原付2種 おすすめのバイク

原付の相場を知って高く売る

相場を知れば買い叩かれない

原付の相場がわからずに原付買取を依頼すると提示された買取価格が安いのか高いのかわかりません。無料一括見積もりのバイク比較.comを利用すると複数のバイク買取業者にまとめて依頼できるので各社の査定額を比較して売れます。

原付2種 おすすめのバイク

 

50ccの原付スクーターでは、制限速度が30km/h、二段階右折をしなければいけない、馬力が足りないなど不便なことが多くあります。そこでそれより上の区分の原付2種(50cc超え〜125cc)のバイクの購入を考えている人のために様々な視点から各メーカーが出している現行車の比較をしてみました。

 

 

まず、原付2種でおすすめのバイクですが2015年6月7日時点の価格ドットコムのバイクランキングを見ると下記のようになっています。

 

1位 PCX(ホンダ)
2位 シグナスX(ヤマハ)
3位 アドレス110(スズキ)
4位 PCX150 (ホンダ)
5位 アドレスV125 (スズキ)

 

1位のPCXは、他の原付2種の現行車に比べて、車体が大きめで最高出力は、1番高いです。それなのに燃費も良いバイクです。ただし、価格は、他のバイクに比べて高めです。

 

 

ここからは、2015年6月の時点の原付2種の現行車を様々な見方で比較していきます。現在、各メーカーのサイトに並んでいる原付2種の現行車は、下記のものがあります。左の発売月というのは、最後にモデルチェンジやカラーチェンジをした時期です。原付2種を新車で購入するか検討している方は、下記の中から選ぶことになります。

 

 

発売月

車種

2015年4月

ヤマハ トリシティ125ABS

2015年3月

ホンダ ディオ110

2015年3月

スズキ アドレス110(2015年3月-)

2015年2月

ヤマハ シグナスX SR

2015年1月

ヤマハ アクシストリート

2014年9月

ヤマハ トリシティ125

2014年4月

ホンダ PCX

2014年10月

スズキ アドレスV125SS

2013年9月

スズキ アドレスV125S

2013年9月

ホンダ Shモード

2013年7月

ホンダ リード125(2013年7月-)

2013年7月

スズキ アドレスV125

2013年6月

ホンダ ズーマーX

2013年10月

スズキ アドレスV125Sリミテッド

2012年2月

ホンダ ベンリィ110

2012年1月

ホンダ ベンリィ110プロ

 

 

ここからが現行車の原付2種のスペックのランキングです。燃費や価格や最高出力などを比較して自分にあった原付を選びましょう。

 

 

全長のランキング

全長はバイクの前後の長さです。一般的にフロントタイヤの一番前からナンバープレートステーの先端もしくはリヤフェンダーの先までとなりますが車種によってはリヤタイヤの先までの長さとなることもあります。全長が長くなりすぎると取り回しがしづらいですがその分、ゆったり乗れたり、荷物を乗せるスペースなども広くなる場合もあります。

 

 

順位

車種

全長

1

ホンダ Shモード

1930mm

1

ホンダ PCX

1930mm

3

ヤマハ トリシティ125ABS

1905mm

3

ヤマハ トリシティ125

1905mm

5

ヤマハ シグナスX SR

1870mm

5

ホンダ ディオ110

1870mm

7

スズキ アドレス110(2015年3月-)

1845mm

8

ホンダ リード125(2013年7月-)

1835mm

9

ホンダ ズーマーX

1830mm

10

ホンダ ベンリィ110プロ

1815mm

11

ホンダ ベンリィ110

1805mm

12

ヤマハ アクシストリート

1795mm

13

スズキ アドレスV125SS

1780mm

13

スズキ アドレスV125S

1780mm

13

スズキ アドレスV125Sリミテッド

1780mm

16

スズキ アドレスV125

1750mm

 

 

全幅のランキング

 

全幅は、ミラーを除いた横方向に一番飛び出した部分の数値です。通常は、ハンドル幅が全幅となります。 全幅が長いと安定性がましたり、存在感が出ます。しかし、すり抜けがしづらくなります。

 

 

