード)

カラー/メーカー小売価格

\340,200 ダルレッドメタリックD
\340,200 シルキーホワイト
\340,200 ブラックメタリックX
\340,200 マットチタン1

 

デザイン

 

デザインキーワードは、「Advance Sporty Deluxe」。落ち着きのある流れるようなボディライン。フロントには高級感のあるデザインのLEDポジションランプを装備。ヘッドライトとポジションランプ、フラッシャーを一体感のあるデザインにし、フロントビューのアクティブさと上質感を持たせた。テールライトは、LED配列のラインで構成し、ひと目でわかる印象的なデザインに。

 

マジェスティS(JBK-SG28J)のデザイン・車体の口コミ

     

  • 車体の造りとデザインは、価格の割にかなり良いと思う。
  •  

  • マジェスティSは単体でのデザインもカッコ良いし、PCXと違って人が乗った状態でも一体感がある。
  •  

  • マジェスティSの魚眼レンズがカッコ良くよく見えてきた。
  •  

  • マジェスティSを買う人ってデザインが気に入って買っちゃう人が多いね。
  •  

  • マジェスティSってヘッドライトの部分が車体の大きさに対してデカ過ぎると思う。
  •  

  • マジェスティSは、サイズが理想でデザインは、凄く好み。
  •  

  • マジェスティSは、前から見るとシグナスと同じくらい見えるけど後ろから見るとかなり大きく見える。
  •  

  • 取り回しや重さは原付二種というよりミドルスクーターって感じだね。この程良い重さと安定感が気に入ってる。
  •  

  • マジェスティSのリアがスッと上がった感じが好き。
  •  

  • 見た目がちょっとモッサイし、横にはみ出しが多いな。
  •  

 

 

エンジン

新開発の水冷・4ストローク・SOHC・155cm3・単気筒・4バルブ・FI(フューエルインジェクション)採用のCVTエンジンを搭載。FIと最適化を図ったコンパクトな4バルブ燃焼室を採用し、扱いやすい出力特性、幅広いトルク特性と優れた加速性能を備える。耐熱性に優れ低振動化に貢献するアルミ鍛造ピストン、優れた放熱性をもつメッキシリンダー、低振動化に貢献するバランサーなどを採用。新設計の低振動化にこだわりながらも15PSの最高出力と豊かなトルク特性でスポーティな走行性を実現。

 

最高出力:
11 kW / 7500 r/min (15 PS / 7500 r/min)
最大トルク:
14 Nm / 6000 r/min (1.4 kgf-m / 6000 r/min)

 

 

マジェスティS(JBK-SG28J)の最高速・加速.などエンジンに関する口コミ

  • マジェスティSは、平坦を伏せないで最高115〜7km/hくらい。
  •  

  • マジェスティSは、100km/h巡航でも頑張ってる感ある。
  •  

  • 最高速は、メーター読みで120km/h位は出るよ。実際は110km/h以下だろうけど。
  •  

  • 条件によっては、130km/h出る時もあれば、110km/hしか出ない時もある。
  •  

  • 俺のマジェSは、頑張って110km/hしか出ない。
  •  

  • 最高速は、メーター読みで120〜130km/hくらい。
  •  

  • 微妙な下り坂で130km/h近くまで出たことがある。9,500回転だったからこれ以上は、出ないと思う。
  •  

  • 8500回転くらいでメーター読みで115km/hくらい出る。
  •  

  • GIVI箱35L付けてるけど平地ならメーター読みで120km/h出た。
  •  

  • メーター読みで最高121km/hでGPSロガーでは、110km/hだった。
  •  

  • 俺も下りで130km/h(9,500rpm)まで確認した。たまに高速走るけど、風圧がすごいから防風なしだと巡航は80km/hが限界。115km/hまでは、加速するけどそこからは時間がかかり過ぎる。
  •  

  • 平坦な道では頑張っても120km/hだね。ハッピーメーターだから実際は、110台だと思うけど。
  •  

  • 自分も120km/hが限界みたい。チャレンジするために空気圧を目一杯高く300kpaにして何とか135km/hって感じだけど、それじゃ普段の乗り心地が悪いし、跳ねて怖いからもうやらない。燃費と取り回しの軽さは、良かったけど。
  •  

  • この前、高速の結構長い下りで試してみたけどソロで122km/h、タンデムで116km/h。
  •  

  • 東名使って箱根まで行ってきた。飛ばしすぎて平均燃費は、34.2km/L。最高速は、GPS読みで120km/hくらい。
  •  

  • ハッピーメーターだからGPS計測したら115km/h位しか出てない。
  •  

  • 山間部でもストレス無く走れるし、何より乗ってて楽しい。登坂車線あるような登り坂でも原付二種なら登坂車線走らないときついがマジェスティSは、走行車線を車の流れ以上で走れる。
  •  

  • 80〜90km/hで巡航するには、ノーマルで何の問題もなかった。
  •  

  • 6500rpmでは平坦な道で68〜70km/h位。でも下りだったら80km/h位出るかもしれない。
  •  

  • 80km/hだと7000rpmぐらい。70km/hから80km/hへの加速が丁度トルクバンドにあるから心地良いね。
  •  

  • マジェスティSは、100km走行なら問題ない。100kmから加速して追い越ししたいとか100km/h以上で快適に巡航したいなら違うバイクにした方がいい。そこを言い出したら排気量が大きい方がいいに決まってる。
  •  

  • 高速の登り坂車線がある、結構きつい坂で低速からアクセル全開にしたら前傾姿勢にしなくても時速100キロ近くまで出る。頭打ちになる到達時間も割と早かった。
  •  

  • 60km/h位からの瞬発力は残念なところもあるけどまあこんなもんだと思う。
  •  

  • 出足の加速は125ccと変わらないが50km/h以上からもリニアに加速する。
  •  

  • マジェスティSは、スタートでは、アドレスにちぎられるから速くない。本領を発揮するのは60-70km/h辺りから。
  •  

  • 高速初乗りで100km/h巡航できた。坂道でも100kmをキープできたから十分満足。
  •  

  • 全開加速で回転数が7500〜8000rpmでした。
  •  

  • 発進は、アドレスV125より鋭くないけどバーグマン200より良い。加速は、シグナスXと同じくらいで先行するアドレスV125にジワジワ追いついていく感じ。80km/hでは、原付二種だとそろそろ伸びない感があるがマジェスティSは、まだまだ伸びる。100km/hでは、PCX150より安定感があるが道路状況が悪いとよくはねる。登坂車線のある区間では、高速国道だと80km/hを維持できる。ブレーキ性能は、バーグマンより劣るけど実用上は問題なし。
  •  

  • マジェスティSは、舗装路を80km/hくらいまでなら快適だがトラックを追い越そうするのは、結構気合いが要る。
  •  

  • 高速道路の登坂車線があるようなとこでも100km/hキープできる。
  •  

  • 高速では100km/hで巡航できるけど追い越し加速は、さすがに怖い。
  •  

  • メーター読みで110km/hだとまだアクセルに余裕がある。
  •  

  • 平地で無風という条件ならメータ読みでせいぜい120km/hが限界。マジェスティSは、最高速を自慢するようなバイクではない。
  •  

  • 110km/hまでは巡航出来る。最高速はメーター読みで平地なら120km/h。下りなら130km/h位まで出る。7500回転で100km/h巡航は、ある程度余裕を持ちながら出来る。8500〜9000回転回すのは、あまりよくないだろうね。
  •  

  • 110km/h前後は、スパッと出る人が多いみたいだね。
  •  

  • トルクの美味しいところは6000回転くらい。それより上だと伸びない。
  •  

  • 6000〜7500回転がマジェスティSのおいしいところ。7500回転越えたらアクセルオフにしてこのバンドキープすると楽しい。MT車のような乗り味。
  •  

  • 停止状態のアイドリングで1700回転。時速20km/hで4000回転だった。
  •  

  • 6000回転で60km/h。
    6500回転で80km/h。
    7000回転で90km/h。

  •  

  • 高速なら84km/6000rpmの辺りが一番ギア比が高いみたい。
  •  

  • 高速道路使って関東-関西を往復した。追い越しもなんとか出来るし登りもしっかり走れたから満足。
  •  

  • ピークパワーは7500回転みたい。
  •  

  • 5%の登坂でも95-100km/h出る。出ないならライダーが重いか固体がハズレかのどっちか。
  •  

  • 出足は、速いとは言えないけど40〜80km/hの実用域はトルクの谷もなくて快適に走れる。
  •  

  • マジェスティSのフラットフロアに20Lのポリタンクを載せて走ったら60km/hくらいまでの加速がかなり遅くなって軽快感がなくなった。取り回しもすごく重い。20kgの差は大きいな。
  •  

  • アイドリング時は、1500-2000位。センサーと調整機能で上下している。
  •  

  • アイドリングで1750回転だった。
  •  

  • 高速道路で流れに乗るために全開で走り続けたらタコメーターがレッドに入って10の所まで行った。2時間程度9000回転位回ってた。
  •  

  • 出だしは、正直速くない。でみ60km/hあたりからの加速は速い。スタートで先に行かせて途中からぶち抜。
  •  

  • 100km/hくらいで流す分には不満はないし、 高速の登坂車線があるような登り坂でも速度が落ちない。
  •  

  • マジェスティSは、100km/h巡航は余裕だから左を走ってれば高速は問題ない。もちろん絶対的なパワーは、無いけどそういう乗り方をすればいいだけ。不満は、風だな。防風付けたい。

  •  

  • 高速の追い越しや登坂車線だと余裕がない時がある。トラックを抜こうと思って右車線に入ってフル加速したら風のせいかなかなか速度が上がらず後ろの車が来てパッシングされた。やっぱり下りじゃないと追い越しできないね。130km/hまでスムーズに加速してくれればいいんだけど。
  •  

  • 高速のきつい登りでも100km/h出てたらそれ以下に下がる事もなかったよ。追い越し加速もメーター読みで120km/h出せればなんとかできるし、これだけ走ってくれれば十分。
  •  

  • 初めて高速走ったけど自分には無理だ。左端をゆっくり走るのは、いいが少し流れが速くなるとストレスが溜まる。緊急時とかショートカットしたい時以外は、高速には乗りたくない。
  •  

  • 高速道路ではさすがに力不足。
  •  

  • 頑張って110km/h位しか出ないのにマジェSで追い越し車線は、危険だよ。
  •  

  • 平坦な道だとメーター読みで120km/h出るかどうかってところだね。
  •  

  • 250スクーターと比較したら80km/hまでならスカイウェイブに圧勝。マジェスティ、フォルツァとは、同等ぐらいかな。
  •  

  • 防風を付ければ体重と条件次第で120km/hは出る。
  •  

  • 体重53kgでユーロスクリーン付けて最高速は、GPS読みで123km/h。平らな道路では、これ以上は無理だった。
  •  

  • 体重57kgでリアボックス、ヨシムラマフラーで最高速がメータ読みで124km/h。追い風か向かい風かはわからなかった。
  •  

  • シグナスやアドレスや250ビグスクでは、マジェスティSの相手にならない。スクーターでマジェスティSが負けるのは、外車(ランナー・ティグラ)と400以上のスクーターかな。
  •  

  • アイドリング時に、スロットルを少しだけ開けてエンジン回転数を1900〜2,000回転に上げてからスロットルオフにしたらストールしそうになるね。
  •  

  • ほんの少しだけアクセルを開けると燃料が増えて、EUCとO2センサーがアイドリングなのに濃いと判断して、アイドルスピードコントロールバルブを絞り、回転数を下げようとして、結果エンストになる。
  •  

  • マジェSのゼロヨンが18秒ぐらいだからノンターボの軽自動車に負ける。最高速は、軽自動車は、140km/hでリミッターが作動し、ノンターボの軽自動車でもリミッター作動までは出るから150ccスクでは、勝ち目はない。250スクで軽自動車と互角、ドヤ顔したいなら400スクを買えばいい。
  •  

  • マジェスティSの0-100km/hは、軽トラより加速が遅い。軽ターボなら0-100km/hが約10秒。証拠の動画は、youtubeにある。
  •  

  • 400は、100km/hで5500回転、リッターSSだと3500回転くらい。マジェスティSは、大体だけど最大トルクあたりで6000回転台で80kmかな?小さいバイクだから常に高回転で煩いのは、仕方ないけど。
  •  

  • 慣らしで6000〜6500回転以下の縛りでも75km/hは出るから一般道は快適。6000回転以下は、60km/h出ないからきつい。
  •  

  • 軽い分80km/hまでならスカイウェイブ250より圧倒的に速い。ハイスピを入れた400には負けるけど。
  •  

  • たまに子供のスカイウェイブ250タイプMに乗ることがあるけどマニュアルモードでのスタートよりマジェスティSの方がダッシュ感というか加速がいい。
  •  

  • マジェスティSは、非力さを感じる場面が少ないね。タンデムで箱根を登れるし、首都高や東名の登りでも80km/hを切るような怖い思いをしたことない。
  •  

  • 3型シグナスからマジェスティSに乗り換えた。排気量が35ccしか変わらないのにあっという間にメーター読みで80km/hまで出るし、100km/hも簡単に出せる。シグナスと全く別物!
  •  

  • 6000〜7000回転でエンジン音が煩いね。マフラー外れてるのかと思う程の音だった。それ以外は、文句ないから性能そのままで静かにしてほしい。
  •  

  • 今日全開にしてみたらレッドに入って9500rpmまでいった。下り坂も全開してたら10000rpm寸前まで回って怖かった。レブリミッターを付けなかったヤマハに拍手。
  •  

  • マジェスティSは、アイドリング制御に若干イマイチなとこがあって停車中や減速しながらスロットルを僅かにあおるとO2センサーが「濃いな」と判断して燃料絞ってストールすることがある。試しにアイドル中に僅かにスロットル動かしてみたら回転数が下がって上がってしてから落ち着くから。
  •  

 

 

マジェスティS(JBK-SG28J)の駆動系の口コミ

     

     

     

  • マジェスティSの素晴らしい点は、ノーマルでの完成度が高いこと。いつもスクーターを買ったら、まず駆動系を弄り始めるけどマジェスティSに関しては、ノーマルで充分満足。タイヤも不満はない。マジェスティSに乗り換える前のPCX150は、燃費以外は不満ばかりだった。
  •  

  • マジェスティSは、駆動系を弄って良くなったってほとんど聞かないもんね。
  •  

  • 個人的な意見だけどマジェスティSは、結構追い込んだセッティングになってるから下手に弄ったらバランスを崩して弄る前よりパフォが悪くなりかねないバイクだと思う。ノーマルで結構良いパフォーマンスだからあまりイジらない方がいい。
  •  

  • PCXの場合、燃費重視のプーリーでWRがマイナーチェンジ前は21gだったから駆動系を弄ったらかなり変わった。マジェスティSは、WRが12gでかなり攻めた仕様。伸びしろがあまり無いからノーマルでいいと思う。
  •  

 

 

燃費・給油

 

操作のしやすさに配慮したフロント給油口でらくらく、ガソリンチャージ。

 

定地燃費(国土交通省届出値):
40.0 km/L / 60 km/h

 

 

 

マジェスティS(JBK-SG28J)の燃費・巡航距離の口コミ

     

  • 燃費は37,7km/L。暖かくなってきてカタログの燃費と同じ位になった。寒い時は31〜33km/L位だったのに。
  •  

  • 冬は、高速で32km、街乗りで29km。
    夏は、高速で38km、街乗りで33km。

  •  

  • 冬になってから燃費が30km/L切るようになった。
  •  

  • 市街地でストップアンドゴーが多い通勤で使ってる。
    一回だけ30km/L超えした時は、少し遠出した時。
    1/24 給油4.94L 距離143km 燃費28.9km/L
    1/13 給油4.83L 距離141km 燃費29.2km/L
    1/06 給油5.22L 距離161km 燃費30.8km/L
    12/27 給油5.34L 距離157km 燃費29.4km/L
    12/19 給油5.35L 距離149km 燃費27.9km/L
    12/09 給油5.31L 距離153km 燃費28.8km/L

  •  

  • 納車1ヶ月。
    1回目 プチツー
    距離145.5km 給油3.5L 燃費41.6km/L
    2回目 通勤メイン(片道20km幹線道路 )
    距離175.6km 給油5.6L 燃費31.5km/L
    3回目 通勤メイン
    距離174.1km 給油5.14L 燃費33.9km/L
    4回目 プチツー
    距離203.9km 給油5.14L 燃費39.7km/L
    5回目 プチツー(高速道路走行有)
    距離188.2km 給油5.26L 燃費35.8km/L
    合計 884.6km/24.64L=35.9km/L

  •  

  • 1月に納車して昨日一回目の給油で27km/L位だった。燃費悪くない?
  •  

  • 燃費は、片道60kmの通勤で37〜39km/Lくらいで安定してる。でも40km/L越えない。
  •  

  • 自分も片道50kmくらいでほぼバイパスだけど燃費が35-37km/l。
  •  

  • 燃費を見とけば、不調の前兆を捉えることができるからチェックしといたほうがいい。
  •  

  • 燃費は、デブで街乗りだから26km/L。giviのロングスクリーン付けて若干燃費がよくなった。
  •  

  • 房総半島一周してきて、燃費が35km/L。
  •  

  • 高速道路でトラックの後ろについて80〜90km/hで巡行してたら燃費は、45km/Lだった。 スクリーン無しで500kmくらい走った。
  •  

  • 暑くなって燃費が向上してる。平均で38km/Lだったけど、今週は42km/L。
  •  

  • 80km/h巡行が6500RPMくらいで燃費が44km/L。
  •  

  • 寒い時、街乗りだけで25km/L。遠出したら35km/L越える。
  •  

  • 冬に都内3km圏内で乗ってると燃費は25km/L。
  •  

  • 一番燃費が悪かったのが寒い時に通勤使用で27〜30km/L。一番燃費が良かったのが夏にツーリングをした時で40km/L以上。
  •  

  • 冬になると燃費が2L/kmぐらい落ちるね。
  •  

  • 全開全閉で街中ストップアンドゴーの繰り返しでも28km/Lくらいで走るから200km毎給油してれば問題ない。
  •  

  • マジェスティSは、スロットルワークでかなり燃費差が出るね。玄人好みだ。
  •  

  • 都内で近場の通勤、完全街乗りで27km/L。
  •  

  • タンデムで合計120kg。一般道で33km/L。高速で39km/L。1人で高速なら40km/Lは、軽く超える。
  •  

  • 都内で片道13kmほどの通勤で毎日使ってる。燃費は、11月で安定して25km/L位。現在4000kmくらいで空気圧もちゃんと見てるし、オイル交換も2回した。先月タンデムで関越走った時は、35km/Lだった。
  •  

