自賠責保険の更新の仕方

原付の相場を知って高く売る

相場を知れば買い叩かれない

原付の相場がわからずに原付買取を依頼すると提示された買取価格が安いのか高いのかわかりません。無料一括見積もりのバイク比較.comを利用すると複数のバイク買取業者にまとめて依頼できるので各社の査定額を比較して売れます。

自賠責保険の更新の仕方

 

 

自賠責保険の更新は、保険会社、バイク屋、コンビニといった場所で出来ます。どこで更新しても内容もかかるお金も同じです。そう考えるとコンビニが手軽に行けていいかもしれません。

 

 

ここでは、コンビニで自賠責保険を更新する場合についての更新のやり方を説明します。

 

 

更新に必要なものは、
ナンバープレートの記号番号車体番号だけです。

 

 

一番簡単なのは、前の自賠責保険証を持って行くことです。自賠責保険証をバイクに積んでないと30万円以下の罰金になるので原付に積んでると思います。

 

 

前の自賠責保険証を見れば、ナンバープレートの記号番号車体番号がかかれていますし、前の自賠責保険が切れる日にちもわかるので次の自賠責保険の開始日を入力するとき、助かります。

 

 

いちを車体番号は、原付のどこかに「ABCDE-1234」みたいな番号が刻印されています。車種によって刻印されている場所が違いますし、見えにくい場所にあるので自賠責保険証を見るのが一番はやいです。

 

 

コンビニは、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどでできます。

 

 

やり方は、コンビニにあるマルチコピー機やロッピーなどの端末に必要事項を入力していって出てきた券をレジに持っていきます。後は、お金を払い、書類とステッカーを受け取るという流れです。セブン-イレブンでは、ネット予約登録サービスというのがあり、自宅でバイクの情報を入力し、店頭での入力作業を省くこともできます。

 

 

受け取った自賠責保険は、原付にいれておいて、ステッカーは、ナンバープレートに貼っておきましょう。

 

ちなみにバイク屋でも同じ値段で自賠責保険に入ることができます。バイク屋は、自賠責保険1件の契約につき1600円くらい手数料もらっているようなので馴染みのバイク屋であればそちらで自賠責保険に入ってあげてもいいかもしれません。

 

 

 

 

自賠責保険の金額

 

自賠責保険の金額は、下記のようになります。長期で加入すればするほどお得になっています。加入期間中にバイクを乗り換えても車両入替ができますが車両入替が可能なのは、原付の場合125ccまで、軽二輪の場合126cc〜250ccまでとなっているので400ccなどの車検のあるバイクでは車両入替できません。2年くらい乗ると新しいバイクがほしくなり乗り換える人も多いのでその辺を考慮して何ヶ月契約にするか決めましょう。自賠責保険の車両入れ替えについては、こちらを見てください。

 

 

 

自賠責保険の金額(本土用)

 

12か月契約

24か月契約

36か月契約

48か月契約

60か月契約

総排気量125ccを超え
250cc以下の二輪自動車

9,510円
1ヶ月あたり
約793円

14,290円
1ヶ月あたり
約595円

18,970円
1ヶ月あたり
約527円

23,560円
1ヶ月あたり
約491円

28,060円
1ヶ月あたり
約468円

原動機付自転車
(総排気量125cc以下)

7,280円
1ヶ月あたり
約607円

9,870円
1ヶ月あたり
約411円

12,410円
1ヶ月あたり
約345円

14,890円
1ヶ月あたり
約310円

17,330円
1ヶ月あたり
約289円

 

 

自賠責保険の金額(沖縄用)

 

12か月契約

24か月契約

36か月契約

48か月契約

60か月契約

総排気量125ccを超え250cc以下の二輪自動車

4,870円

5,100円

5,330円

5,540円

5,760円

原動機付自転車

(総排気量125cc以下)

4,790円

4,930円

5,070円

5,210円

5,350円

 

自賠責保険の金額についての口コミ

 

 

原付2種だと5年まとめて入ると17330円だけど2年(9870円)と3年(12410円)で分けて入ると22280円もするから4950円も違う。

 

 

ずっと原付に乗るなら迷う必要ないだろ。自賠責は迷わず5年に入る。

 

自賠責保険に未加入でバイクに乗るとどうなる?

 

自賠責保険に未加入でバイクに乗った場合

1年以下の懲役または50万円以下の罰金(自賠法第86条の3)。
違反点数6点が付され、即座に免許停止処分(道路交通法第103条、第108条の33)。

 

加入していても自賠責保険の証明書を所持していない場合

30万円以下の罰金。

 

未加入で事故を起こした場合

自賠責保険に加入せずに人身事故を起こすと賠償金がすべて自己負担になります。死亡事故の場合、賠償金が億を超えることもあります。「任意保険に加入しているから少々いいや!」と思っていても任意保険で支払われるのは自賠責保険の補償限度額3000万円を超えた金額のみです。

原付の買取業者を比較して原付を高く売る
原付を高く売るには、業者同士の価格を比較することが重要です。
バイク王やバイクランドといった有名どころを含め60社以上が登録しているバイク比較.comがおすすめです。たった数分の入力で数万円変わってくることがあります。


原付を売る前に知っておいたほうが良いことをまとめた「原付を高く売る方法」も読んでみてください。