順位

車種

全幅

1

ホンダ ズーマーX

760mm

2

ホンダ PCX

740mm

3

ヤマハ トリシティ125ABS

735mm

3

ヤマハ トリシティ125

735mm

5

スズキ アドレスV125Sリミテッド

720mm

6

ホンダ ベンリィ110

700mm

7

ホンダ ディオ110

690mm

8

ヤマハ シグナスX SR

685mm

8

ホンダ リード125(2013年7月-)

685mm

10

ホンダ ベンリィ110プロ

680mm

11

ヤマハ アクシストリート

675mm

12

ホンダ Shモード

665mm

12

スズキ アドレス110(2015年3月-)

665mm

14

スズキ アドレスV125SS

635mm

14

スズキ アドレスV125S

635mm

14

スズキ アドレスV125

635mm

 

 

シート高の低いランキング

シート高が低いと足付きが良くなります。身長が低い女性の方でも安心です。

 

 

順位

車種

シート高

1

ホンダ ベンリィ110プロ

710mm

1

ホンダ ベンリィ110

710mm

3

ヤマハ アクシストリート

735mm

4

スズキ アドレスV125

740mm

5

スズキ アドレスV125SS

745mm

5

スズキ アドレスV125S

745mm

7

ホンダ ディオ110

750mm

7

スズキ アドレスV125Sリミテッド

750mm

9

スズキ アドレス110(2015年3月-)

755mm

10

ホンダ PCX

760mm

10

ホンダ リード125(2013年7月-)

760mm

12

ホンダ ズーマーX

763mm

13

ホンダ Shモード

765mm

14

ヤマハ トリシティ125ABS

780mm

14

ヤマハ トリシティ125

780mm

16

ヤマハ シグナスX SR

785mm

 

 

燃費のランキング

 

順位

車種

燃費

1

ホンダ ディオ110

57.9km/L

2

ホンダ PCX

53.7km/L

3

ホンダ ベンリィ110プロ

53.0km/L

3

ホンダ ベンリィ110

53.0km/L

3

スズキ アドレス110(2015年3月-)

53.0km/L

6

ホンダ ズーマーX

52.0km/L

6

スズキ アドレスV125SS

52.0km/L

6

スズキ アドレスV125S

52.0km/L

6

ホンダ Shモード

52.0km/L

6

スズキ アドレスV125Sリミテッド

52.0km/L

6

スズキ アドレスV125

52.0km/L

12

ホンダ リード125(2013年7月-)

51.0km/L

13

ヤマハ アクシストリート

46.0km/L

14

ヤマハ シグナスX SR

40.0km/L

15

ヤマハ トリシティ125ABS

35.8km/L

15

ヤマハ トリシティ125

35.8km/L

 

 

燃料タンクの容量ランキング

 

燃料タンクの容量が大きいと給油回数が減ります。

 

 

順位

車種

燃料タンクの容量

1

ホンダ ベンリィ110プロ

10.0L

1

ホンダ ベンリィ110

10.0L

3

ホンダ PCX

8.0L

4

ヤマハ シグナスX SR

7.1L

5

ヤマハ トリシティ125ABS

6.6L

5

ヤマハ トリシティ125

6.6L

7

スズキ アドレスV125SS

6.3L

7

スズキ アドレスV125S

6.3L

7

スズキ アドレスV125Sリミテッド

6.3L

10

ホンダ リード125(2013年7月-)

6.0L

10

スズキ アドレスV125

6.0L

12

ヤマハ アクシストリート

5.6L

13

ホンダ Shモード

5.5L

14

ホンダ ディオ110

5.2L

14

スズキ アドレス110(2015年3月-)

5.2L

16

ホンダ ズーマーX

4.5L

 

 

価格の安いバイクランキング

 

順位

車種

価格

1

スズキ アドレス110(2015年3月-)

205200円

2

ヤマハ アクシストリート

226800円

3

ホンダ ディオ110

228960円

4

スズキ アドレスV125

236250円

5

ホンダ ベンリィ110

239400円

6

ホンダ ベンリィ110プロ

248850円

7

スズキ アドレスV125S

261450円

8

ホンダ ズーマーX

270900円

9

スズキ アドレスV125SS

274320円

10

スズキ アドレスV125Sリミテッド

282450円

11

ホンダ リード125(2013年7月-)