  • 田舎で片道5kmの通勤で信号は、2つ。真冬は29km/Lになるが11月末で32km/Lぐらい。
  •  

  • 乗り方で燃費は、かなり変わるね。渋滞や信号のストップ&ゴーが多い通勤で使うと29km/L。通勤で使ってなかった時は平均32km/L。最初の頃プチツーで使ってた時は、40km/L近くいってた。
  •  

  • 自分の場合は、 35km/L×6.4L=224km走れる。フューエルメーターが最終段階になったら残り1Lくらいだと思っている。最大で35km/L×7.4L=259km走れそう。夏になれば燃費が40km/L超えてくるから40km/L×7.4L=296km以上いけるね。
  •  

  • 真夏だと42km/Lまで伸びるけど真冬になると29km/Lまで落ちる。
  •  

  • マジェスティSを買って1年近くなるけど未だに30km/L切ったことない。混雑してる都内でだから乗り方だと思う。
  •  

  • 寒い地域で燃費が悪いの当たり前。
  •  

  • 高速乗ってツーリングに行くと40km/L位。普段は、条件が悪いから25km/L位。
  •  

  • 燃費は、ツーリングでの最高が43km/L。街乗りでの通常使用だと夏が37km/Lで冬が31km/Lくらい。
  •  

  • 冬に高速に乗って32km/L。街乗りで信号やら渋滞でストップ&ゴー多いと30km/L切る。
  •  

  • 燃費は、乗り方次第。6月に高速を全開で走ったら25km/L切ったし、冬にストップ&ゴーの多い道路を発進全開で走っても25km/L切ったことがある。ツーリングで信号少ない道路をまったり流すと40km/L超えることもある。冬の慣らしの時は、30km/L位だった。ソースは、9000kmでリアタイヤ交換してもうすぐ10000kmの俺。
  •  

  • 2日で高速を300km位走った。7000回転を維持して時速95〜100キロ、燃費は、36km/L位。
  •  

  • 高速道路で40kmくらい走って夏場は35km/L、冬場は、30km/L。
  •  

  • 私は、都心の街乗りだけで冬は、25km/L。少し遠出した時は、33km/L。
  •  

  • 自分も都内の近場通勤で冬は、25km/L、遠出したら36km/L。
  •  

  • 都内の通勤使用で渋滞が多いけど30km/L切ったことはない。平均で33〜34km/L。高速で遠出すれば40km/Lは超える。
  •  

  • 都内で通勤用途だけど当初は燃費を気にしてたけど今は、トリップが200kmくらいになるとガソリン入れてる。
  •  

  • 280kmぐらい走ってガス欠になった。
  •  

  • 目一杯満タンにして高速道路を7000prmで巡航したら270km走った。
  •  

  • 慣らし中で150km走って41.3km/Lだった。
  •  

  • 満タンからほとんど首都高で200kmちょっと走って43.2km/Lだった。
  •  

  • 冬で都内通勤で燃費は、31.4km/L。
  •  

  • すり抜けや先頭からのダッシュを多用して30.9km/L。
  •  

  • 通勤メインで信号が多い幹線道路走って32.7km/L。
  •  

  • 年末に買って初めて給油したら28km/lだった。
  •  

  • 燃費は、都内通勤で30.9km/L。
  •  

  • 往復40kmの通勤で何も気にせず結構ラフに開けて乗ってるけど夏32km/L、冬29km/L。
  •  

  • 6500回転上限を目安に片道7kmの通勤で走って32km/L位。最高燃費は、夏に往復200kmツーリングでの39km/L。この時は、回転数上限無しで走った。
  •  

  • 納車してから4ヶ月経過したけど燃費で30km/Lを切ったことがない。燃費が一番良かったのが約200kmの郊外ツーリングで38.5km/L。一番悪かったのが都内の片道11kmの通勤で30.5km/L。30km/L切ってる人は、おそらく信号スタートでアクセルの開けすぎてる人。
  •  

  • 100〜110km/h出せるけど燃費を考えたら80〜90km/h位でマッタリ走りたい。タンク容量も小さいし。
  •  

  • 高速で100km/h巡航してたら燃費がガクっと落ちる。80〜90km/h程度で走るのが経済的。
  •  

  • 30km/Lで走ってれば210kmまでは余裕。燃料計のEに入っても2L位残ってる。
  •  

  • 俺は、210km前後で給油してる。そこで給油して6.5Lくらい入る。
  •  

  • 高速200km走って2回休憩して、燃費は、41km/L。
  •  

  • 街乗りで悪くても33km/L位。高速だと37km/L位。
  •  

  • 信号5個の通勤5kmで燃費28km/L。
  •  

  • 片道7kmの通勤で信号10以上で33〜35km/L。
  •  

  • 慣らし中で一度悪かったのが32km/Lで平均は、38km/L。
  •  

  • 都内で33km/L位。ガソリン満タンで240km位で入れる感じ。
  •  

  • 254kmでガス欠した。ガソリンは、7.3L入った。
  •  

  • 10月に街中メインで30〜35km/lくらい。
  •  

  • いつも燃料計が赤に入った180km位で給油してる。
  •  

  • 信号の少ない田舎の幹線道路を流れに乗って走ると燃費は、40km/L前後。タンク容量7.4Lだと航続距離が300km弱。計算上は、250kmくらいで給油すればいいけど実際は、満たんにしてからから200kmで燃料計の針が完全にEを指すから不安になって給油してしまう。
  •  

  • 8月に買って冬になったら燃費が5km/L程度落ちた。東北で気温が0度前後が基本だから仕方無いか。
  •  

  • 23区内で使ってて200kmで給油したら6.5L入った。
  •  

  • 200kmがギリギリくらいかな?冬は、怖くて180kmで給油してる。
  •  

  • タンク容量は、増やして欲しい。いつも200km手前で給油してる。
  •  

  • 何キロ走れるか試したら220kmくらいでガス欠した。
  •  

  • 巡航距離は、夏だと250km、冬だと220kmくらいは、行けると思う。
  •  

  • 冬でも200kmは走るよ。今まで何回も試してて総走行距離40000km越えてるけど200km以下でガス欠したことは、一度もない。さらに燃費を気にしないで結構回してるから。
  •  

  • このバイクは、燃料タンクが少なくて燃費も微妙だから航続距離が短い。
  •  

  • バイク屋の話では、EFIだからガス欠させると故障するらしい。自動車も同様だけど自動車よりチープなEFIだから要注意と言われた。
  •  

  • ガソリン満タンで208km走って、燃料計がエンジンOFFの初期位置。ガソリンスタンドで車体を揺らしながら給油して5.98L入った。
  •  

  • なんか加速が悪いなって思って数分後にスボボボンと停止。ガス欠状態から給油口ギリギリまで給油。ちゃんと空気が抜けるように慎重に入れたら7.22L入った。燃料タンクのスペックを見ると7.4Lだけど、どうやってもこれ以上入りそうになかった。
  •  

  • 燃料がなくなってくると最初に加速感やパーシャル感が無くなってくる。ポンプが燃料を吸うと一時的に回復するから気のせいと思うけど徐々にとまる。落ち着いて路肩に寄せれば大丈夫。追い越し車線や合流の時は、キツイから早めに給油した方がいい。
  •  

  • 高速だけをエコランで走ったことあるけどせいぜい41km/lが精一杯だった。
  •  

  • マジェSでも一般道をエコランすれば50km/L超える。高速道路だったら45km/Lまでは普通に出せる。高速では、オイシイ速度域があって、そこにぴったりハマると驚くほど燃費が伸びる。体感的だから説明するのは、難しいけどアクセルを戻して速度が落ち始めたとこの少し上。振動も少なく滑らかに走るところを見つけて。下道では、フューエルカットとギア比をいかに素早く高くもっていくかの調整。
  •  

 

 

メーター

 

便利な時計付きなスタイリッシュな3連メーターは、センターにアナログタコメーターを配置。デジタルスピードメーターと合わせてスポーティなデザインにこだわる。

 

左側 燃料計
黄色:エンジン警告灯
青:ヘッドライト上向き表示灯
赤:水温警告灯
RESETボタン
SELECTボタン

 

中央 タコメーター
レッドゾーン: 9500 r/min 以上

 

右側 スピードメーター
時計
スピードメーター
エンジンオイル交換表示
トリップメーター表示
オドメーター表示

 

 

マジェスティS(JBK-SG28J)のメーターの口コミ

     

  • マジェスティSの速度計の誤差は約5%。
  •  

  • メーターの時計は、1ヶ月で1分くらい遅れるね。
  •  

  • 燃料計は、E表示の下限のところになってもガソリンは、2L残ってて約70kmくらい走れる。
  •  

  • 120kmくらい走って燃料計は、レッドゾーン。給油したら4Lしか入らない。残り2Lくらいでレッドゾーンにして欲しかった。
  •  

  • 納車から2ヶ月ぐらい経って時計が2分ぐらい遅れてる。簡単に修正できるからいいけど。
  •  

  • スクーターにタコメーター必要ないと思う。あと燃料計の精度悪すぎる。
  •  

  • 燃料計をもう少し正確にしてほしかった。そろそろやばいと思って給油したら5Lしか入らなかった。
  •  

  • 燃料計は、慣れれば問題ない。初めは、適当過ぎて驚くけど。
  •  

  • ガソリン満タンにして200km走ってないのに燃料メーターが一番下まで行く。でも実際は、一番下までメーターが落ちてもまだ1.5〜2L弱はガソリン残ってるから問題ないけどやっぱり不安になる。
  •  

  • 176km走って燃料計が下に張り付いてた。あわてて給油したら6Lちょっと入ったからまだ走れた。
  •  

  • 燃料計のもう下がないって状態でも6.5L以上入ったことがない。この燃料計は、アバウトすぎる。
  •  

  • 良いペースで好燃費出そうって時の一夜明けて二目盛減ってる時のガッカリ感。この辺は、アナログの方が感覚つかみやすい。
  •  

  • このバイクは、燃料計を信じられない。でもそのおかげで早めに給油するからガス欠にはならなそう。
  •  

  • メーターでは針が赤に来たら残り約2Lになるように設定しているみたい。
  •  

  • 燃料計のアナログチックなデジタルは、慣れない。
  •  

  • 燃料計が半分の目盛を指していて20km程走った後、エンジンを停止してキーオフで2時間経って再びキーオンにしたらEを指してた。その後、ガソリンスタンド探しで少し走ってたらEから1・2目盛増えて正常な状態に戻った。
  •  

  • 俺も燃料が減ってくるとエンジンON/OFFの度に変わることがある。でも走ってたら5分もかからずに戻るから気にしないようになった。
  •  

  • 車体が前後に傾斜したら目盛りが大幅に動く。一気に2目盛りの増減は、びっくりするわ。
  •  

  • メーターを乾拭きしたら細かい磨き傷がついた。メーターを拭く時は、少し濡らし過ぎくらいの柔らかい布で叩くように拭いた方が良いよ。
  •  

  • スピードメーターは、大きくて見やすい。
  •  

  • タコメーターが主張しすぎてて、配置が悪いと感じることがある。
  •  

  • 燃費計の1目盛って0.5Lなんだね。
  •  

  • 燃料計のエンプティラインは、かなりマージンとってるね。右真横指針で5.5L位、少し下向きで6L位入る。
  •  

  • 燃料計は、残り2Lでエンプティを指すのが短所。燃費は、まあまあだけど燃料計を見て給油してると航続距離がかなり短めになる。
  •  

  • 速度計は、約10%位のハッピーメーター。
  •  

  • 俺のは、トリップメーター誤差は、プラス1%。速度計の誤差がプラス9%。
  •  

  • 速度計の表示が60km/h位から急に100数km/hに飛ぶことがあった。これがリコールのやつか。
  •  

  • いつもガソリン満タンからトリップが185kmでEのところにくる。
  •  

  • ATのタコメーターは、特に気にしないからセンターに持ってこなくてよかったのに。それよりフルデジタルで外気温計とかつけて欲しかった。
  •  

  • 下道を走って200kmも越えてないのに燃料計がレッドゾーンだ。
  •  

  • 背中から太陽光がくると液晶は、見えづらいね。やっぱり、アナログメーターがいい。
  •  

 

 

タイヤ

安定感のある「13インチホイール」とスポーティな走りを支えるグリップ性に優れた専用開発タイヤを装着。優れた剛性バランスは、接地面積も広くハンドリングの安定性が向上し、市街地などでのスポーティな走りに貢献。

 

フロントタイヤ:
種類:チューブレス
サイズ:120 / 70 - 13 M/C 53P
メーカー/ 銘柄:KENDA / K703F

 

リヤタイヤ:
種類:チューブレス
サイズ:130 / 70 - 13 M/C 57P
メーカー/ 銘柄:KENDA / K703

 

 

タイヤ空気圧(冷間時):
前輪(1 名乗車):
200 kPa (2.00 kgf/cm2)
後輪(1 名乗車):
200 kPa (2.00 kgf/cm2)
前輪(2 名乗車):
200 kPa (2.00 kgf/cm2)
後輪(2 名乗車):
225 kPa (2.25 kgf/cm2)

 

高速走行:
前輪(1 名乗車):
200 kPa (2.00 kgf/cm2)
後輪(1 名乗車):
200 kPa (2.00 kgf/cm2)
前輪(2 名乗車):
200 kPa (2.00 kgf/cm2)
後輪(2 名乗車):
225 kPa (2.25 kgf/cm2)

 

 

 

マジェスティS(JBK-SG28J)のタイヤの口コミ

  • 純正のリアタイヤは、7000km位でスリップサインが出た。
  •  

  • リアタイヤは、8000km位で限界だった。
  •  

  • 自分は、今7000kmだけど若干減ったかなという感じ。
  •  

  • リアタイヤ外すのには、O2センサーカプラ、マフラー、ブレーキ、アクスルナット、スイングアームの順に外さなきゃいけないからスクーターのリヤタイヤ交換をバイク屋で頼むと工賃が高い。
  •  

  • ダンロップのスクートスマートに替えたら少し足つきが良くなった。同じサイズでもおそらくケンダより外径が少し小さい。カーブでのハンドリングは倒しこみから最後まで穏やかでシャープなハンドリングが好きな人には合わないかも。
  •  

  • ミシュランのパワーピュアsc純正サイズ(130/70-13)にすると小さくなる。インナーフェンダとの隙間が広がったからイマイチだった。次の交換の時はワンサイズあげる予定。
  •  

  • 自分でタイヤ外して交換するなら費用は、ミシュランパワーピュアsc6000円。
  •  

  • ホイール外して持ち込み交換1700円。タイヤ処分費300円。
  •  

  • タイヤは、純正サイズならHOOPかスクートスマートかパワーピュアSC辺りかな。スクートスマートは品番が違うマジェスティS専用のリアタイヤが用意されてる。
  •  

  • 俺の場合、マジェスティsのタイヤ交換は、純正KENDAがフロントが9500km、リアが6500kmでDUNLOP SCOOT SMARTに交換。
  •  

  • ミシュランのPower Pureは横と真ん中でコンパウンドが違うみたい。真ん中が硬めだからもちは良さそう。
  •  

  • 倒した時、最初に接地するのがセンスタだけどタイヤを太くしたら当たらなくなるよ。俺は、150を入れたけど全く当たらなくなった。150は、銘柄や個体差でクランクケースに当たるけど俺は、ミシュランPPを入れた。インナーフェンダーにも干渉したからカット加工した。エアクリケースまでギリギリ。
  •  

  • ケンダは、フロントが13000km、リアが7000kmで前後ともツルツルに。フロントは、走行中にブニョブニョすると思って確認したらゴムとヒモの間から風船のようなものがはみ出てたので交換。ミシュランパワーピュアは、フロントが14000km、リアが10000kmでスリップサインが出て交換。現在は、前後ともにバトラックスsc。ケンダは、グリップがいいけど減りが早い。ミシュランは、ハンドルがクイックになってドライでよく曲がるけど雨の時は、接地感が薄い。ライフが長くて最後まであまり感触が変わらないのは良かった。バトラックスは、交換したばかりの頃は、初期旋回時に切れ込み、カーブの途中で車体が立ち上がろうとするから乗りづらかったけど200q程走って一皮むけたせいか挙動の違和感が消えた。グリップは、つかみやすく、ウエットのグリップは、3つのタイヤの中で一番安心感があった。
  •  

  • 俺は、次も純正のケンダにしようと思う。マンホールや側溝蓋の鉄板の上でも想定内のグリップで変な挙動がないし、減りが早いという噂を聞くけど軽く6000kmは、もつみたいだし。
  •  

  • バトラックスSCにした。タイヤ交換費用は、ホイール持込で15000円(税込)。低速のふらつきもなく、路面の縦溝にもあまり影響されない。荒れた路面でもバタつかない。若干フロントが軽い感じがする。都市部のストップ&ゴーばかりの環境だったけど純正リアタイヤは、3000km(6ヶ月ちょっと)しかもたなかったしフロントタイヤにも小さなひび割れがあった。ダンロップのScootSmartに交換したけど今、4000kmくらいでまだまだもちそうだし、晴れでも雨でも素直にグリップする。
  •  

  • フロントタイヤは、13000kmくらいだけどまだもちそう。リヤタイヤは7000kmくらいでパワーピュアscに替えた。
  •  

  • タイヤ専門店で前後スクートスマートにして工賃廃タイヤ代込で18500円位。
  •  

  • 純正の台湾タイヤは、乗り味がいい。scoopは、重くてパンクしてるみたいに感じる。
  •  

  • タイヤのライフは、リアが最初のKENDAは8000kmで丸坊主になった。
  •  

  • 通勤で使って10000kmでリアタイヤがツルツルになった。
  •  

  • ケンダは、意外に良いタイヤだった。
  •  

  • ケンダは、標準タイヤとしては、かなり好印象。雪が積もってなければ0度前後でもまったく不安は、なかった。
  •  

  • ケンダのウェットでのグリップ力の低下は、特に感じなかった。ウェットでは、怖いから無理しないからそう思ったのかも知ないけど。
  •  

  • ドライだとケンダで十分だけど ウェットでの走行時のグリップ感は、かなり希薄だった。溝が無くなってるのかと思うぐらい。これだけドライとウェットでの差が激しいタイヤは、初めて。ただ、冷えても温まってもグリップ感がほとんど変わらないのは、良い。
  •  

  • ケンタのタイヤは、晴れの時は、申し分ないと思ったけど雨は少し怖い。雨のコーナーや交差点では、滑る。
  •  

  • タイヤをシティグリップに交換した。思った以上にノーマルよりも細かった。ドライのグリップはノーマルと変わらない。雨の日に走ってみたけどドライの時とほとんど変らない感触でよかった。
  •  

  • タイヤは、マジェスティS用に開発した専用タイヤだから次もこのタイヤにする予定。
  •  

  • 純正タイヤのKENDAの摩耗性やグリップは有名どころのタイヤと差が無いけど耐久性や耐候性は、少し落ちるみたいだね。
  •  

  • ノーマルケンダのグリップは良いが7500kmでリアタイヤのスリップサインが消えて交換いた。フロントタイヤは、13000kmでスリップサインが出た。もうちょっと乗れそうだったがカーカスコードが切れて交換。現在は、前後共にミシュランのパワーピュアSCにしてる。ドライでのグリップは十分だし、ハンドル操作に対して反応がクイック。ウエットでの接地感が若干薄いけど許容範囲。リアタイヤは、9000kmでスリップサインが出そうな感じになってきたがもう少し持ちそう。
  •  

  • ノーマルタイヤのケンダは、寒い地域の場合、1年経たずにヒビ割れすることがある。自分の場合、半年でひび割れが見つかって交換した。グリップ力も良いし、天候や気温にあまり左右されないから気に入ってたんだけど。
  •  

  • 片道30kmの通勤でフルアクセル、フルブレーキの連続をしてたらノーマルのケンタが8000km(6ヵ月)でリアバーストした。
  •  

  • ケンダは、そんなに悪い印象は無いけど減り方が少しおかしくて減りが早いね。
  •  

  • タイヤをダンロップに交換したら乗り味変わりすぎて怖かった。
  •  

  • 純正KENDAのタイヤは、特にリアだけど高速を走ると凄い熱を持つ。これなら減りが早いのもうなづける。
  •  

  • パワーピュアscにした。11月の気候だとノーマルKENDAに比べてフィーリングは軽いけどグリップは同じ位に感じた。むしろ夏のグリップは、KENDAの方が上かも。でも熱ダレが早いし磨耗も早かった。
  •  

  • リヤタイヤにパワーピュアsc純正同サイズの130/70-13にした。少し幅が狭くリヤが華奢に見える。バンクは、素早いし、グリップも申し分無い。
  •  

  • 500kmくらい走ったら、純正タイヤの空気圧が1.5kgぐらいまで落ちてた。
  •  

  • YSPでタイヤ交換の費用を聞いたら2万弱らしい。前PCXの時は、3万近く取られたのに個人店だったからかな?
  •  

  • 2りん館でプリジストンバトラックスが7000円+8500円。工賃と処理費用とかで8000円。合計23500円(税込)。安い店なら2万円ぐらい。
  •  

  • 自分でタイヤ交換すれば大体5000円+5000円とタイヤ廃棄代が200円+200円で合計10400円くらい。工具類を揃えてもタイヤ交換2回分くらいで元が取れる。工具はタイヤレバーで3000円*2。ボックスレンチ。ハンドルで2000円。ソケット数個で3000円。ビードクリームで300円。空気入れで3000円。
  •  

  • 純正リヤタイヤの130は、よいとして、ミシュランの130は、なぜか細くて140でまあまあ。150を入れたら擦った。
  •  

  • リアタイヤが減ってきたからパーツ屋でDuroの130/70-13を4000円(税込)で買って交換した。これまでもビグスクや原付でDuro使ったけどまあまあだった。ちなみにAmazonで4374円。Webikeや他では、5000-6000円弱で売ってた。結構値段は、バラバラだね。
  •  

  • 2016年式で9000km走ったけど振動も感じないし、スリップサインの兆候すら無い。
  •  

  • ブリジストンのライフは、短いよ。ダンロップの60%位しか持たないから半下駄車に履かせるには、微妙かも。
  •  

  • ケンダのタイヤの問題は、減りが速いだけ。
  •  

  • ケンダは、スカイウェイブでずっと使ってたけど何の問題も無かったよ。ポンデリングの報告があるけどごく一部の人だからハズレがあるんだと思う。
  •  

  • ケンダ以外だとダンロップ、ブリジストン、ミシュランが代表的。ミシュランは、減りにくいがトレッドパターンが滑りやすいってインプレ書いている人もいる。
  •  

  • 交換前だけどケンダは、ひび割れがあったな。ケンダは、バイクより自転車用タイヤでひび割れに関して酷評されてた。
  •  

  • ダンロップに交換した。純正タイヤは、16300kmで溝にヒビが入ってた。
  •  

  • ケンダのタイヤは、高速走るとすごく熱を持つって誰かが書いてて、試しにパーキングに入ってすぐ触ってみたら激熱だった。アスファルトの温度で変わると思うけど夏は、怖いくらい熱かった。
  •  

  • 純正タイヤのKENDAは、リアが6500km位でスリップサインが出て7000kmちょいでミシュランにした。もう少し乗れたけどあまり好きなフィーリングじゃなかったから交換した。
  •  

  • ケンダとミシュランを履くと最高速と燃費のメーター表示が全くあてにならない。国内メーカータイヤで純正サイズ以外にするとハッピーになり過ぎる。最高速135km/hとか言ってる人は、国内メーカー銘柄タイヤだと115km/h表示と同じになる。燃費が40km/Lとか言ってる人も国内メーカー銘柄タイヤだと35km/Lと同じ。

     

    ミシュランパワーピュアSC リアサイズ

    総幅(mm)

    外径(mm)

    130/70-13 M/C 63P REINF

    129

    512

    140/60-13 M/C 57P

    139

    498

    150/70-13 M/C 64S

    151

    540

  •  

  • 俺もケンダの時は、燃費が40km/lだったのにスクートスマートに履き替えてからせいぜい38km/lぐらいになった。
  •  

  • バイク屋で前後のタイヤ交換スクートスマートで26000円と言われた。
  •  

  • 俺も買ったバイク屋でスクートスマートに交換してもらって前後で25000円ちょいだった。そこは、ちゃんとしてくれる店だから任せてる。店長が「タイヤ交換が安い店は、組まれたタイヤの製造年を確認した方がいい」と言ってた。通販で最安の古いタイヤを業者から買って客のバイクに組んでるバイク屋もあるみたい。ここのバイク屋は、メーカーの販売店から買ってて3週間製造待ちで、出来たてのタイヤを組んでくれた。
  •  

  • 2りんかんで前後タイヤ交換してもらって22000円だった。
  •  

  • 工賃高いね。俺は、Amazonで前後ミシュラン買って自分でタイヤ交換したから1万円ちょっとで済んだ。
  •  

  • ケンダは、水膨れみたいに凸凹になったり、亀裂が入る。
  •  

  • 距離を走らない人は、ケンダで問題ないけど距離を走る人は、ケンダは高くつくよ。
  •  

  • スクートスマートに履き替えた。軽く10km走ってみたけどケンダより軽快な感じがした。
  •  

  • シティグリップに履き替えて試走してみた。ケイダも悪くなかったけどミシュランは、次元が違うね。思ってる以上に簡単にバンクするからセンスタを擦りまくった。ケイダより安定してから怖くないし。フロントサイズが無いのが本当に残念。
  •  

  • バトラックスのコーナーの切り込みは、凄くいいよ。
  •  

  • これまでミシュランを2本履いたけどその内1本は、ライフ後半に手離ししたらブレまくった。ベアリングの損傷かと思ったが偏磨耗だね。
  •  

  • ScootSmartに履き替えて1万km超えたが2万kmはもちそう。値段は、そこそこだけど性能は問題ないし、タイヤ代と工賃でいい線かも。
  •  

  • 純正のケンダは、フロントが1万km、リアが7000kmもった。
  •  

  • IRCは、手放しても安定しててブレない。
  •  

  • バトラックスいいね。手放ししてもブルブルしないし馴れたら楽しい。
  •  

  • スクートスマートの適正空気圧がわからず、250kPaぐらい入れてたら定期点検で入れすぎって言われた。ケンダと同じ空気圧でいいみたい。
  •  

  • タイヤ交換する時は、前後シティグリップで揃えようと思ってたらフロントサイズが無さそう。
  •  

  • 径は、ホイールを交換しないと無理。13インチホイールに14インチタイヤは、入らない。ホイール幅に関しては、ある程度許容範囲があるからミシュランの場合なら130、140、150はどれもノーマルホイールで問題なし。
  •  

 

 

 

収納

 

約32リットルのシート下トランクは、フルフェイスヘルメットや雨具等を同時収納できる十分なスペースを確保。メインスイッチ連動によるシートのフルオープンが可能で開閉も簡単。シートを手で持ち上げることなく収納部へアクセスできる設計。

 

トランク内に積める荷物は、5 kg まで。
サービスツールは、シートを開けてトランクの内張りを外すと、トランクの前方に格納されている。
パーツオーダー、アフターサービスなどに使う「車両情報モデルラベル」は、トランク内に貼り付けてあ
る。

 

フロントポケットは、約2.7リットルあり、500mlのペットボトルも収納可能。上質感のある可動式アルミ製コンビニフック(最大荷重3kg)も装備。

 

フロントポケットに積める荷物は1.5 kgまで。

 

コンビニフックは、自動的に元の位置には戻らない。

 

 

マジェスティS(JBK-SG28J)のシート下トランクの口コミ

  • シート下トランクは、狭いのではなく浅い。リアタイヤの上に結構空間あるから、もう数cm深くできそうだけど。
  •  

  • メットイン容量は、シグナスと変わらないので収納できるヘルメットが限られる。
  •  

  • マジェスティSは、メットインの深さが浅い。リアサス配置のデザインのためにメットインの深さが制限され、シートを段付きにすることによってなんとかメットインの深さを確保。そのしわ寄せで小排気量車としてはシート高がかなり高くなった。
  •  

  • マジェスティSのメットインは、縦長だけど前側が浅い。キャリアを付けることをオススメする
  •  

  • シート下トランクはホントに浅いね。前の方は特に浅いからちょっと厚みあるだけで入らないね。
  •  

  • メットインが浅いから一般的なメットでも入らないやつがある。
  •  

  • メットインに米10kgと白ねぎを折らず積めるのが素敵。
  •  

  • SHOEI Z7 Lサイズは、入る。
  •  

  • カムイのLは、強引に押しつければなんとか入った。
  •  

  • カムイは、顎先をトランク底の凹みに合わせてシートを軽く押さえたら普通にロックするよ。
  •  

  • カムイのXLも無理矢理押し込めば入る。
  •  

  • アサギのXLはシート下に入らない。
  •  

  • アライSZ-Ram4・Lサイズはシート下に入る。
  •  

  • アライRAPIDE-SR・Lサイズは、メットインに入らない。
  •  

  • カムイUは、メットインに入るがウェイクスタビライザーがバッテリー収納スペースのビスに干渉するから傷だらけになるし、閉める時は強引に閉めるしかない。
  •  

  • アライASTRO-IQ(57-58)は、入るけどしばらくしたらTDF3ダクトのツイッチが壊れるし、おでこのステッカーが剥げてきた。
  •  

  • simpson M30の62cm以下は、試したけど入った。
  •  

  • J-クルーズXLサイズは入らなかった。
  •  

  • Z7のMなら問題無く入る。
  •  

  • Z7のXLやアライ、ショーエイのフルフェイス上位モデルのXLは全部入らない。アライの下位モデルは入るみたいだけどお店の人がショーエイよりアライの方が外も小さいって言ってたからショーエイは全滅かも。
  •  

  • アライのRX7XLは、間違いなく入らない。
  •  

  • SZ-Ram3のXLは、入った。
  •  

  • Quantum-JのXLは、ヘルメットを置く位置にきちんとあわせれば問題なく入る。
  •  

  • SHOEIのMULTITEC(L)を試したら入ったよ。
  •  

  • XR-1100のLサイズは、入った。
  •  

  • フリップアップ型フルフェイスのルノー RN-555は、入った。
  •  

  • SHOEIのJ-force3Lは、ギリギリ入る。
  •  

  • JForce3のXLを入れてみたらギリギリ入った。ショウエイのXLとXXLの差って中のクッションだけだからXXLも入りそう。
  •  

  • 俺は、ゼニス2のXXLだけど入るよ。慣れるまですんなり閉まらないけど。
  •  

  • ゼニスのジェットYJ-5IIIのXLは、入る。
  •  

  • j-cruise Mサイズは、少し押し込めば入る。
  •  

  • 荷物が多い時、タブレット入れてて押し込んだら画面が割れて修理代1〜2万円。
  •  

  • メットインの報告を集めました。報告なので本当か不明なので自己責任で。

     

    ○:入った/△:押し込み気味/×:入らない
    ○でも押し込み気味の可能性あり
    ×でも入れ方が悪いだけの可能性あり

     

    ■Arai
    ・RX-7RR5○(?)×(XL)
    ・ASTRO-IQ○(L)
    ・RAPIDE-NL○(L)
    ・Quantum-J○(XL)
    ・SZ-Ram4○(L/XL)
    ・SZ-Ram3○(XL)
    ・MZ○(XL)
    ・PROFILE×(?)
    ・ツアークロス2×(?)

     

    ■SHOEI
    ・XR-1100×(L)
    ・NEOTEC×(?)
    ・Z-7○(M)×(L)
    ・Z-6×(?)
    ・Z-5○(L)
    ・X-9×(L)
    ・X-TWELVE×(?)
    ・J-Force3 M ○
    ・J-FORCE3○(XL)
    ・J-Cruise○(M)△(L/XL)
    ・QWEST XXL △
    ・SYNCROTEC○(?)

     

     

    ■OGK
    ・AEROBLADE-3○(M)
    ・KAMUI○(M/L)
    ・AVAND-2○(L)
    ・AVAND-2○(XL)

     

    ■YAMAHA
    ・YJ-15○(XL)
    ・YJ-17○(M)
    ・YF-7○(XL)
    ・YJ-6II○(?)
    ・YJ-5II○(XXL)

  •  

  • メットインには、ジェッペルと雨具ぐらいは、入る。これ以上収納したいならトップボックスは、必要。でも足元フラットとコンビニフックがあるからこれで不足分を十分カバーできる。
  •  

  • メットインにAmazon箱入るから便利。
  •  

  • SHOEI GT-Air WANDERERは、入らない。
  •  

  • Arai VECTORは押し込めば入った。
  •  

  • 個人的には、シート下トランクは、結構入るなという印象。メット、雨具、小物入れてもまだ余裕あるし、足下フラットでフックがあるから箱物も運べる。これにトップボックスを付ければ買物で車が使わなくなりそう。
  •  

  • Jフォース3のLだけど普通にはいる。
  •  

  • RX-7X 59-60は、入らない。
  •  

  • J-Cruise Lは、ギリギリ入る。
  •  

  • ショウエイZ7のLサイズはシート押し付れば入る。
  •  

  • SHOEIのJ-cruise XLが入ったから国内で販売されてるジェッペルは、ほとんど入りそう。買う時にバイク屋の人に入らないと言われたけどバッテリー側に寄せたら普通に入った。
  •  

  • SHOEIのJ-FORCE IVのXLは押し付ければなんとか入る。ロックの部分がいつか壊れそうで怖いけど。
  •  

  • GT-AirのXLは、いろいろやってみたけど入らなかった。XLは奥行きがあって底の凹みから1-2cmはみ出す。
  •  

  • カブトのジェットXLは入った。
  •  

  • SHOEIネオテックのXLは入らない。
  •  

  • JクルーズのXLは、収納の時シールドを少し上げてフタを閉めたらデコのロゴに傷付かない。
  •  

  • GT AirのXLは、入らなかった。
  •  

  • ネオテックを強引に押し込んだらマークが剥がれた。シールド上部がマークの枠に当たってたみたい。
  •  

  • SZ-RAM3 ジェットで最も大きいサイズの65cmは、 シートを押しつけるればなんとか閉まる。
  •  

  • ショーエイのクエストの2XLは、力入れてシートを押し込んだらギリギリ入った。
  •  

  • RX-7XのSの55.56 は、当たるけど押し込んだら閉まる。おそらくSが限界。
  •  

  • Z7のLは、入った。
  •  

  • Z7のL入らなかった。
  •  

  • Z7のMは、入ります。
  •  

  • ゼニス YJ-5II XLは、入る。
  •  

  • SHOEIのネオテックのMは、押し込んだら入った。
  •  

  • アライSZ-Ram3 XLは、入る。
  •  

  • NEO-RIDERS FX8 Wシールド フリップアップ フルフェイスXL 61-62cmは、入るよ。
  •  

  • OGKアベンド2 XLは、入る。
  •  

  • SHOEI XR-1100 Mは、当たるけど押せば閉まる。
  •  

  • NeoRider FX8 M は、入る。
  •  

  • ショーエイ GT-Air XLは、入らない。
  •  

  • RR4は、閉まることは閉まるけどエアインテークの部分に若干無理あり。
  •  

  • バイク屋でSHOEI X7を入れさせてもらったら入らなかった。後頭部のウィングが当たるし高さも足りない。
  •  

  • ネオテックMを強引に押し込んでいたけど結局箱付けた。
  •  

 