285600円

12

ヤマハ シグナスX SR

291600円

13

ホンダ Shモード

299250円

14

ホンダ PCX

329400円

15

ヤマハ トリシティ125

356400円

16

ヤマハ トリシティ125ABS

399600円

 

 

最高トルクのランキング

 

最大トルクは、エンジンの回転する力がもっとも強いときの値です。自転車に例えると最も強く足でペダルを踏んだ時の力が最大トルクです。トルクが大きいと最初の加速がなめらかですし、上り坂で強いです。○○N・m(□□kg-m)/△△r/minという形で表し、エンジンが△△回転(r/min)のときに○○N・m(□□kg-m)の力で軸が回っているという意味です。最大トルクの出る回転数のあたりがもっとも扱いやすいです。  

 

 

 

順位

車種

最高トルク

1

ホンダ リード125(2013年7月-)

12(1.2kgf・m)/5000(N・m/rpm)

1

ホンダ Shモード

12(1.2kgf・m)/5000(N・m/rpm)

1

ホンダ PCX

12(1.2kgf・m)/5000(N・m/rpm)

4

スズキ アドレスV125SS

10(1kgf・m)/6000(N・m/rpm)

4

スズキ アドレスV125S

10(1kgf・m)/6000(N・m/rpm)

4

スズキ アドレスV125

10(1kgf・m)/6000(N・m/rpm)

4

ヤマハ トリシティ125ABS

10(1kgf・m)/5500(N・m/rpm)

4

ヤマハ トリシティ125

10(1kgf・m)/5500(N・m/rpm)

4

スズキ アドレスV125Sリミテッド

10(1.0kgf・m)/6000(N・m/rpm)

10

ホンダ ディオ110

9.3(0.95kgf・m)/5500(N・m/rpm)

11

ヤマハ シグナスX SR

9.1(0.93kgf・m)/7500(N・m/rpm)

12

ホンダ ズーマーX

8.9(0.91kgf・m)/6500(N・m/rpm)

12

ヤマハ アクシストリート

8.9(0.91kgf・m)/6000(N・m/rpm)

14

ホンダ ベンリィ110プロ

8.6(0.88kgf・m)/5000(N・m/rpm)

14

ホンダ ベンリィ110

8.6(0.88kgf・m)/5000(N・m/rpm)

14

スズキ アドレス110(2015年3月-)

8.6(0.88kgf・m)/6000(N・m/rpm)

 

 

 

最高出力のランキング

エンジンが発揮するパワーの最大値のことです。自転車に例えるといちばん強く足でペダルを踏んだ時の力(最大トルク)で1分間に何回ペダルをこげたかを掛けたものが最大出力(最大馬力)です。「馬力=トルク×回転数」。
○○kW(□□ps)/△△r/minという形で表し、エンジンが△△回転(r/min)のときに○○kW(□□ps)のパワーが出るという意味。□□馬力とも呼ばれます。基本的に最高出力が大きいほどスピードが出せます。

 

 

 

順位

車種

最高出力

1

ホンダ PCX

8.6(12PS)/8500(kW/rpm)

2

ホンダ Shモード

8.4(11PS)/8500(kW/rpm)

2

ホンダ リード125(2013年7月-)

8.4(11PS)/8500(kW/rpm)

4

ヤマハ トリシティ125ABS

8.1(11PS)/9000(kW/rpm)

2

ヤマハ トリシティ125

8.1(11PS)/9000(kW/rpm)

6

ヤマハ シグナスX SR

7.8(11PS)/8500(kW/rpm)

7

スズキ アドレスV125SS

7.3(9.9PS)/7500(kW/rpm)

7

スズキ アドレスV125S

7.3(9.9PS)/7500(kW/rpm)

7

スズキ アドレスV125Sリミテッド

7.3(9.9PS)/7500(kW/rpm)

7

スズキ アドレスV125

7.3(9.9PS)/7500(kW/rpm)

11

スズキ アドレス110(2015年3月-)

6.7(9.1PS)/8000(kW/rpm)

12

ホンダ ディオ110

6.6(9PS)/7500(kW/rpm)

13

ホンダ ズーマーX

6.5(8.8PS)/8000(kW/rpm)

14

ヤマハ アクシストリート

6(8.1PS)/7000(kW/rpm)

15

ホンダ ベンリィ110プロ

5.8(7.9PS)/7000(kW/rpm)