マジェスティS(JBK-SG28J)のフロントポケットの口コミ

  • フロントポケットは、蓋がないから花粉やホコリがたまるのが嫌。
  •  

  • フロントポケットには、500mlのペットボトル1本とウエスと地図など入って便利。蓋が無いから手軽に出し入れができるのが良い。
  •  

  • フロントポケットに500mlペットボトルを1本だけ入れたら走行中に暴れる。
  •  

  • 4.7インチのスマホがフロントポケットの底にペタッと寝かせられた。右斜め45°になるけど、直射日光も遮ってて信号待ちでナビの確認に使えそう。モバイルバッテリーも入れとけばいいし。スマホホルダーなくてもよさそう。
  •  

 

 

マジェスティS(JBK-SG28J)のフラットフロアの口コミ

     

  • フラットフロアにした分、タンク容量が小さくなってる。でもフックもあるし、買い物したものが置けるのは便利だね。
  •  

  • フラットフロアにティッシュBOXの5P積んで25km/hくらいの速度で走ってて落下させちた事あるあんなに軽い物でもボロボロになってた。満タンの灯油缶なら重さで安定するけどフラットフロアにのせる時は、注意した方がいい。
  •  

  • マジェスティSで初めてペットボトルの箱買いした。これなら車に乗る機会が減りそう。
  •  

  • フロアに雑に重い物を載せるとフロントポケット周辺に傷が付きまくる。載せていいのは、ティッシュ箱とかトイレットペーパー24ロールのみたいな軽い物。
  •  

  • 通勤に使ってるけど足元にビジネスバッグが置けるのは大きい。でもサイドスタンドを立てた時に傾斜があるから滑る。
  •  

  • amazonの大きい荷物を取りに行く時は、フラットがないと困る。
  •  

  • フラットフロアとコンビニフックは便利だね。ドライクリーニングの袋とか結構な量を運べる。
  •  

  • 足元が狭いって人いるけどそんなに狭いかな?180cm65kgだけど特に狭いと感じたことはない。狭いと言ってる人は、ビグスクみたいに足を前に投げ出して乗りたいだけじゃない?
  •  

  • 走行中に何度か工事跡の段差越えた際に膝が鍵に当たってイグニッションOFFになったことがある。その時、もう少し足元が広ければいいのにって思った。
  •  

  • 173cmだけど足元が窮屈と思ったことはない。フロア先端の凹んだ所からつま先だけ出してエッジに土踏まずを引っかけるのが丁度いい。
  •  

  • 足元がフラットだからビールを箱買いする時に助かる。フラットじゃないといちいちゴム紐出してリアシートに固定しなきゃいけない。
  •  

  • フラットフロアだから足元に40L位までならキャリーケースも運ぶことができる。このクラスだったらフラットの方が絶対いい。
  •  

  • 181cm92kgだけど足元が狭くて買う時は、ビビったけど実際乗ってみるとガニ股で乗るからか気にならなかった。
  •  

  • 水2リットル×6本の箱を買うからフラットな足置きがすごく便利。
  •  

  • 足元スペースがあるから小雨が降ってきても足を閉じたら腰から下が濡れない。
  •  

  • コンビニで受け取った荷物が足元に置けるから助かる。防風買った時も足元に載せて帰った。
  •  

  • 休みの日に2Lペットボトルを買いに行けるのは、デカイ。車だと道や駐車場が混んでるからスクーターの方が楽なんだよね。
  •  

 

 

 

乗り心地

 

メインシートの着座位置を後方にまで十分とり、自由度の高いライディングポジションが可能。
タンデムシートはゆったりとしたクッション厚で、快適な乗り心地を確保。
乗り降りしやすい広々としたフラットなフットボード。

 

リアサスペンションには、マスの集中化、そしてスペース効率の良い、ミッドシップダンパー(モノクロスサスペンション)を採用。路面からの上下方向の動きを水平方向に転換する水平方向配置とし、タンデム時の良好な乗り心地と路面追従性に優れたスポーティな走行性能を両立しています。便利なワンプッシュオープンタンデムステップも採用しました。

 

 

マジェスティS(JBK-SG28J)の乗り心地・乗り味の口コミ

     

  • 小径ホイールの割に低速時のハンドルが重く感じる。ステップを踏んでハンドルに舵角が効き始める。タイミングがワンテンポ遅い感じ。体重移動だけではなく、手の方でも助けてやらないとバンクと舵角のタイミングがズレる感じ。ヤマハの二輪は、ニュートラルなハンドリングというイメージあったがマジェスティSに乗ってその考えが少し変わった。
  •  

  • 自分としては体型による自由度の範囲がとても狭い。身長180で短足の自分でも足元が狭い。だからと言って身長が低い人は、足つきの問題もあるだろうし。それでいて車高が低くくて擦り易いし、メットインも浅い。動力性能に対してでかくて重めだし。
  •  

  • マジェスティSは、シートが高すぎる。足つきは問題ないけどその代わりに膝の上にハンドルが来るので窮屈。
  •  

  • マジェスティSは、それなりに足の長さだと普通に乗ってても膝が当たる事がある。
  •  

  • 重心高いとか車重が重いって言う人がいるけど自分は、まったく逆だと思った。マジェスティSはスクーターだから重心は、一般的なMTのバイクよりとても低い。また、車両重量145kgとかなり軽い。軽二輪の代表的バイクのVTR250でも160kgある。
  •  

  • マジェスティSは、走りがしっかりしてるね。125クラスと大して値段が変わらないのに車体剛性は十分過ぎる。250のエンジン積んでも大丈夫そう。
  •  

  • 斜めの場所に全部足を乗せると窮屈。踵をフラット部分に置いて足の先を斜めの部分に置いたらいい感じに収まって窮屈感がなくなる。峠では、斜めの部分に足を全部乗せてシートの段差の所にお尻を押し付けるように座れば下半身のホールドが良くなって走りが楽しい。
  •  

  • グルービングは問題ない。ゼブラは、すごく凸凹に感じる。一番怖いのは、立ち上がり全開加速での道路補修の凸凹。
  •  

  • フロア部分がフルフラットだと雨の日に靴が濡れなくていい。
  •  

  • 足を投げ出す乗り方はできない。
  •  

  • それなりの身長と股下があると足元狭い。その上、足付きも良いとはいえない。
  •  

  • マジェスティSは、ビグスクほどデカくないが125ccの車格よりデカイから高速も割りと安定して乗れる。
  •  

  • 低速時はセルフステア強過ぎ。カウンター当てる感じの操作が必要。
  •  

  • 試乗してみたけどシートの尻の位置が前すぎてハンドルの位置も前すぎるから足が窮屈だった。俺には無理かも。
  •  

  • 大柄な友達がマジェスティSを買うか迷ってたからポジションが限られるから必ず試乗した方がいいと伝えたら試乗して結果バーグマンにしてた。
  •  

  • 腰高なんでコーナリングがしやすい。
  •  

  • 身長180cmあるけど慣れれ普通に乗れるよ。でも油断してると膝が給油口に当たって本当に痛い。
  •  

  • 長距離になると体勢変えて負担を分散させたくなるけどできない。
  •  

  • 狭いのは、間違いない。股下で80cmほどしかないが、お尻をシートの後ろに押し付けぎみにしても膝が給油口に当たることある。
  •  

  • 走行距離4000kmを超えた辺りでリアの突き上げが感じ無くなった気がする。買ったばかりの頃のあの突き上げは何だったのと思うくらい。
  •  

  • まだ走行距離300km位だけど工事でツギハギだらけの舗装路を通るとヤバイ。出口が少し坂になったガソリンスタンドから出た時もガツンときて驚いた。
  •  

  • 路面にある段差を越える時に膝にキーが当たって何回かイグニッションOFFになったことがある。
  •  

  • 走ってて膝が左側の給油口に当たる時がかなり痛い。
  •  

  • 長身でも足が長いわけでもないのに着座位置より膝が上に来たり、カギや給油口までの間が指2、3本分しか空いてないのは、問題だと思う。
  •  

  • マジェスティは、足回りの剛性がすばらしい。
  •  

  • 今日納車した確かに道路の凸凹は、直に来る。足つきは悪いけどすぐ慣れそう。コーナーはカチッと曲がれて気持ちいい。
  •  

  • 東京-名古屋を往復したが走行性能的には全然ストレスなかった。不満は、窮屈なこと。
  •  

  • もうすぐ2年になるけどハンドルの振動は、全くない。
  •  

  • ハンドルの振動が酷いって言う人もいるけどハンドルの振動は、ないよ。
  •  

  • 振動はあるよ。スマホをハンドルバーに取り付けて録画したら凄くブレてて映像が見れなかった。
  •  

  • 足つきが悪い割に床が高くて足元が窮屈。なのに最低地上高が低いってどうなんだろ。
  •  

  • 普通に座ってるつもりだけどマジェスティSが窮屈とは思った事はないよ。
  •  

  • マジェスティSの最低地上高90mm。コンビニに入るとき油断してると擦る。
  •  

  • 5km位ダートを走ったら擦りまくった。
  •  

  • 初めての首都高速走ってみたが100km/hでも道路のギャップで体が跳ねて怖い。普通のバイクならニーグリップやヒールホールドできるのにマジェスティSは、それがないから落車しそうで怖かった。
  •  

  • 舗装がよければ高速、一般道に関係なく楽しいけど路面が悪くなるとどっちもきついね。
  •  

  • 両足ベタ付きできる股下だけど別に窮屈ではないよ。
  •  

  • すり抜けは、幅がそれ程広くなくてそれなりに車重があるから原付より安定しててすり抜けし易い。
  •  

  • ステップの位置が路肩のブロックより高いから気づかないうちに座礁することがある。
  •  

  • こういうポジションだから長い距離を走ると徐々に猫背になってきてきつい。
  •  

  • フラットフロアは、狭い。ポジションを安定させるには、足の裏で抑えなければいけないけど足に合わせてお尻をシートの段差のところに押し付けて座ると足に体重が乗らなくて困ってる。フラットフロアなのが理由で買ったから他に選択肢が無かった。
  •  

  • マジェスティSは、重量比が50:50に近いみたいだが少しフロント重過ぎる気がする。峠を走ってる時の倒し込み等のハンドリングは、ヤマハらしくて素直でいいが取り回しや低速走行時は、少し不満。
  •  

  • カーブでゼブラ舗装されてる場所を走ったらやばかった。
  •  

  • 身長183cmあるけどマジェスティSに試乗してみたら窮屈すぎて即、候補から外れた。
  •  

  • 身長168cmで片足をベタつきにするともう片方は踵が着かない感じ。
  •  

  • 山道でキビキビ走れるから楽しい。
  •  

  • マジェスティSの良い所は、フラットフロアでも剛性感があること。カウルを外してフレームを見たらと納得できる。
  •  

  • デザインとフラットフロアが決めてで買った。足付きやポジションは、いまいちだけどフラットを取るならここは、諦めるしかないと割り切れば満足できる。
  •  

  • 椅子座りポジションは、あまり位置を動かせないから当たるのが同じで真上から押しつける圧力が強いからケツが痛くなりやすい。
  •  

  • 慣らしで下道を240kmくらい走った。すごくコーナリングがいいね。前乗ってたシグナスより全然曲がりやすい。でも道路の段差でのショックが凄い。足が跳ねる。悪路は、怖いね。
  •  

  • コーナリングはマジでいい。でも本当に跳ねるね。
  •  

  • マジェスティSは,足周りは、硬いけど接地感のある高級な乗り味。
  •  

  • ワインディングが楽しい。足周りが固いおかげでコーナーリングで安定感がある。前後ディスクブレーキで下りで心強い。上りでは、もうちょっとパワーが欲しいね。
  •  

  • これまで足を曲げて乗るバイクしか乗ってこなかったからそこまで足元が狭いと思わない。ギア車だったら足を伸ばせないのが当たり前なのにスクーターになると急に欠点みたいに言われてて不思議。足元が狭いって言ってる人は、ビクスク乗ってた人じゃないの?
  •  

  • 足が伸ばせないだけじゃなく、ステップの位置が高いから窮屈に感じるんだよ。
  •  

  • マジェスティSのポジションは、フォワードポジションなのにアップポジションの位置にステップがあって、ハンドル位置が普通のアップハンドルという変わり者の窮屈ポジション。足を揃えようが何をしても疲労の貯まるライポジ。ハンドル、シート、ステップの3点を結んだライポジ三角形の形をみても標準原則から大きく外れたポジション。マニュアル車のポジションが固定されてても違和感がなく疲れにくいのは、メーカーがきちんと適切なポジションに設定してるから。
  •  

  • マジェSは、姿勢が固定されてることが悪いんじゃなくて、その姿勢そのものが悪いから不満が出てる。ヤマハは、短時間短距離で割り切って作ったと思ってるし、フラットフロアの宿命かもね。
  •  

  • フラットボードが便利なのは、間違いないけど背の高い人には位置が高過ぎて窮屈で、背の低い人には足付き悪いんだよね。
  •  

  • 身長176cmの自分でも狭いと思うから190cmの人には、無理だろう。ハンドルに膝が当たりそう。
  •  

  • 身長180cmだけど脚を開かないときつい。脚を開かずに膝をつけてステップに水平に靴底を付けて座ったら狭い。
  •  

  • 100km/h以上で走ったら風圧で腰にくるぞ。
  •  

  • 90-100km/h走行しても2時間以内だったら特にストレス無かった。
  •  

  • 下り坂で100km/hぐらいになるとなんか無理してる感じがして80km/hぐらいに戻してしまう。
  •  

  • 環状線では、流れをリードすることも可能で凄く快適に走れる。湾岸線は、左側か中央をキープすべき。東名等主要高速道路は、おとなしく左側を走っている大型トラックの流れに乗る。その他のパイパスでは、余裕。基本90km/h巡航で追い越しの時は、110km/hまで使うのが快適な流し方と思う。タンデムする時は、おとなしく左側。
  •  

  • メーター読みで100km/hくらいで車体に無理させてる感じがした。80km/hで走るのがぼーっと走ってれる感じで剛性、安定性ともにちょうどいい感じ。
  •  

  • ビクスクのように足を前に投げ出して乗ろうとしたら狭く感じるけどステップボードに両足の底をつけて乗れば181cmの俺でも全然狭くない。
  •  

  • マジェSは、ハンドリングが重いね。
  •  

  • 高速メインのロンツーでマジェSはないな。積載力を活かしたキャンプツーリングなら意外といける。仲間と行ったら買出し担当にされるのが面倒だけど。
  •  

  • 俺の基準だと下道5時間ぐらいが限界。よく5時間200kmのキャンプツーリングにいってる。それ以上になると腰とお尻が無理。でも帰りは、高速乗ることもできるのが150の魅力だね。
  •  

  • 評判通りシートの部分は、結構狭いね。自分は、身長185cmあるから原付より狭いポジションだから動き出してから苦労する。
  •  

  • ポジションが窮屈なのは間違いない。ステップが高い、シートが前寄り、座面が低いから変なポジションになる。
  •  

  • スクーターでケツが痛くなるのはしょうがない。ポジション的に体重の殆どがシートに掛かるから。ネイキッドとかは、ステップとハンドルとシートに分散できる。
  •  

  • 先週200kmのプチツーに行ったがまた今日も行ってきた。これまで乗ってきたスクーターやバイクでは、ツーリングにほとんど行かなかったのにマジェスティSは、走行性能といい、大きさといい、自分にとって最適なバイクだと思う。
  •  

  • マジェスティSは、見た目、走行性、積載性、取り回しは良い。でも足付きを含めたポジションが辛い。他が高次元でまとまってるからそこにイライラする。
  •  

 

 

マジェスティS(JBK-SG28J)のシートの口コミ

     

  • シートの固さとポジション窮屈だからケツが痛くなる。
  •  

  • 純正シートが不満。あそこまで固くする必要あるの?
  •  

  • 股下68cmだけどローダウンシート装着だけで片足ベタ付けで停まれるようになった。でもただでさえ窮屈なポジションが更に窮屈になったからローダウンシートは、必要なかったかもしれないと思ってる。
  •  

  • 2015年に買ったけどシートの段差は、いいね。足を前のステップにのせてシートの段差にケツを押し付けて体を固定するのに一役買っている。シートクッションは、もう少し厚い方が良かった。
  •  

  • シートの段差がなければ足が窮屈にならずに済んだのに。
  •  

  • 俺は、ノーマルシートでいいけどな。タンデムすることが多いから後ろが高い方が見晴らしがいいし、ヘルメットが当たらなくていい。
  •  

  • マジェSは、連続走行4時間が限界だったけど、ゲルザフ併用したら7時間に伸びたぞ。
  •  

  • 夏に下道メインで8時間350kmを二度やったけど、尻の痛さ以外は凄く快適だった。ケツ痛対策としては、コミネのメッシュの座布団ひいたり、そこに安いクッションを破って、中を足したりしてみたけどさほど効果はなかった。
  •  

  • ノーマルシートは、滑るね。
  •  

  • シートは後期型(2016年モデル)の方がタンデムシートが厚みが違って柔らかい。前期型は、タンデムするととケツが痛いと不評だった。
  •  

  • 新古車を譲ってもらったけどローダウンシート付いてた。俺は、178cmだけど乗りやすい。姿勢が決まらない人におすすめ。
  •  

  • コーナーで一番安定して曲がれるのは、ノーマルシートだと思う。重心を上げ過ぎたら凄く不安定な挙動になるから気をつけて。
  •  

  • シート座面の作りが悪い。先端にはスポンジが厚いのに荷重が掛かる後方には、スポンジが薄い。でも2016年モデルから厚くなって改善されたね。
  •  

  • メッシュのシートカバーは、パンツが薄手の綿素材だとかなり涼しいね。雨水が股にたまりにくくなって水没しにくい。でもゴミは、たまりやすいからたまに外して叩いた方がいい。
  •  

  • コミネの3Dメッシュシートカバーと低反発ウレタンで40mm程度シートを盛ってみた。ケツ痛対策になるけどハンドルと相性が悪くて肩が凝るし、足つきが悪くなる。メッシュシートカバーだけでも凄く効果あるからケツ痛で悩んでる人にはおすすめできる。
  •  

  • コミネのカバーは、制動時でも全く滑らない。タンデムシートとの段差が解消されて着座位置を後ろに移動したのを実感できる。でも取り付け方に工夫がいる。
  •  

  • ケツ痛は、ワイズギアのローダウンシートに交換したら解決した。ローダウンシートは、低反発ウレタン?で作ってるから柔らかい。 値段は、安くないけど俺は、4時間乗りっぱなしでも大丈夫だったから満足してる。
  •  

  • ローダウンシートにしたらライディングポジションが窮屈になった。足つきもそこまで変わらないし、ノーマルのままで良かったかも。
  •  

  • ウィルズウィンのローダウンシート付けてみたが高さ変わらない。更にパッキンが無いので雨の時、トランクへ水が入りそう。少し座りやすくなったこととタンデムシートのでっぱりが無いので荷物が積みやすくなった。
  •  

 

 

マジェスティS(JBK-SG28J)の足つきの口コミ

     

  • 足つきは、良いとは言えないけど車体が軽いから両足がつかなくても立ちゴケしないよ。道路に落とした物を停車中に跨ったまま拾えるくらいだから。
  •  

  • 今日納車で取りに行ってきた。乗車姿勢が直立しすぎだから高速がきつそう。身長170cmの自分には、足つきも良いとは言えない。
  •  

  • 短足でマジェスティS買う時は躊躇したけど乗ってたら何だか馴染んでくるんもんよ。
  •  

  • 足つき悪くても止まる時にお尻を少し前にズラせば問題無いよ。
  •  

  • 身長162cmで足つきは、つま先がつくくらい。乗ったままバックするのが大変なのと、長時間乗ると股が痛くなる。
  •  

  • マジェスティSは、足つきは良くはないけど160cmあれば乗れるよ。
  •  

  • アドレスからマジェスティSに乗り換えたけど足付きで心折れそうになった。
  •  

  • 足付きを改善して欲しい。両足下ろしたら爪先だけだからリラックスできない。
  •  

  • 170cmで足短めだけど全然問題無し。前、モタード乗ってたからかな?
  •  

  • 身長176cmで踵が若干浮き気味。
  •  

  • 身長175cmでつま先立ちだから、やっぱり足つきは、気になる。ワイズギアのローダウンシートを導入するか迷ってる。
  •  

  • 足つきなんか座り方でしょ。身長173cmだがつま先立ちになる程ではない。踵まで着かなくても慣れれば大丈夫と思うよ。
  •  

  • ローダウンプレートを入れてた。自分が買ったのは、「JSM MAJESTY S(マジェスティS)台湾SMAX 3cmローダウンサスペンションリンク ブラケット レッド 」。片足つま先状態が両足つま先状態まで良くなった。走行性もかなり良くなって段差でピョンピョン跳ねる事もなく、後ろがぴったり路面に吸い付いてる感じ。高速走行もすごく安定してる。お世話になってるYSPに持ち込みで工賃が3000円かからなかったような。注意点としては、センスタがかなり重くなる。前下がりの坂では、55kgの全体重を乗せても厳しかった。
  •  

 

 

車体

 

マジェスティS(JBK-SG28J)の車体の口コミ

     

  • マジェスティSは、コンパクトとは言えない。全長、全幅、全高、ホイールベースも大型のMT-07に近い。
  •  

  • ホイールベースを見ても長い。新型のYZF-R1と同じ。全体的なサイズも似てる。小径タイヤのせいで低めで小さく感じるけど実際のサイズは結構大きい。CB400SFと並べてみればわかるけど、占有面積は ほぼ同じレベル。
  •  

  • 実際の取り回しとかでは、そんなに大きく感じないよ。数値的には大きいけど並んでるシグナスより少し大きいくらいだった。
  •  

  • 測ってみたけどハンドル両端の間の長さが70cm。ミラー両端の間の長さが80cm。
  •  

 

 

 

 

マジェスティS(JBK-SG28J)のタンデムの口コミ

     

  • 高速で二人乗りしてきた。加速減速は、一人の時の用にキビキビいかないけど速度は、そんなに落ちない。左車線キープしとけば全然問題無い。
  •  

  • 走行中の安定感もあるし、特にタンデムした時に原付二種とのパワーの違いを実感できる。
  •  

  • よくタンデムするから今まで原付二種でパワー不足と窮屈さを感じてた。今回マジェスティSに乗り換えてすごく満足してる。
  •  

  • タンデムでも110km/h出たから驚いた。
  •  

  • 剛性は、ある方だと思うがタンデムしてるとフレームがヨレてるのが分かる。
  •  

 

 

足回り

 

ユニットスイングの車体搭載は、ヤマハ独自の防振理論による、MAJESTY(YP250)と同じ構造の「プログレッシブピボットマウント」を採用。防振リンクを介さず直接懸架方式を採用することで、ダイレクト感のある操縦性が実現。この構造は車体リア廻りのスペースに余裕ができるため、収納力のUPや低シート設計などのメリットがある。

 

リアサスペンションには、スペース効率を考え「ミッドシップダンパー(モノクロスサスペンション)」を採用。路面追従性の向上を実現。

 

マジェスティS(JBK-SG28J)のサスペンションの口コミ

     

  • マジェスティSのサスペンションはいいね。
  •  

  • マジェスティSは、シート形状で損してるけどリアサス性能最高だと思う。リアサスでこれより上となるとTmaxくらいしかない。同じリンクサスのマジェスティ250も何だかしっくりこなかったし。
  •  

  • リアサスは、いいけどフロントサスは、なんとかしてほしい。
  •  

  • 確かに慣れてきたらフロントの柔さの方が気になるな。フロントを潰して乗る俺の乗り方のせいもあるけど。
  •  

  • 納車されて400kmくらい走ったけど言われてる程サスは、硬くないし、シートも適度に柔らかいからケツも痛くない。フロントサスは、少し柔らかい気もする。
  •  

  • 走行距離2500km弱だけどリアサスの感じが良くならない。ストローク感も感じられない。プリロード調整を付けて欲しかった。ハンドリングもセルフステアが強すぎて、路面の縦のうねりにハンドルが持ってかれる。
  •  

  • サスは、乗ってればそのうちに柔らかくなると店長さんから言われた。
  •  

  • デイトナのリアサス購入。ノーマルで15000kmから変えたから良く動いている感じから固い感じに変わった。今の所、いいか悪いかよくわからない。若干車高が上がった。
  •  

  • 初期型は、リアサスは気にならないけどフロントは硬いな。
  •  

  • 初期型でも2年程乗ってると純正シートでも良いと思えるくらいサスが沈んだ。
  •  

  • 2000km程度走ったらリアサスが少し柔らかくなるよ。
  •  

  • 高速でタンデムすることが多いからサスの固さは、丁度良いと思う。2人の合計体重が120kgくらい。
  •  

  • リアサスが固いのがすごく気になる。まだ70kmしか走ってないけど。
  •  

  • リアサスは、最初固いなって思ったが2ヶ月で600km走って気にならなくなった。
  •  

     

 

 

ブレーキ

 

ブレーキは、前後ともに良好な操作性を備えた油圧式ディスクを採用。対向ピストンと組み合わせた267mm径のフロントディスク。245mm径のリアディスクと合わせて快適な走りを支える。フロントはスポーティイメージを強調するウェーブ形状に。

 

フロントブレーキ:
ブレーキ形式:
油圧式シングルディスクブレーキ

 

リヤブレーキ:
ブレーキ形式:
油圧式シングルディスクブレーキ

 

 

フロントディスクブレーキ:
指定ブレーキフルード:
BF-4 (DOT-4)

 

リヤディスクブレーキ:
指定ブレーキフルード:
BF-4 (DOT-4)

 

 

マジェスティS(JBK-SG28J)のブレーキの口コミ

     

  • リアディスクは簡単にロックするな急ブレーキでフロント7リア3にする余裕無し。
  •  

  • フロントもロックするよ。急ブレーキしたら後輪が浮いて焦った。
  •  

  • ブレーキの効きはいいけどその分滑りやすいね。
  •  

  • 後輪ディスクが効き過ぎでロックしやすいから慣れるまで注意が必要。
  •  

  • フロントブレーキの効きが弱いのが気になるな。
  •  

  • リヤブレーキがコントロールしやすいので極低速でも安定させやすいです。
  •  

  • マジェスティSのブレーキは、タッチがとても気持ちいい。特にリアがいいね。左手後輪油圧ブレーキというのは、今回が初めてだけど。
  •  

  • ブレーキパッドは、品質や入手性を考えるとデイトナ赤パッドかな。いつもウェビックか用品店のセールで購入してる。
  •  

  • フロントよりリアブレーキのフルードの劣化の方が進むね。今4000kmだけどフロントは、新車の時と同じ色だけどリヤは、変色が始まってる。
  •  

  • 都内通勤利用だけどFブレーキパッドは、8000kmちょっとでシャリシャリ鳴り始めたから交換した。
  •  

  • 俺は、Fブレーキパッドが9500kmでギリギリだったな。
  •  

 

 

バルブ

ヘッドライト:
ヘッドライト球:ハロゲンバルブ

 

バルブワット数x 個数:
ヘッドライト:12 V, 60.0 W/55.0 W × 1
ブレーキ/ テールランプ:LED
方向指示灯(前):12 V, 10.0 W × 2
方向指示灯(後):12 V, 10.0 W × 2
番号灯:12 V, 5.0 W × 1
メーター灯:LED
マーカーランプ:LED

 

パイロットランプワット数x 個数:
方向指示器表示灯:LED
ヘッドライト上向き表示灯:LED
冷却水温警告灯:LED
エンジン警告灯:LED

 

マジェスティS(JBK-SG28J)のバルブの口コミ

     

  • 夜に高速走った時、ライトが暗くてめちゃくちゃ怖かった。
  •  

  • 視力は、あまり良くないけど特に暗いと思わない。他車と比べても良くも悪くもない感じ。
  •  

  • 照射範囲は、狭いけど暗くはないよ。
  •  

  • 近くからみれば白いLEDポジションと黄色っぽいヘッドライトの色で暗そうに思うけど実際道路の照らされた部分は、白っぽい色で暗く感じない。スペック的にも暗い方ではないし、暗いと感じたのは、山道の真っ暗なカーブの時ぐらい。ボディマウントのライトなのでカーブで進行方向を照らしてくれない。
  •  

  • 夜の湾岸道路を走ってみた。ライトが想像以上に明るかった。
  •  

  • 中華製の55WのHIDを付けたけどメチャクチャ明るい。
  •  

  • 中華製の55WのHIDは、次第にリフレクターが曇ったりする。紫外線をかなり放出して樹脂が劣化したり、熱で発光点真上がおかしくなるぞ。
  •  

  • ハイパーハロゲン電球は、電球交換するだけで明るく。
  •  

  • サインハウスのやつは、コンパクトではない旧型を使ってた。明るさは十分だったけどハイビームを適正な高さに合わせたらロービーム時に手前しか照らさなくて微妙だった。今は、IPFのLEDバルブにしてる。ぱっと見は、明るくないけど必要な範囲を照らしてくれるから暗い夜道を走ると有り難みがわかる。カットラインもはっきり出てるから眩しさとは無縁だから光軸を水平ギリギリ下にあわせることができ、遠くまで光が届く。ハイビームは若干ムラがあるが使うのは、ほぼロービームだから不満は、少ない。取り付けで加工は要らなかった。
  •  

  • これまで中華の安物、サインハウスのエルリボン、IPFの3つを試したが中華以外は、ゴムパッキン無加工でいけた。大体が「本体+ヒートシンク部」がH4アダプタと別れる仕組みになってるのでライト部分をカウル毎に車体から外せばうまく取り付けられると思う。IPFのやつは、ヒートシンクが大きくてフロントインナーに接触した。少しインナーが歪むけど大きな問題ではない。
  •  

  • 光量を求めるなら6000k未満のHIDがいい。安いやつは、6000kからしかないから明るく感じても実際、あまり視界が良くない。
  •  

  • 色々調べてたらスフィアライトが良さそう。
  •  

  • この中華LEDヘッドライトを1年くらい使ってるけど結構いい。明るいし、ハイ・ロー切り替えも無問題ないし、2〜3千円で買える。これまで何の問題もなく使えてる。H4のLEDならこれで十分だし、H4LEDの中では、オススメ。
  •  

  • スフィアライトを店で薦めされて付けたが問題無く明るい。その店の人も付けてるらしい。
  •  

  • ライトがLEDではなくバルブ選び放題だから雨の日に安心だね。
  •  

  • 俺は、NIGHTEYEのH4を入れてる。
  •  

  • ノーマルハロゲンだけど走行5000km辺りからヘタリで光軸が上がってきてハイビームが使えなくなったので調整で下げた。
  •  

  • マジェスティSのテールランプをassy交換で19980円。
  •  

  • 電球のリヤウインカーの交換は、片側12321円。
  •  

  • スクーターのヘッドライト交換の工賃高いから下記のサイト見てやればできるよ。

    http://ameblo.jp/s15bli/entry-12076146356.html
    http://sat0223.blogspot.jp/2014/10/s.html


  •  

     

 

 

スクリーン

 

マジェスティS(JBK-SG28J)のスクリーンの口コミ

  • 高速走るならやっぱスクリーンを付けた方がいいね。追い越し車線を走ってたら風圧がきつい。90km/h出すと結構風圧がきつかった。
  •  

  • 高速道路での100km/h巡航の時の風は、そこそこキツイ。自分は、デイトナのウインドシールドHCがないと無理。
  •  

  • デイトナのウインドシールドHCだけど気づかないうちに前方のカウルこすってた。シールドの下の端にゴム状の物を付けとかないとダメだな 。
  •  

  • デイトナのウイングシールドssが現時点で第一候補。加工とかできないから加工不要でに取り付けられるのが魅力。デザインも悪くない。ただ、80km/h出したりしてみた後だとある程度大きいやつじゃないとだめかもって思った。
  •  

  • HCスクリーンは、純正ミラーより高さがあるからプロテクト効果は抜群。見た目ではボディマウントのスクリーンより劣ると思う。ワイズのはほとんど直立してるから高さはあるけどすきま風がお腹辺りに直撃するようで結構ボロクソに叩かれてる。
  •  

  • 穴を開けたくないのでデイトナにした。防風効果は、かなりある。低速でも確かに効いてる。ハンドルロックをした時の見た感じの違和感以外は満足。
  •  

  • デイトナの方がいいね。最初ワイズギアのスクリーンを付けたけどデイトナの方が良かった。でも高速での最高速は、落ちる。
  •  

  • デイトナのHCシールドは横から見た時は、良い感じだけど前から見たらかなり浮いて見える。
  •  

  • デイトナのHCスクリーン付けたらマジでセンタースタンドが使いにくくなる。跨った状態で解除する時に顔をぶつけそうになった。
  •  

  • ドラレコ替わりにカメラ付ける場合は、デイトナのスクリーンに付いてる22パイのバーを外向きに付けたらスクリーンの横に出せると思う。
  •  

  • デイトナのウインドシールドHCを取り付けたけど30〜40km/h程度でも体感温度が全然違う。評判通りすごくいいね。
  •  

  • デイトナのHCは、もうちょっと長くてもいいかな。
  •  

  • 身長180cmの胴長だけど自分もHCはもう5〜10cm長くてもいいような気がする。視界は、今がベストでスクリーンに被らなくていいけど防風的には、メットの上半分くらいの巻き込み風が気になったからもう少し高くてもいい。でも高速走ったらもう20cm高くてもいいと思った。
  •  

  • マジェスティSのセンスタは、少し上げにくい。スクリーン付けると解除する時に顔やヘルメットが当たりそうになる。
  •  

  • デイトナのスクリーンを付けて走ってみた。HCと悩んでSSにした。最も傾けた位置にセットしたらスクリーンの隙間は20mm位になったけどそこから風がほとんどこないからこれで問題ない。でも上の端が手前に来るから圧迫感がある。
  •  

  • デイトナのスクリーンを付けたら付けてない時の回転数に対しての速度と加速も少し良くなった。欲を言えば、あと少しロングの方が良かった。スクリーンから流れてくる風がヘルメットのシールド付近に当たって風切り音が気になる。
  •  

  • ワイズギアの大型スクリーンの形状はデイトナより自然な感じでいい。
  •  

  • ワイズギアの大型スクリーンは、角度調整ができないからデイトナの方が良いな。
  •  

  • デイトナのスクリーンは、角度調整できる分、走行中にきしみ音が気になる。まあ、許せるレベルだけど。
  •  

  • デイトナHC(SS)は、見た目で色々言われれてるけどウィンドプロテクト効果は高い。
  •  

  • ワイズのデカい方のスクリーンを付けた。俺には、丁度良い大きさだったけど人によっては大きく感じるかもしれない。防風効果は、かなり感じる。形状的にデイトナのやつよりワイズギアの方が好き。
  •  

  • デイトナスクリーンの良い所は、穴開け加工しないで風防効果が得られる点。ワイズのスクリーンもハンドルマウントだがこっちはスクリーンとボディの隙間がひろ過ぎて効果が半減。
  •  

  • マジェスティSにスクリーンは、必須だと思う。前が低いから風を受け過ぎる。セローから乗り換えたけど受ける風が凄くて驚いた。まあ、法定速度なら必要ないけど。
  •  