15

ホンダ ベンリィ110

5.8(7.9PS)/7000(kW/rpm)

 

 

総重量のランキング

 

 

順位

車種

総重量

1

ヤマハ トリシティ125ABS

156kg

2

ヤマハ トリシティ125

152kg

3

ホンダ PCX

130kg

4

ヤマハ シグナスX SR

122kg

5

ホンダ ベンリィ110プロ

116kg

5

ホンダ Shモード

116kg

7

ホンダ ベンリィ110

113kg

7

ホンダ リード125(2013年7月-)

113kg

9

ヤマハ アクシストリート

110kg

10

ホンダ ズーマーX

105kg

11

スズキ アドレスV125Sリミテッド

103kg

12

スズキ アドレスV125SS

101kg

12

スズキ アドレスV125S

101kg

14

ホンダ ディオ110

100kg

15

スズキ アドレスV125

97kg

15

スズキ アドレス110(2015年3月-)

97kg

 

 

 

ヤマハ トリシティ125ABS

全長の長さ

1905mm

3位/16車種

全幅の長さ

735mm

3位/16車種

シート高の低さ

780mm

14位/16車種

燃費の良さ

35.8km/L

15位/16車種

燃料タンクの容量

6.6L

5位/16車種

価格の安さ 

399600円

16位/16車種

最高トルク

10(1kgf・m)/5500(N・m/rpm)

4位/16車種

最高出力  

8.1(11PS)/9000(kW/rpm)

4位/16車種

総重量の重さ

156kg

1位/16車種

 

 

ホンダ ディオ110

Dio110は、原付2種の中では、アドレス110、アクシストリートと共にお手軽な価格で買えるバイクです。特徴は、足付きやメットインの容量を犠牲にして前後14インチにしているおかげで直進安定性が高いです。車体が軽く小さいので取り回しも楽ですし、すり抜けもしやすいです。80km/hくらいまでは、それなりにスムーズに加速しますし、最高速も90km/hくらいまで出ます。欠点は、二人乗りや坂道となるとパワー不足を感じます。また、メットイン収納は、容量18Lと原付2種では、一番小さいクラスですし、足元のスペースも狭いので体が大きい人には、少し窮屈かもしれません。ただし、後でボアアップしてパワー不足を補うこともできますし、リアボックスをつければ積載性も高くなります。なにより価格が安いのがいいですね。

全長の長さ

1870mm

6位/16車種

全幅の長さ

690mm

7位/16車種

シート高の低さ

750mm

7位/16車種

燃費の良さ

57.9km/L

1位/16車種

燃料タンクの容量

5.2L

14位/16車種

価格の安さ 

228960円

3位/16車種

最高トルク

9.3(0.95kgf・m)/5500(N・m/rpm)

10位/16車種

最高出力  

6.6(9PS)/7500(kW/rpm)

12位/16車種

総重量の重さ

100kg

14位/16車種

 

ホンダ Dio110の口コミは、こちら。

 

 

スズキ アドレス110

全長の長さ

1845mm

7位/16車種

全幅の長さ

665mm

13位/16車種

シート高の低さ

755mm

9位/16車種

燃費の良さ

53.0km/L

5位/16車種

燃料タンクの容量

5.2L

14位/16車種

価格の安さ 

205200円

1位/16車種

最高トルク

8.6(0.88kgf・m)/6000(N・m/rpm)

14位/16車種

最高出力  

6.7(9.1PS)/8000(kW/rpm)

11位/16車種

総重量の重さ

97kg

16位/16車種

 

 

ヤマハ シグナスX SR

全長の長さ

1870mm

5位/16車種

全幅の長さ

685mm

8位/16車種

シート高の低さ

785mm

16位/16車種

燃費の良さ

40.0km/L

14位/16車種

燃料タンクの容量

7.1L

4位/16車種

価格の安さ 

291600円

12位/16車種

最高トルク

9.1(0.93kgf・m)/7500(N・m/rpm)

11位/16車種

最高出力  

7.8(11PS)/8500(kW/rpm)

6位/16車種

総重量の重さ

122kg

4位/16車種

 

 

ヤマハ アクシストリート

全長の長さ

1795mm

12位/16車種

全幅の長さ

675mm

11位/16車種

シート高の低さ

735mm

3位/16車種

燃費の良さ

46.0km/L

13位/16車種

燃料タンクの容量

5.6L

12位/16車種

価格の安さ 

226800円

2位/16車種

最高トルク

8.9(0.91kgf・m)/6000(N・m/rpm)

12位/16車種

最高出力  

6(8.1PS)/7000(kW/rpm)

14位/16車種

総重量の重さ

110kg

9位/16車種

 

 

ヤマハ トリシティ125

トリシティ125といえばフロント2輪です。その構造から車両重量が重くなり、パーツが増えて価格も125ccでは、最も高いクラスのバイクです。特徴は、フロント2輪からくる安定性です。原付2種のスクーターの中では、ダントツでしょう。低速安定性、直進安定性が高くコーナーでもフロント2輪のグリップが強いので安定していて、下りのコーナーリングが楽しくなるほどです。ブレーキもフロントに2枚、リアに1枚のディスクの連動ブレーキなので制動力、操作性が高いです。車体が原付2種の中では、大きい方ですが路面の影響を受けにくいので路側帯を気楽に走れ、すり抜けもしやすいです。不満な点としては、シート下スペースが50cc並なのでフルフェイスとグローブくらいしか入らないのでボックスを付けたほうがいいかもしれません。燃費も実燃費で38km/lくらいと他の原付2種に比べると悪いです。車体が152kgもあるので出足の加速も遅いですが一般道路なら不自由を感じる程では、ありません。最高速も100km/hくらい出ます。乗車姿勢は、ゆったり乗るバイクではなく、背筋を伸ばして座る感じです。足付きは、あまり良くありません。トリシティがおすすめできるタイプの人は、個性があるバイクに乗りたい人や一般的な2輪では、味わえない走破性を体感したい人に向いてます。

全長の長さ

1905mm

3位/16車種

全幅の長さ

735mm

3位/16車種

シート高の低さ

780mm

14位/16車種

燃費の良さ

35.8km/L

15位/16車種

燃料タンクの容量

6.6L

5位/16車種

価格の安さ 

356400円

15位/16車種

最高トルク

10(1kgf・m)/5500(N・m/rpm)

4位/16車種

最高出力  

8.1(11PS)/9000(kW/rpm)

4位/16車種

総重量の重さ

152kg

2位/16車種

 

ヤマハ トリシティ125の口コミは、こちら。

 

PCX

PCXは、原付2種の中では、最も高い価格帯ですが高級感があり、走行性能、燃費、乗り心地、デザインと全て良しといったバイクです。エンジンは、eSP搭載でshmodeやリード125と同型のエンジンでアイドリングストップがついてます。加速も良く、最高速は、110km/h近くまで出ます。フロントがビックスクーターのようなデザインになっているため、見た目は、大きく見えてカッコイイのですが実際は、原付2種のサイズなので体が大きな人が乗ると遊技場にあるパンダに乗ってるとか武将がポニーに乗ってるようなシルエットに見えて、デザインに関しては、賛否両論です。乗り心地は、前後14インチアルミ製大径ホイールなので直進安定性が高く、原付2種の中では、かなり快適な乗り心地です。また、足元のステップフロアがないので足元に荷物を置けませんが足を投げ出して乗れるためゆったりとした乗車姿勢になり長距離走行などでとても楽です。ただし雨の日に乗ると足が濡れてしまいます。メットイン収納に関しては、容量25LあるのでDio110(容量18L)やshmode(容量18L)やアドレス110(容量20.6L)よりは、大きいですがリード125の容量37LやシグナスX SRの容量31Lと比べると物足りないかもしれません。そういう場合は、リアボックスをつけましょう。

 

全長の長さ

1930mm

1位/16車種

全幅の長さ

740mm

2位/16車種

シート高の低さ

760mm

10位/16車種

燃費の良さ

53.7km/L

2位/16車種

燃料タンクの容量

8.0L

3位/16車種

価格の安さ 

329400円

14位/16車種

最高トルク

12(1.2kgf・m)/5000(N・m/rpm)

1位/16車種

最高出力  

8.6(12PS)/8500(kW/rpm)

14位/16車種

総重量の重さ

130kg

3位/16車種

 

ホンダ PCX(125cc)の口コミは、こちら。

 

 