  • マジェスティSのデザインだったら防風性能は置いといてカウルマウントの方がスマート。
  •  

  • スクリーンを付ける時点でデザインより実用重視だから見た目は気にしなくていい。どれもかっこ良くないし。現時点では、デイトナのHCが一番効果的。
  •  

  • スクリーンがあると砂利トラックから落ちてくる小石の直撃を防げるからいい。
  •  

  • デイトナのHC付けてるけど冬は体感温度が段違い。あと雨の時にスクリーンの巻き込み風でヘルメットのシールドの水滴が吹き飛ばされて快適。
  •  

  • デイトナのSSは、そのまま付けると位置がイマイチだった。ステーに新しく穴あけて調整したらいい感じになった。
  •  

  • デイトナSSは、ミラーと同じ高さになるらしい。
  •  

  • デイトナシールドのSSを付けたが傾斜があるので上方と前方からの雨は避けられる。
  •  

  • スモークだからデイトナSSの方がいいな。
  •  

  • デイトナスクリーンSSを装着した。外見とハンドルが重くなったのが気になるけど機能性は抜群。それにしても、ワイズの奴は、かっこ悪いな。純正スクリーンよりはデイトナスクリーンの方が見た目も効果もコスパもいいと思う。
  •  

  • デイトナSSを買って不満があるならHCをスペアとして買えばいい。土台は、SSもHC共通みたいだし8000円以内で収まる。
  •  

  • マジェスティSは、ハンドルマウントだから駐車してる時は、見た目が変。走ってる時は、いいんだけどね。まあ多少見た目が悪くなっても快適性が大きくアップするからデイトナでもワイズでもスクリーンは、オススメ。
  •  

  • デイトナのシールドは、中速領域良いけど高速で最高速は落ちた。
  •  

  • デイトナスクリーンの場合、HC・SS共にスクリーンとの供締めでホルダーが取り付けられるバーが一緒に付いてくるから別途購入する必要がなくて嬉しい。
  •  

  • デイトナSSは、スモークでアクセントにはいいけど短い。防風効果を求めるならデイトナHCスクリーンの方がいい。ただしHC付けても座高の高さ次第でメットの半分くらいのところで風が巻くからその暁は、SSの方がいいと思うかもしれない。
  •  

  • 身長165cmでユーロスクリーン付けたけど、風が鼻から上に当たる感じ。下道ではあまり実感ない。でも高速走ると効果大。giviの大きいスクリーンでも良かったな。
  •  

  • ユーロタイプのスクリーンを20分程で取り付けられた。以外に簡単だった。大型メーターバイザーや超ショートスクリーンより風防効果はある。ただし、寒風をプロテクトとは、ほど遠い。
  •  

  • ユーロスクリーンをつけたがメットに当たる風切音が凄い。
  •  

  • ユーロスクリーンを購入したけど説明書に6mmのネジから8mmに切り直して取り付けないと保証しかねると書いてあった。
  •  

  • 東名使って箱根まで行ってきたけどユーロスクリーンは、殆ど役に立たなかった。
  •  

  • ユーロスクリーンは、高さは不足気味だけど外せばありがたみを感じるよ。でももうちょっと高さが欲しいよね。俺は頭を少し下げて乗ってる。
  •  

  • 台湾シールドを付けたけど寒くなってただの飾りだと気づいた。デイトナと風防性能が段違い。
  •  

  • 台湾シールドは、見た目だけ。ワイズの方が高いからまだ実用的。
  •  

  • デイトナのシールドは、走行中に結構ブレてる。あまりクリアランスが少ないと接触するよ。
  •  

  • ハンドルを交換しててノーマルより絞ってある場合、前後の長さがあわなくてスクリーン下部のクリアランスが取れない可能性がある。汎用ステー増設の供締めで形にはなると思うが振動でスクリーンがブレブレになって許せないレベルになるかも。
  •  

  • デイトナのシールドHCの取り付け

     

    エアロナックルバイザー+ウインドシールドSSセット品番91673

  •  

  • ユーロスクリーンのメリットは、車体マウントであることとスクリーンの取り外しがかなり簡単なこと。プラスドライバーだけで外せる。見た目は、デイトナのショートスモークの方が好き。ユーロスクリーンは、横から見ると変な形をしてる。スクリーンの高さがミラーの高さと同じなので防風効果は、そこそこある。
  •  

  • ユーロスクリーンのディメリットは、純正のぴかぴかのフロントパネルをチープな専用パネルに交換しなければいけないこと。あのフロント部分が気に入ってたのに。
  •  

  • ユーロスクリーンが人気だけど自分は、デイトナショートが好きだな。

    http://daytona-mc.jp/concept/majestyS_14/index.html#4

  •  

  • デイトナ・ショートスクリーンの見た目は、ユーロより断然いいね。
  •  

  • デイトナショートは、スモークだけしかないからどの車体色にしたかで組合わせの好みが分かれるそう。
  •  

  • ナックルガードが付けててもハンカバを付けられるけどユーロは、干渉して付けられない。
  •  

  • ユーロスクリーンが発売されてからバイク屋でスクリーンの比率を聞いたら

    ユーロ7 : デイトナ2 : ハンドルマウント1 : ミラーマウント0

  •  

  • ユーロスクリーンのデカイのも悪くないし、デイトナの可変もカクカクしてていい。この2つだったらどっちもカッコいいよ。
  •  

  • GIVIスクリーンは、カッコいいけど日本で販売してない。輸入代行を使ったら買える。
  •  

  • GIVIスクリーンをeBayで買ってPayPalで支払った。でも取り付けに純正ユーロスクリーンの取り付けステーが一式必要。海外サイトからステーの一個一個の部品番号を調べたが日本で単品で部品が出ないから結局ユーロスクリーンセットを買うことになる。giveスクリーン自体は、送料込みで13000円ぐらいだったと思う。既にユーロスクリーンがついてる人ならスクリーンについてるブーメランみたいなステーをgiveのスクリーンに付けてバイクに付けるだけ。ちなみにgiveのスクリーンをeBayで注文する場合、スクリーンとスペーサー・ボルトがセットのものを頼むこととノーマルのバックミラーでは、ハンドルを目一杯切るとスクリーンに当たる。当たらなくするためのステーがスペーサーボルトセットについて来るけどカッコ悪いから付けてない。giveのスクリーンの写真を見ればバックミラーがステーで左右にズレてるのがわかる。
  •  

  • デイトナ→ユーロ→デイトナ戻り。ユーロは、すきま風が多くてスクリーンの意味無い。一度デイトナHCを使えばやめられないよ。GIVIも興味あるけど大きすぎるかな。
  •  

  • 俺は、ユーロでもハンドルマウントでもそんなに変わらない気がする。強いて言えばデイトナHCの面積が大きいから振られてる気がすることがある。前や横より後ろから押される感じ。
  •  

  • ウィンドシールドフレームマウントとデイトナのウインドシールドHCで迷ってる。ウィンドシールドフレームマウントは、見た目は、いいけどメットにかなり風圧があって疲れるって言う人もいる。スクリーンとしての効果は、デイトナのウインドシールドHCがあるみたいだが。
  •  

  • スクリーンを買って付けたけどスクリーンの穴の位置がそのまま利用できる。ユーロスクリーンにわずかに干渉するからストーブで炙って曲げたら問題が解決した。
  •  

  • ユーロスクリーンは、スクリーン上端がミラーの高さ。身長175cmで口元から下に風が当たらない。夏に高速を走った時、メットのシールドに虫があまり付いてなかったから、実際の流れはヘルメット・シールドの上あたりかな。ちなみに高速では、風圧から逃げようと猫背になって頭を下げてる。高速をあまり走らないならユーロで良いかも。デイトナHCは、ユーロより安いけど「HCはやめとけ」という人が多いし。
  •  

  • スクリーンは、簡単に付けられるよ。必要工具を買っても自分でやった方が安いくらいでしょ。
  •  

  • ユーロスクリーンは、全く役に立たないわけじゃない。外して高速を走るとモロに風圧感じるからそれなりに効果はある。バイク屋にデイトナのスクリーンに交換しようか相談したら「デイトナは車体と干渉しないように取り付けたら、車体とのクリアランスが大きく取るので、ユーロと大きな差は、体感できないかも。」と言われた。
  •  

  • デイトナHCロングの場合、前傾姿勢でスクリーンに入れる。虫が多い場所や雨が降ってきた時、一瞬でスクリーンに入れる点は、メリット。デイトナのスタイルは微妙だと思うけど下駄として割り切ってるからロングをおすすめしとく。ユーロは、剛性感とかスタイルは好きなんだけどね。
  •  

  • デイトナSSを付けた時、シールドを立てると下が当たってダメだった。
  •  

  • デイトナSSは、少し寝かし気味にセットする必要がある。段差の振動で干渉することがあった。
  •  

  • デイトナSSで干渉したらハンドルバーとブレーキホルダー取り付け部分が左右と回転方向で動くのでそれで調整したらいい。ハンドルバーに位置決めのポンチマークがあるので標準位置をブレーキホルダーの切れ目にあわせる。そこから自分の好みにあわせて中央寄せにしたり、レバーを下げたりする。自分は、ブレーキレバーをできるだけ外側で握りたかったからホルダーは、ギリギリまで中央寄せにしてる。さらにオフ車に乗ってたから肘が上がったスタイルでレバーは、かなり下を向いた位置にある。デイトナSSは、この状態でかなり立ってるから自分で金具に穴を開けて寝かしてる。
  •  

  • 車体色が白の人は、デイトナssのスモークは、やめた方がいい。友達が白にスモークをつけたけど、どうも色が合わなくてすぐ外してた。黒と赤には、合うね。
  •  

  • デイトナの防風のステーは、頑丈そう。キジマのやつは、一応金属っぽいがネジ部分の穴周りが割れた。切断面を見たら白いものが見える。ステンレスかな?
  •  

  • キジマのバックミラーに取り付けタイプのスクリーンを付けて1年もたずにステーが割れた。デイトナでもステー割れがあるみたいだからミラー取り付けタイプは、やめた方がいいかもね。
  •  

  • ユーロ取り付けてみたけどやっぱり小さいね。予想以上に低かった。一応効果は、あるが人によっては、こんなもんかと思う人もいそう。同梱のマットタイプのバイザーは、クリアすら吹いてない安物でいまいちだな。スクリーン本体を固定するプラスチック製のビスは、強度が不安だからステンレスのロングに替えた。一応純正品だからそれなりの品質は確保してる。買っても損は、しないかも。
  •  

  • ユーロのボルトは、脆性破壊防止のためのヒューズだよ。ちゃんと考えてあの微妙なもろさにしてるんだからステンレスにしたらダメでしょ。
  •  

  • 自分もユーロスクリーンのボルトは、スチールに交換したよ。もちろんスクリーンやステーを傷めないためのヒューズって知ってたけど強く締めた時にプラボルトの頭を舐めてしまった。ちなみにやや厚みのある硬質ラバーのワッシャーとスチールワッシャーを使って1年半くらい経過したけど今のところ異常無し。
  •  

  • ユーロ装着して走ってきた。上半身全体に受けて風が肩から上へ整流されて、顎下から吹き上がる不快な風がそよ風レベルになった。シールドのくもりが自然に取れないくらいヘルメットの頭頂部にも風が綺麗に抜けるようになったから頭頂部のエアインテークが効果を発揮して頭が寒い。無理やり出してた100km/hを簡単に出せるようになった。でも空力が良くなった分、減速する時にブレーキを強めにかけなければいけなくなった。値段が高いから不安だったけど予想以上に効果が得られたから満足。あと俺は、ヘルメットにかかる風圧や風切り音は、気にならなかったけど人によって違うかもしれないから参考程度にしといて。
  •  

  • 半年デイトナHCを付けて、その後ユーロに付け替えた。風防効果は、当然デイトナの方があったが見た目が。。。結局、ユーロスクリーンとデイトナのステイを利用して原付用のスクリーンをつけた。カッコ悪くても寒さに耐えきれなかった。ちなみにこのスクリーン
  •  

  • アマゾンで買ったユーロを付けて走ってみたけど空力が良くなったせいか風をまともに受けないせいか、前より速度出ても違和感無かった。トラックの後ろについて無風で進む感じかな。つけて良かった。
  •  

  • これが通称「ユーロスクリーン」。欧州仕様のマジェスティSは、標準装着だからこう呼ばれてる。日本での正式名称は、「ウインドシールドフレームマウント」。2014年までのモデルは、基本装着不可とされてる。ネジのサイズが違うからマイナーチェンジ前のモデルには装着不可だけど加工すれば装着できるらしい。ステーを取り付けるための車体側のネジ穴がM6だから付属のM8ボルトが使えない。俺は、ホームセンターでM6(15mm)のボルトを買って取り付けた。強度は、M8に対してM6は、2/3位だが引っ張り荷重は、それほど掛からないから多分大丈夫。
  •  

  • マジェスティS用ウインドシールドフレームマウント買ったけど雑な説明書のせいでパーツ数もたいしたこと無いのに頭を悩ませた。ページが足りないのかと思って箱の中を探してしまった。
  •  

  • 実質ユーロ一択でしょ。今更、HCは、買わないわ。GIVIは、ユーロありきで考える必要があるし。
  •  

  • ユーロ付けたけど風来ないし、燃費も良くなったぞ。
  •  

  • 冬は、防風が防寒と思ってる。デイトナHCは、スタイルとバタツキだけを不満があるけど冬と急に小雨が降ってきた時はh,最高だと思う。でもダサくて外したくなったけど。ユーロは、高速の長い下り坂で125km/h以上出すとノーマルと比べてふらつく感じがした。デイトナは118km/hあたりが限界。
  •  

  • 見た目は、捨てて冬と雨の実用性重視ならデイトナHC。スタイルと安定感なら純正ユーロ。周りから何も考えてないなと思われたいならデイトナSS。初期型の古い奴かと思われたいなら台湾純正。販売店のサービスで貰ったの?って思われたいなら国内純正ハンドルマウント。頑張ったね。金かけたんだね。で元取れてる?って思われたいならGIVI。
  •  

  • 防風で選べばデイトナ。デザインと品質で選べばユーロ。この2択だね。他はゴミでデイトナSSは、やめた方がいい。
  •  

  • デイトナHCを付けてダッシュボード(メーターパネル)をかなり溶かした。
  •  

  • 説明書に日光で溶けるから注意と書いてある。「ウインドシールドは、太陽光を直接当てると小さな領域に集光する光学的特性があり、車体の他の部分に損傷を与える場合があります。直射日光が当たった状態で駐停車しないようにしてください。」
  •  

  • GIVIスクリーンは、ユーロ(フレームマウント)がないと取り付けできない。無い人は、まずユーロを購入して土台だけを取り替えてからGIVIスクリーン取り付けないといけない。
  •  

  • フロントの構造的がコンパクトなマジェスティSは、普通にスマートにスクリーンが 付けられない。だからユーロやgiviのスクリーンみたいに少しいびつになってしまう。自分は、デイトナHCを付けてるけどこれが機能的にもとても良いと思う。HCの見た目でボディマウントできたらベストだけど。ハンドルの干渉とかでgiviみたいにギザギザにしなければいけないでしょ。
  •  

  • ユーロスクリーンは、ヤマハ純正品ウインドシールドフレームマウント(Q5K-YSK-080-R05)のこと。KAPPAとGIVIのスクリーンは同じでおそらくOEM製品。KAPPAとGIVIは、どっちもウインドシールドフレームマウントの取り付け用ステー一式が必要。付けたかったらウインドシールドフレームマウントが必須だから実質約27000円以上払うことになる。
  •  

  • 要は、「GIVI or KAPPA」のロングスクリーンをつけるなら「ユーロスクリーン」と「GIVI or KAPPA」のロングスクリーンの両方を買わなければいけないということでしょ。ヨーロッパで販売してるSMAX(125)は、標準でユーロスクリーンがついてるからマウントは、そのままでスクリーンだけ買えばいいけど日本ではスクリーンはオプションだし。
  •  

  • KAPPAのスクリーン付けたらユーロスクリーンが余った。
  •  

  • 季節によってロングスクリーンと短いユーロスクリーンとスクリーン無しで使い分ければいい。
  •  

  • GIVIのスクリーン付けたけど夏にも余っているユーロスクリーンに戻す気は、しないな。付け替えるのが面倒くさいのもあるけど、少しでも受ける風圧減らしたい。
  •  

  • GIVIスクリーン、リアボックス無しでバイクカバーは、これ使ってるけど長さ以外はちょうどいい。長さは結構余るから風で飛ばされやすい。風が吹く場所に止めるならゴム紐で縛っといたほうがいい。ちなみにこっちも持ってるけどスクリーンの高さがどうこうより長さがピチピチだった。
  •  

  • 確認だけどgiveのスクリーンを取り付けるならステー等は、純正シールドを買わないと付けられない。give自体に取付キットが付いてないから。
  •  

  • カッパスクリーンを付ける時の流れ。

    1.ユーロスクリーンをAmazonや楽天で購入する。これが17000円くらい。
    2.2121DTと2121DT取り付けキットをウェビックで購入する。これが9000円くらい。
    3.ユーロスクリーンのベースステーだけを使い、カッパスクリーンを付ける。
    4.ユーロスクリーンは、押し入れにしまう。
    ●必要な物
    ユーロスクリーン
    アタッチメント
    カッパスクリーン

  •  

  • GIVIとKAPPAは、買ってもスクリーンだけしか入ってない。だからユーロユクリーンを買ってそのステーを使う必要がある。
  •  

  • ユーロスクリーンだけで十分でしょ。カッパスクリーンは、金がかかりすぎる。
  •  

  • ユーロスクリーンを装着したら胸元に当たる風は、少し気になるけど思ってたより効果ある。
  •  

  • kappa付けたけど多少の雨でも体が濡れないから便利。
  •  

  • ワイズギアが各種用品メーカーの代理店となってて、YSPは、ワイズギアを通して仕入れる。KAPPA商品は以前アクティブが輸入代理店だった。だからアクテイブとワイズギアは、今でも契約があるためアクテイブ商品は取寄せできるけど数年前にアクテイブがKAPPAの輸入代理店をやめたため、ワイズギア経由の仕入れはできない。YSPが別ルートの仕入れルートあれば別だけど。確かKAPPAは、並行輸入品ばっかりで正規輸入代理店はないと思う。
  •  