スズキ アドレスV125SS

アドレスV125Sをベースに車体色と同色のピリオンライダーハンドル、同色のカバーを装着したリアビューミラー、アルミ製タンデム用ピリオンフットレバー、専用ロゴデカール、リアスポイラーを採用。アドレスV125Sの上級バージョン。

全長の長さ

1780mm

13位/16車種

全幅の長さ

635mm

14位/16車種

シート高の低さ

745mm

5位/16車種

燃費の良さ

52.0km/L

7位/16車種

燃料タンクの容量

6.3L

7位/16車種

価格の安さ 

274320円

9位/16車種

最高トルク

10(1kgf・m)/6000(N・m/rpm)

4位/16車種

最高出力  

7.3(9.9PS)/7500(kW/rpm)

7位/16車種

総重量の重さ

101kg

12位/16車種

 

アドレスV125SSの口コミは、こちら。

 

スズキ アドレスV125S

全長の長さ

1780mm

13位/16車種

全幅の長さ

635mm

14位/16車種

シート高の低さ

745mm

5位/16車種

燃費の良さ

52.0km/L

6位/16車種

燃料タンクの容量

6.3L

7位/16車種

価格の安さ 

261450円

7位/16車種

最高トルク

10(1kgf・m)/6000(N・m/rpm)

4位/16車種

最高出力  

7.3(9.9PS)/7500(kW/rpm)

7位/16車種

総重量の重さ

101kg

12位/16車種

 

 

ホンダ Shモード

 

元々イタリアなどで売れているヨーロッパ向けに作られたバイクで石畳の凸凹道や狭い路地での切り返しに対応できるようにフロントタイヤが16インチ、リアタイヤが14インチの大径アルミキャストホイールになっていてハンドル幅も狭く小回りがしやすくなってます。直進安定性がとても優れたバイクです。エンジンは、PCXやリードと同型のeSPエンジンなので加速、最高速などの走行性能も高く、アイドリングストップシステムもついています。欠点としては、タイヤのインチを大きくしたのでメットイン容量が原付2種で最小クラスの18Lでフロントポケットもついてなく積載量が小さいことです。また、デザインが独特なのでそれを好まない人もいます。更に価格帯がPCXやシグナスX SRやリードと同じで高いので日本では、あまり売れてません。しかし人気がないためお店によっては、価格がすごく下がっているので、ハイエンドの原付2種を安く買えるということで購入している人もいますし、乗ってる人が少なくてオリジナル性があって良いという人もいます。一番のネックは、積載量だと思いますがトップボックスをつければ問題ありません。PCXと違って足元がフラットでバッグホルダーもついているのでそこに荷物を置くこともできますし、雨の日、足が濡れません。走行性能が良いので安く買えるのであればオススメです。

全長の長さ

1930mm

1位/16車種

全幅の長さ

665mm

12位/16車種

シート高の低さ

765mm

13位/16車種

燃費の良さ

52.0km/L

6位/16車種

燃料タンクの容量

5.5L

13位/16車種

価格の安さ 

299250円

13位/16車種

最高トルク

12(1.2kgf・m)/5000(N・m/rpm)

1位/16車種

最高出力  

8.4(11PS)/8500(kW/rpm)

2位/16車種

総重量の重さ

116kg

5位/16車種

 

ホンダ Sh modeの口コミは、こちら。

 

 

ホンダ リード125

リード125の特徴を一言でいうと、実用車です。PCXやshmodeと同型のeSPエンジンなので加速も良くてスピードも出ます。アイドリングストップもついていますし、燃費も良いです。シートの位置も低く足付きも良いです。積載能力も高く、メットイン容量37Lは、原付2種の中では、NO.1です。欠点としては、デザインの評判がかなり悪いです。一般的には、見た目より実用性を重視するおじさん向けのバイクといった位置づけです。デザイン重視やカスタムしたい人には、シグナスX SRの方が向いています。フロントタイヤが12インチ、リアタイヤが10インチなのでPCXの前後14インチやshmodeの前16インチ、後14インチと比べると乗り心地は、悪いですがタイヤの交換の時、安いというメリットもあります。