  • GIVIとKAPPAのスクリーンは、今は、日本に正規品という形で販売してないみたい。だから自分でebayや海外通販サイトなどで購入するか、輸入パーツの取り寄せをしてる日本の業者から買うかの2択。日本の業者は、届いたパーツに不備があっても対応してくれるけど少しだけ割高だし、注文してから届くまでに1ヶ月半〜2ヶ月ぐらいかかる。海外通販サイトの方が届くのは、早いけど何か不備があった時、自分で英語で対応しなきゃいけない。
  •  

  • ユーロスクリーンのステーは、凄くゴツイな。
  •  

  • ユーロスクリーンを洗ったら洗車傷が付いてギラギラになった。
  •  

  • ユーロスクリーンは、車体から外して柔らかいスポンジで洗ってる。外して洗うと傷つきにくいよ。プラスドライバー1本でスクリーンだけを簡単に外せるから。
  •  

  • ユーロスクリーンの取り付けは、凄く簡単。商品が届いて20分でバイクに装着できた。
  •  

  • KAPPAのスクリーンの取り付けは、すでにワイズギアのユーロスクリーンが取り付けてあるなら、スクリーン付け替えて、ミラーの取り付け位置を変更するステーを取り付けるだけ。工具を触ったこと無い人は、難しいと思う。説明書には、ほとんどがイラストが書いてあるだけで文字の説明は、全く無い。
  •  

  • D2121KIT - KD2121KITの説明書(3.3Mb)

    http://static.rad.eu/techspecs/49104_2319.pdf
    10mmのスパナと6mmの六角レンチがあればできる。スペーサーを挟んでゴム付きボルトを止めるのに苦戦した。ボルトの長さが止めた時にジャストサイズの長さになってるのでゴムを強く押し込まないとハマらない。そうしてる間に他のステーが抜けたりして大変だった。あと5mm、ボルトが長かったら簡単にできそうだから次に外す時、交換しようと思う。

  •  

  • スペーサーを噛ませてのボルト止めは、大変だよね。下側2箇所のネジ長さがピチピチでなかなかうまくできないからスクリーンベースを車体から外してから作業したら何とか取り付けできた。あとミラーの位置決めがしっくりこなくて何回も調整した。
  •  

     

 

 

マフラー

 

マジェスティS(JBK-SG28J)のマフラーの口コミ

     

  • 限定カラーの黄色に乗ってる。冬になるとエンジンの掛かりがかなり悪かったけどパクラのマフラーに交換したらどんな寒い日でも一発始動になった。嬉しい誤算。でも爆音マフラーだから自分でマフラーの内側に液状ガスケット塗ってグラスウール詰め込んで消音化した。
  •  

  • マフラー替えて性能は上がらない。エンジンの熱を逃がすか軽量化くらいしかない。
  •  

  • マフラーは、RPM付けてる。音、サイズともに控え目で気に入ってる。
  •  

  • ヨシムラのデザインは気に入ってるけど音が野太過ぎて響き渡るのがね。
  •  

  • 社外製マフラーのRPMに交換しようと思ってネットで調べたらO2センサーのカプラーは、外しにくいって書いてあった。
  •  

  • カプラーは、シート前方の下の方にある。シートをボックスごと外して、シート前方のカバーを外したら手が届く。カプラーは、ロックが少し分かりにくいからやりやすいようにした方がいい。
  •  

  • O2センサのカプラーのつまみ(ツメ)は、押すのではなく、手前に(上に)持ち上げて解除するタイプ。自分は、ツメを持ち上げて線を軽くプライヤーで引っ張って抜いた。シートを外すだけでできるから簡単。ただし、マフラーによっては、ラジエーターホースを逃がすためにホースクランプを曲げる必要もある。シート前側のカバーも外しといた方が楽かも。エキパイとラジエーターホースのクリアランスには、十分注意した方がいい。
  •  

  • オークションで新車外しの純正マフラーは2000円で売ってた。純正マフラーを新品で買うと4万円する。
  •  

  • マフラーは、BEAMS付けてるけど煩さ過ぎなくて、丁度いい音質だからオススメできる。
  •  

  • ノーマルは、見た目がもっさりしててイマイチなんだよな。
  •  

  • マフラー交換する理由は、単純に見た目がカッコイイから。最初は、純正マフラーと同等の音量が良いと思ってたけど、少し音量があった方が車や歩行者に気づいてもらえて安全。
  •  

  • ノーマルが一番でしょ。静かでトルクあって、DQNに見えないし、盗難の心配もしなくていい。
  •  

  • ヨシムラは、煩すぎるね。見た目だけ欲しいからもう少し静かに作って欲しかった。
  •  

  • 排気量を上げて、ストレート構造やビッグスロボとか使えば、マフラーの性能差がわかる。でもEFIスクーターでポン付けでは、何も変わらないよ。まあ、見た目や音が気になる人は、替えればいいけど。
  •  

 

 

バッテリー

 

バッテリー型式:GT7B-4
バッテリー容量:12 V, 6.5 Ah (10 HR)

 

 

マジェスティS(JBK-SG28J)のバッテリーの口コミ

  • 2年でバッテリーが突然死した。充電してみたけど翌日にはもうセル回らなかった。
  •  

  • 自分の2年でいきなりキュルキュルってなって交換することになった。
  •  

 

 

 

ハンドル

ハンドル切れ角(左):45.0 度
ハンドル切れ角(右):45.0 度

 

マジェスティS(JBK-SG28J)のハンドルの口コミ

  • ハンドル溶接してあるのだけはいただけない。ハンドル交換するためだけにブラケット交換するのは手間だし、金もかかる。なぜあんな造りにしてるんだろう?
  •  

  • bw’sの純正ハンドルが少しの加工でつくみたい。部品代で1万円前後だったと思う。
  •  

  • ハンドルをステムに固定する部分が少しズレるようになってる。取り付けの都合上若干隙間があってハンドルどちらかが気持ち手前にあったり、若干ズレたままの車両も多い。自分で調整したければハンドル中央のカウル内にハンドルを固定しているナットとボルトがあるからハンドル上のカバーやメーター部分をかわしてそのボルトナットを緩めれば少しだけハンドルが動かせる。
  •  

 

 

キャリア・トップボックス

 

マジェスティS(JBK-SG28J)のキャリア・トップボックスの口コミ

  • コンパクトと言われてるけどボリュームがある。リアの高さも結構あって、キャリアとリアボックスを付けたらリアボックスを覗き込むような使い方になる。
  •  

  • トップボックスは、GIVI35Lの使ってる。
  •  

  • リアボックス付ける程ではないからマルチウイングキャリアにRR9025を付けてる。
  •  

  • SH40 cargoを付けた。幅的にもピッタリで気に入ってる。
  •  

  • ボックスは、運転が上手くないならば30L。運転が上手いなら48Lでいいと思う。ジグザグすり抜けは、ボックスが大きいとあたるからやりにくい。
  •  

  • giviの箱にgivi純正のソフトクッションを付けてる。ツーリングの時、後ろの人は快適みたい。
  •  

  • 純正キャリアにGIVIの37Lの箱を付けた。
  •  

  • 箱付けたけどちょっと後悔。大き過ぎると不格好だと思って30Lにしたけど実際使うともう少しデカイ方がよかった。
  •  

  • SH40は、幅がピッタリで四角いからガッツリ物が入るし、サイズ的にもいい。デザインや色使いがマジェスティSに合ってるから気に入ってる。
  •  

  • SH40は、パンパンに詰めた買い物袋が3〜4個入るよ。
  •  

  • SHAD付けたけど純正キャリアの穴のピッチにあうのでポン付けできる。ベース底の4箇所のボルトの内、前2箇所は、ステーすら不要。
  •  

  • SH40の箱の上の台は、オプション単体でも買えるけどセットになった「SH40cargo」を買った方が安い。荷台として使ったことは、ないけど停めた時にカバンやメガネをちょっと置く時に便利。
  •  

  • 箱は、35L付けてるけど重い物乗せたらハンドルがブレ始める。
  •  

  • 俺のは、空のGIVIの37Lでもハンドルが少しブレる。
  •  

  • スライドキャリアをつけて60リットル位のデカイ箱付けたら足元のフロアなんか全然使わないよ。後ろにはみ出してる普通の箱より見た目がいいよ。
  •  

  • SH40のベースプレートは、無加工で前の2つのボルトはそのまま、後の2つのボルトは、付属ステーを使って装着出来た。SH45は、SH40と同じD1B40PAというベースプレートを使用しているから大丈夫。
  •  

  • SH40は、家で見たらデカく見えるけど取り付けたら丁度良い感じ。ボルトナットは、半年ぐらいで錆びるからステンレスにした方がいいかも。SH40の幅は、ハンドル幅よりも若干狭めだからすり抜けしても箱は当たらない。
  •  

  • SHADをつけてるのを見かけると安いのつけてるって思ってしまう。
  •  

  • GIVIの47Lを付けてる。タンデムする機会が多いから嫁のメットとジャケットを常時入れてる。すり抜けは、問題無いが高速走ってる時に横風で振られる感じがある。
  •  

  • SH40とSH45は、価格が変わらないから悩んだ。直線的なデザインがマジェスティSにあうと思ってSH40を買った。上のフタが平らでそこにものが置けるから便利だし、フルフェイスが余裕で入るし、買い物してもスーパーの袋が3〜4袋入るし、ピザのLサイズ入るから満足。
  •  

  • 車体のとバランスを見るとSH33がベターかな?SH40だとリアが貧相に見える。
  •  

 

 

シガーソケット

 

マジェスティS(JBK-SG28J)のシガーソケットの口コミ

     

  • フロントカバー内のカプラーから2-3連シガソケを取り付けた。
  •  

  • アクセサリー電源の分岐は、ヒューズボックス分岐とグリップヒーター電源分岐だとグリップヒーター用電源から取った方が圧倒的に楽。バイク用機器は、バッ直する程、大電力を消費するものじゃないし。
  •  

     

 

 

グリップヒーター

 

マジェスティS(JBK-SG28J)のグリップヒーターの口コミ

     

  • グリップヒーターは、MAXより一段あるいは二段下げたぐらいで使った状態で13.5Vくらい。ライトオフで14V以上。
  •  

  • 電熱ジャケットとパンツにグリヒとハンドルカバーをつけてる。電熱のケーブルは、バッテリー直でバイクのハーネスと一緒に後ろに逃がしてリアスポイラー固定部からケーブルを出してる。発電容量は、わからないがグリヒとジャケットとパンツを同時に使ってウインカーを出したら電圧計が12.8VぐらいでLED化したヘッドライトが暗くなったり明るくなったりしてチカチカする。グリヒは、エンデュランスの電圧計付きで電圧が落ちたらヒーターカットするか、ある程度マニュアルで設定できるタイプで取り敢えず13Vに設定してる。電熱ジャケットとパンツは、ヒーテックでハンドルに無線リモコンを付けてるので走行中は、強で信号待ちでウインカー出す時は、弱みたいに調整しながら乗ってる。
  •  

 

 

バイクカバー

 

マジェスティS(JBK-SG28J)のバイクカバーの口コミ

     

  • バイクカバーは、ワイズのミドルスクーター用がピッタリだった。俺は、デイトナHCスクリーンと後ろにGIVIBOX用ベース+キャリアを付けて箱は、毎回取り外してる。スクリーンを付けてるとギリギリで被せ方にコツがいるけどワイズのバイクカバーは、その辺で売ってる安いやつと値段変わらないのに品質が数倍良いからおすすめできる。
  •  

  • 自分は、箱無しだから「ヤマハ(YAMAHA) バイクカバーEタイプ ミドルスクーター」を使ってる。箱有りの人は、「ヤマハ(YAMAHA) バイクカバーEタイプ ミドルスクーターBOX装着車」。HCとかSSのスクリーン付きでも使えるのかは知らない。
  •  

  • コーナンで買った1300円くらいのバイクカバー使ってたけど半年もしない内に雨漏れするようになった。
  •  

 

 

メンテナンス

 

マジェスティS(JBK-SG28J)のメンテナンスの口コミ

  • 走行距離15000kmだけどブレーキパッドまだまだある。
  •  

  • 23000kmでベルト交換したけど変えたらすごく良くなった。
  •  

  • 3000km毎にオイル交換。30000km毎にベルト交換。50000kmでエアクリ交換。60000kmでクラッチ交換 。
  •  

  • フィルタは「エアクリーナー」と「Vベルトフィルタ」の2つあって取扱説明書によるとどっちも2万kmで交換するらしい。
  •  

  • 20000kmまでに交換した方がいいものは、ベルト・タイヤ・ブレーキパッド・エアーフィルター・プラグ・クラッチ・プーリー・WR。さしあたっては、こんなものかな?
  •  

  • Vベルトは、結構持つね。もう3万km超えた。
  •  

  • ベルトは、エアクリ並みに簡単に交換できるし、2万kmで変える方が安心。
  •  

  • これまでのマジェスティSの維持費を計算した。
    任意保険代:30000円(1年) 。
    ガンリソ代:40000円(8000km/年)。
    オイル代:2000円(工賃込み/1回)。
    リアタイヤ代:12000円(工賃込み/15000kmで交換)。
    フロントブレーキ代:4000円(工賃込み/9000kmで交換)。

  •  

  • 現在、走行距離15000kmでの消耗品 。
    ベルト 未交換 。
    エアクリーナーエレメント 12500km 。
    Fタイヤ 未交換 。
    Rタイヤ 7500Km 。
    Fブレーキ 未交換 。
    Rブレーキ 未交換 。

  •  

  • 1万kmくらい走るとブレーキパッド、ブレーキフルード、エアフィルタ、ギヤオイル、タイヤが一気に交換対象になってくる。
  •  

  • サービスマニュアルに書いてあるブレーキパッドの限界値は、1mm。俺は、1万kmで交換した。交換方法は「マジェスティS パッド交換」でググればいい。
  •  

  • 9000km位でフロントのブレーキが鳴き始めたがバイク屋に見てもらったらまだ大丈夫と言われた。ブレーキパッドは、乗り方次第で減り方が結構変わるね。
  •  

  • フォークオイルは、本来交換した方がいいものだけど交換しなくても動作不能にならないから交換してない人も多いと思う。オイルが劣化してくるとダンピングが無くなってポヨンポヨンするようになるからそうなったら交換してみたらいい。俺は、1万kmで交換したけどオイルがドブみたいな液体になってた。でも交換は、かなり面倒。フォークトップがクリップ留めで外すのに苦労する。
  •  

  • 初期消耗品の交換時期(第5版)
    【タイヤ系】
    前  輪 :1.8万km
    後  輪 :1.3万km
    【電装系】
    ヘッドライト  :4000時間
    ウインカ    :電球(S25ピン角150°)
    リアランプ   :30年 LED
    スパークプラグ :1万km
    プラグキャップ :3万km(通常はケーブルも同時交換)
    メーターライト :30年 2016年型はLED/2015年型はLED/2014年型は4000時間
    バッテリー   :2万km(リチウム搭載モデルは5000時間)
    【その他】
    エアクリーナ :2万km(大気が汚濁気味の都市部では1万km)
    ギヤ オイル  :2万km
    プーリー   :3万km(通常はプーリーとベルトの同時交換)

    Vベルト    :3万km(通常はプーリーとベルトの同時交換)

  •  

  • フォーク裏のパネルの+ビスがほとんど全て緩んでた。振動が少ないバイクなのに。定期的にチェックしなければ脱落しそう。
  •  

  • メンテを全部自分でやったらこんな感じ。オイル交換が2000km毎。プレミアムシンセを入れて1回1000円で1年で約1万円。フィルター類を1万km毎に交換して5000円。タイヤ交換は、ケンダなら1万km以内に交換で約2〜3万円。ブレーキパッドの交換が1.5万kmで前後約6000円。ブレーキフルードは使い方次第だけど都内なら5000kmぐらいで交換で約1000円。ベルトやプーリーウエイトは、3万kmで交換で約5000円。あとは、工具類がトルクレンチまで入れたら約2万円。
  •  

  • メンテナンスは、自分でやれば、オイル交換が3000km毎で4Lで2240円なら一回当たり560円。フィルター交換は、1800円+2300円。ブレーキパッドは、各1800円。タイヤは、前後ミシュランに交換して各5200円+ビードクリーム750円。ブレーキフルードは、700円。でも一回当たり1/2以下の価格。ベルトとプーリーは、やったことないからわからない。
  •  

     

 

 

 

その他の装備

 

ワンタッチでオープンする、折りたたみ式タンデムステップを採用。
鍵穴へのイタズラや盗難を抑止するキーシャッターを採用。

 

マジェスティS(JBK-SG28J)のタンデムステップの口コミ

  • たまにタンデムステップが戻らなくてイラッとする。
  •  

  • 勢い良く戻すと戻らないことがある。普通にやさしく戻したら何の問題もない。
  •  

 

 

マジェスティS(JBK-SG28J)のパーキングブレーキの口コミ

     

  • 納車と同時に1.5万円でDREAMER MOTORのアジャスタブルパーキングレバーを付けた。でも左右でハンドルとの距離が結構違う。左が遠くて、右が近い。アジャスターで1〜2ポイントぐらい。バイク屋の話では、左右で作りが違うと言われたけどそんなもんかな?
  •  

  • 俺は、1年前に「これを買った。左右同じレバーストロークにするには、アジャスタの位置で2〜3ポイント分違う。安いからそういうもんと思ってるし、レバーロックがちゃんと機能してるから満足。
  •  

 

 

リコール

 

マジェスティSのリコールの口コミ

  • リコール対象車かは、車体番号とこのページを見れば分かる。
  •  

  • メーカーの発表では、車速センサーのリコールは、「最悪の場合、断線して速度計が作動しなくなるおそれがある。」としか書いてない。
  •  

  • 問題は、メーターに速度が表示されなくなるだけじゃなく、ECUがメーターが0なのに エンジンが回ってて異常と判断してエンジンを回らんように制御してしまうこと。
  • 俺は、初期型なんでシリンダーとスピードセンサーの両方だった。先月シリンダーの方は、自腹で修理したけど返金してくれるみたい。
  •  

 

 

その他の口コミ

 

     

  • マジェスティSは、1台だけでいろんなことができる本当に良いバイク。通勤やツーリングや高速走行。買い物でも灯油の買い出しやミネラルウォーター2Lを箱買いしてもステップに積んで帰れるからかなり便利。
  •  

  • マジェスティSの良い所は、このクラスでかなり速いこと。悪い所は、シートがやっつけ仕事でサスが固い。でも乗ってたらへたってくるのかよくなるらしい。燃費とか気にせずにスピード出すのが好きな人に向いてる。
  •  

  • 駐車場の関係で1台にまとめるならマジェスティSしかない。狭いけどフラットフロアがあるからカバンや買い物袋が置けるから普段使ってて困らない。これ1台で大体のことは、なんとかなる。
  •  

  • 俺のマジェSは、異音多い。スロットルを戻した時にモモモーってしたり、6000回転ぐらいからビイイインって金属音がしたりする。気になったけどそれが個性と思って諦めた。
  •  

  • 日本の軽二輪でのバイクオブジイヤー2014がマジェスティS。
  •  

  • アドレス125からマジェスティSに乗り換えた。ほぼ満足だけど任意保険の値段と駐輪場の原付2種までの制限がつらい。
  •  

  • 発売してすぐマジェスティSを買ったが駐車場所の問題が出てきた。大きい駅なら125以上も可の駐輪場があるけど地元の駅前に買い物に行った時、どこに停めればいいの状態になった。
  •  

  • マルチウイングキャリアを付けた。色が黒いので引きしまる感じ。単なるパイプになりスッキリしてるから握りやすい。センスタもかけやすくなった気がする。板は、見た目より軽かった。ラバーマットというオプションがあるみたい。
  •  

  • Fアッパーカウルを外すには、ヘットライトユニットごと一端外す必要がある。裏にネジがある。
  •  

  • マジェスティSにすればダサいピンクナンバーを付けなくて済む。
  •  

  • キーを1個紛失した。複製高いし、その辺の鍵屋に頼むとシャッター使えなくなるし。
  •  

  • 俺も鍵無くしたけどヤフオクで買ったぞ。あわせるのが少し焦れったいけど普通に使える。
  •  

  • 155ccと250ccが税金や保険料が同じと思うと少し損した気分になる
  •  

  • サイドスタンドしてたのに台風でマジェスティSが倒れてた傷だらけになってた。
  •  

  • 現在マジェスティSのライバル車種は、国産3社にはない。よくPCXと比較されるけどフラットステップではないから同じカテゴリーの車種とは言えない。ライバルを挙げたらKYMCOKYMCOレーシングキング、SYM のファイター 、ピアッジオのベスパ。。
  •  

  • マジェスティSは、155ccだから保険料が125ccと比べて倍以上高くなる。
  •  

  • 駐輪場が原付二種までという事が多いから場所によって駐車場に困る。
  •  

  • 原付二種で大きい方のシグナスより更に一回り大きいから原付と言ってマンションの駐輪場に置くのは、厳しいと思うよ。マジェスティSと同じ位のホイールベースと全長の大型もあるし。
  •  

  • 原付二種と似たような値段にしては造りが良いのは間違いない。車重が重いから加速の時の足かせになってるけどクルーズ能力は低くないので満足度は高い。
  •  

  • 250のビグスクからの乗り換えたが出足は、ほとんど同じ。取り回しが楽だから気軽にコンビニ行けるね。でも長距離はきつかった。

  •  

  • マジェスティSの不満な所は、ハザードが無い。パーキングブレーキが無い。キルスイッチが無い。タンク容量が小さい。ローダウンを前提とした短いサイドスタンドをやめて欲しい。リアショックアブソーバの調整ができない。ヘッドライトをHIDかLEDにしてほしい。右側ミラーのネジを正ネジにして欲しい。
  •  

  • 何でも程良く中途半端なところがマジェスティSの良い所。どんな用途にもそこそこの使い易さを発揮する。
  •  

  • シグナスからマジェスティSに乗り換えだけどパワーと安定感がかなり違う。タンデムする人なら更にオススメできる。
  •  

  • マジェスティSにかかる税金は、155ccだから重量税は購入時のみ支払っている。あとは、毎年払う軽自動車税。4月1日時点での名義人に5月辺りに送られてくる。
  •  

  • 150は125と比べて保険が高いから嫌。
  •  

  • リード110からマジェSに乗り換えた。リード110は、最高速が83km/hだったけどマジェSは、120km/h出るから不満がない。顔は、ブサイクだがテールがカッコ良くて所有感があっていいね。原付二種は、剛性が低いし、耐久性も低いし、走らない止まらないだからマジェSを買って良かった。
  •  

  • 125から乗り換えてマジェSにしたけど通勤15kmがかなり快適になった。走行中の加速がかなり楽。通勤で使うにはベストだと思うよ。
  •  

  • 俺は、マジェSにしてちょっと後悔してる。駅前の駐輪場が125ccまでだから150ccなのに大きいバイクと同じ駐輪場になって空きも少ないし、駐輪代が高くなった。高速に乗れるけど走ってて余裕無いし、軽自動車よりキツイ。
  •  

  • 転倒したらシート下辺りにある傾斜センサーが転倒を感知してECUがエンジンを停止する命令を出す。そのままでは、エンジンが掛からないようになってるから一旦スイッチを切って異常が無いか確認した後、スイッチを入れて、エンジンチェックランプが点灯して無ければエンジンが掛かる。もしエンジンチェックランプが点灯していたらどこか異常があるからエンジンが掛からない。
  •  

  • スカイウェイブからマジェスティSに乗り換えた。乗り換えでメットイン容量が小さくなるから悩んでたけど実際は、足元がフラットだからスカイウェイブ以上に使い勝手が良くなってパニアケースを付けないまま2年くらい経った。
  •  

  • ミツバサンコーワのMSC-BE51は、メットインに付けて12000円、ステー1300円だった。
  •  

  • 某バイク用品店にマジェスティSにミツバサンコーワのMSC-BE51の本体をメットインに取り付けるといくらか聞いたら、本体をコンソールボックスに取り付ける場合は12000円。メットインなら約19000円と言われた。結局、工賃12500円、ステー500円という店で付けた。
  •  

  • 慣らしについては、取扱説明書に1000kmまでは5700回転以下で走るようにって書いてあった。
  •  

  • 1台持ちのバイクで使うならマジェスティSは、最高のオールラウンダー。
  •  

  • マジェスティSは、キックがないけど完全にバッテリーが放電したらキックでも掛からないから必要ない。まあ、完全に放電し切って無いならキックでかかるんだけどね。
  •  

  • マジェスティSは、アドレス110並みの車体サイズだけどアドレス110より高いフレーム剛性や豪華な足回りでアドレス110の上位互換って感じかな。
  •  

  • マジェスティSの不満は、タンクの容量、シートの段差の位置、スクリーンくらいかな。
  •  

  • フラットフロアのメリットは、乗り降りが楽、荷物が置ける。雨の時、足が濡れない。寒い日も足が風をうけない。
  •  

  • 台湾の工業製品のクオリティは高い。マジェスティSも台湾製。
  •  

  • マジェスティSの欠点は、ステップの位置が高すぎなのと適切なウインドシールドがない。
  •  

  • 日本仕様のみホイールやフォークがシルバーだね。タイヤ交換を自分でやるからシルバーホイールは傷が目立たなくていい。
  •  

  • 前を走ってるマジェスティSを見て気づいたけどLEDテールランプは、真後ろから見た時は、明るく見えるけど少しでも斜めから見ると急に暗くなる。
  •  

  • マジェスティSは、電源ないけど車体からUSB電源を引くよりも大容量のモバイルバッテリーを買ったほうが良さそう。3千円程で売ってる21000mahでも12V/55ワットグリップヒーターなら31時間も使用できる。
  •  

  • 個人的な意見としては、下道は合格。高速は落第点。余裕のある原付二種スクーターが欲しいと思ってる人には、必要十分。
  •  

  • マジェスティSは、最初からロンツーしたい人が選ぶバイクでは無い。
  •  

  • 大型持ちだけどマジェスティSは、本当にバランス良く出来てる。ロンツー以外ではこればかり乗るようになった。
  •  

  • マジェSは、マジで良いバイク。買ったばかりの頃は、そうでもなかったが乗れば乗るほど楽しさがわかってきた。往復400km位ならそれほど疲れず走れるし、近所の買い物でも不自由しない。不満は、シートの高さ、足元の窮屈さ、燃費の悪さ、車体が重さ、タンクの容量が少なさってとこかな?
  •  

  • マジェスティSは、何でもできる全部載せバイクだね。中途半端とも言えるけど。燃費と快適性は、PCXに負けて、走りは、NMAXに負けて、積載量は、リードに負ける。何かに特化したバイクが欲しいなら他のやつを買った方がいい。
  •  

  • マジェスティSの欠点は、少し重い。メットインにフルフェイスが2個収納できない。すぐセンスタを擦る。これくらいかな?
  •  

  • 燃費がイマイチだから燃料タンクをもう少し大きくしてほしかった。あと高速乗れるのにハザードが無い。できればパーキングブレーキと電源付きのグローブボックスも標準装備してほしかった。
  •  

  • 良くも悪くも高速に乗れる原付きだね。小排気量からこれに乗り換えるのではなく、大型からマジェスティS乗り換えるのが正解な機種かな。
  •  

  • スカブMに乗ってる息子にマジェSを貸したらスカMよりバイク感あって楽しい。 結構速いし燃費も良いし、スカブM売ってマジェSを買ってと言われた。
  •  

  • フォルッツアMF08からマジェスティSに乗り替えたが積載量以外は、マジェスティSが上に感じた。フォルッツアは、フロントが重く軽快に走れないし、フラつく。マジェスティSにして良かった。
  •  

  • 2014年度軽二輪(126-250cc)車種別年間販売台数
    第1位 マジェスティS(-Since2013-) 7220台
    第2位 Ninja250(-Since2013-) 5641台
    第3位 GSR250/S/F(-Since2012-) 3334台
    第4位 PCX150(-Since2014-) 3313台
    第5位 CBR250R(-Since2011-) 2716台
    第6位 セロー(-Since2008-) 2573台
    第7位 PCX150(-Since2012-) 2508台
    第8位 Z250(-Since2013-) 2054台
    第9位 フォルツァSi(-Since2013-) 1950台
    第10位 CRF250L/M(-Since2012-) 1873台

     

    2015年度軽二輪(126-250cc)車種別年間販売台数
    第1位 YZF-R25(-Since2015-) 7680台
    第2位 マジェスティS(-Since2013-) 5346台
    第3位 PCX150(-Since2014-) 2508台
    第4位 Ninja250(-Since2013-) 3503台
    第5位 セロー(-Since2008-) 2960台
    第6位 GSR250/S/F(-Since2012-) 2536台
    第7位 CRF250L/M(-Since2012-) 1496台
    第8位 Ninja250SL(-Since2015-) 1494台
    第9位 CBR250R(-Since2014-) 1459台
    第10位 フォルツァSi(-Since2013-) 1427台

  •  

 

 

 

2015年11月10日

 

「マジェスティ S XC155」の2016年モデルに、当社創業60周年記念カラーの「マジェスティ S XC155」60th Anniversaryを設定し、2015年11月10日より限定発売。2015年8月5日〜2016月4月末日の間の期間限定予約による受注生産。製造は、ヤマハモーター台湾。

 

 

 

鮮やかなイエロー地にスピードブロック模様をあしらい、1970年代から80年代の北米のレースで活躍したヤマハマシンのイメージを再現。

 

「マジェスティ S XC155」60th Anniversary」の口コミ

     

  • 黄色マジェ見るけどあれはあれでいいね。自分は、白だから無難すぎた。
  •  

  • バイクショップの友達が黄色買ったけど黄色は、かなり人気みたい。
  •  

  • 黄色は、いいけどリアのステッカーが微妙だな。エンブレムだったら良かったのに。
  •  

 

 

2015年9月10日

 

マイナーチェンジされた2016年モデルを発売。

 

 

製造 ヤマハモーター台湾。
販売計画 6,000台(年間/国内、シリーズ合計)

 

カラーリング

 

「マジェスティ S XC155」 メーカー希望小売価格 349,920円(税込)

  • ディープレッドメタリックK(新色、レッド)
  • シルキーホワイト(ホワイト)
  • ブラックメタリックX(ブラック)

 

「マジェスティ S XC155」SP メーカー希望小売価格 360,720円(税込)

  • マットチタン1(マットチタン)
  • ダークグレーイッシュマゼンタメタリック1(パープル)
  •  

 

 

2016年モデルの主な変更点

  • クッション厚を増加した柔らかいタンデムシート採用。タンデムシートの形状と硬度変更によりタンデムでの快適性を向上。
  •  

  • 欧州仕様のフロントサスペンション。欧州仕様と同じセッティングのサスペンションに変更。
  •  

  • 新パット採用のフロントブレーキ。材質を変更したブレーキパッドを採用。
  •  

  • エクステンション赤塗装LEDテールライト。テールランプは、LED配列のラインで構成し、内部塗装を変更し、塗装仕様の変更により落ち着いた印象を与えるデザインに。
  •  

  • ポジションランプの質感向上(LED片側6個→10個へ、レンズカット織り込み)。
  •  

 

 

 

2016年モデルの変更点に関する口コミ

     

  • 2016年モデルから横の柄がチェックに変わって、座り心地がかなり良くなった。新車外しのシートがオークションに3000円くらいで出品されてて、スペアをキープしてある。
  •  

  • 初代から現行に乗り換えたけどフロントが動くようになった。初代はフロントが暴れたけど現行は前後の動きが揃った気がする。
  •  

  • 2016年モデルを購入した。サスが欧州と共通になったらしい。他にもシート、m8、LEDが2016年モデルで変わったみたい。ただし2016年モデルも2000kmまでは、サスが硬いらしい。
  •  

  • ポジションランプは、初期型の方が好き。でも新型は、シートが厚くなったのが羨ましい
  •  

  • 新型のポジションランプは、シグナスと同じ感じになったね。
  •  

  • 新型見たけどフロントのポジションは微妙だった。テールはマイナーチェンジ前と変わらないように見える。ブレーキの赤色は、どちらかと言えば朱色っぽく見えた。シルバーは、マイナーチェンジ前が黄色がかかってるような感じだったが新型は完全にシルバーでカッコ良い。
  •  

  • 新型は、赤以外、カウル ボディが同色から黒に変わった。黒は同色。カッコ良くなったと思う。同色は、変な感じ。
  •  

  • 初代初回ロットからSPへ乗り替えた。シート下収納は、ショウエイMサイズのジェットとフルフェイスが初期型と同じように入る メットと関係ない場所に謎のフラットスペースができてる。シートが変わったようだがポジションや足付きは初期型と変わらない。初期型の時は、台湾純正スクリーン。SPは、欧州純正スクリーン。エッジの処理やスクリーンの質があがった。車体に止めるボルトがM6からM8に変わった。車体側取付部の剛性もあがった。2点留めから4点留めに変わり、更にほぼフローティングだから台湾純正スクリーンで気になったブレが無い。スクリーン無しでみぞおち、台湾純正スクリーンは鎖骨、欧州純正スクリーンはアゴ辺りまで風を防いでくれる。メットに当たる風向きが変わったから風切り音が気になった。
  •  

  • 新旧を試乗で乗り比べてみたが、大して違わなかった。ちなみに体重54kg。ただ、乗り味は、少しだけ柔らかくなった気がした。旧型は、手首や腕にそれなりのショックがあったがこれが若干緩和された感じ。
  •  

  • 2016モデルと旧モデルの見分け方は、シートの横がチェック柄とテールランプ上から見た時、内側が赤。
  •  

  • 最近、赤マジェを見かけるけど良い発色の赤だね。もう少し暗い赤かと思ってた。
  •  

 

 

 

2017年2月10日

 

「マジェスティ S XC155」SPECIAL EDITIONを500台限定で発売。

 

 

製造 ヤマハモーター台湾。
販売計画500台(年間/国内)

 

カラーリング
ディープパープリッシュブルーメタリックC (ブルー)

 

メーカー希望小売価格
360,720円

 

「SPECIAL EDITION」の主な変更点

  • ヤマハレーシングブルーとシルバーのツートンカラー。
  • 「SPECIAL EDITION」専用エンブレム。
  • 精悍なゴールドキャリパー。

 

「SPECIAL EDITION」に関する口コミ

     

  • SPは、30000円高くて、車体色が一部ツートンカラー。普通は、ディスクキャリパーがシルバーだけどSPは、ディスクキャリパーがゴールド。
  •  

  • 限定ブルーは、凄くいい色。見てて飽きないし、ブルーは、あまり見ない。
  •  

  • 限定の青は、ホイールが黒だからカッコイイ。引き締まって見えるし、汚れが目立たない。
  •  

  • 自分が欲しい色を買うのが一番。バイクを売る時にプラス査定になりそうなのは、ブルーかな?赤も凄く良い色だと思う。ちなみに俺が乗ってるのは黄色。
  •  

 

ヤマハ マジェスティの買取価格

過去の買取価格のデータです。

 

ヤマハ マジェスティの買取価格

原付の買取業者を比較して原付を高く売る
原付を高く売るには、業者同士の価格を比較することが重要です。
バイク王やバイクランドといった有名どころを含め60社以上が登録しているバイク比較.comがおすすめです。たった数分の入力で数万円変わってくることがあります。


原付を売る前に知っておいたほうが良いことをまとめた「原付を高く売る方法」も読んでみてください。