全長の長さ

1835mm

8位/16車種

全幅の長さ

685mm

8位/16車種

シート高の低さ

760mm

10位/16車種

燃費の良さ

51.0km/L

12位/16車種

燃料タンクの容量

6.0L

10位/16車種

価格の安さ 

285600円

11位/16車種

最高トルク

12(1.2kgf・m)/5000(N・m/rpm)

1位/16車種

最高出力  

8.4(11PS)/8500(kW/rpm)

2位/16車種

総重量の重さ

113kg

7位/16車種

 

ホンダ リード125の口コミは、こちら。

 

スズキ アドレスV125

全長の長さ

1750mm

16位/16車種

全幅の長さ

635mm

14位/16車種

シート高の低さ

740mm

4位/16車種

燃費の良さ

52.0km/L

6位/16車種

燃料タンクの容量

6.0L

10位/16車種

価格の安さ 

236250円

4位/16車種

最高トルク

10(1kgf・m)/6000(N・m/rpm)

4位/16車種

最高出力  

7.3(9.9PS)/7500(kW/rpm)

7位/16車種

総重量の重さ

97kg

15位/16車種

 

 

ホンダ ズーマーX

ズーマーXは、価格帯は、リード125と同じくらいで結構高いです。デザインは、ヘッドライトやメーターパネルなど様々な箇所に「X」のモチーフが入った独特のデザインです。加速は、80km/hくらいまでは、スムーズに行き、最高速は、そこからもたついた後90km/hを少し超えるくらいまで出ます。実燃費は、45km/Lくらいです。前後12インチの幅広タイヤで安定性は、良いですがPCXと比べると凸凹を拾います。ズーマーXで一番不評なのは、鍵の位置でキーシャッターが開けるのにストレスがたまるという人が多いです。ズーマーXは、無駄を楽しむバイクなので特にいじる気がなく実用性を求める人には、向いてません。なんでも満たしてるバイクは、つまらない、自分でカスタムして満たしていこうと思う人に向いています。メインで通勤や通学で使うなら実用性が高い他のバイクの方が良いかもしれません。車を所有していて趣味でズーマーXを買って楽しむというスタイルが良いかもしれません。

全長の長さ

1830mm

9位/16車種

全幅の長さ

760mm

1位/16車種

シート高の低さ

763mm

12位/16車種

燃費の良さ

52.0km/L

6位/16車種

燃料タンクの容量

4.5L

16位/16車種

価格の安さ 

270900円

8位/16車種

最高トルク

8.9(0.91kgf・m)/6500(N・m/rpm)

12位/16車種

最高出力  

6.5(8.8PS)/8000(kW/rpm)

13位/16車種

総重量の重さ

105kg

10位/16車種

 

ホンダ ズーマーXの口コミは、こちら。

 

 

スズキ アドレスV125Sリミテッド

全長の長さ

1780mm

13位/16車種

全幅の長さ

720mm

5位/16車種

シート高の低さ

750mm

7位/16車種

燃費の良さ

52.0km/L

6位/16車種

燃料タンクの容量

6.3L

7位/16車種

価格の安さ 

282450円

10位/16車種

最高トルク

10(1.0kgf・m)/6000(N・m/rpm)

4位/16車種

最高出力  

7.3(9.9PS)/7500(kW/rpm)

7位/16車種

総重量の重さ

103kg

11位/16車種

 

 

ホンダ ベンリィ110

ベンリィ110の特徴と言えばタンク容量が10Lもあり航続距離が他のバイクと比べて圧倒的に長いです。。また積載性も他のバイクを圧倒しているので原2最大クラスのリードの積載量では、まだ物足りないという人には、ベンリィがおすすめです。タイヤもチューブレスですし、荷台も低くて使いやすいので125ccの中では、ロングツーリングに一番向いてるかもしれません。スペックだけ見るとあまり良いバイクに見えませんが実際長く乗ってみるとスペックでは、わからない使い勝手の良さに気づいたという人が多くいます。実燃費は、40〜50km/lくらいです。スピードを出すバイクではないのでパワーは、ありませんが積載性と航続距離に特化した実用性に優れたバイクです。

全長の長さ

1805mm

11位/16車種

全幅の長さ

700mm

6位/16車種

シート高の低さ

710mm

1位/16車種

燃費の良さ

53.0km/L

3位/16車種

燃料タンクの容量

10.0L

1位/16車種

価格の安さ 

239400円

5位/16車種

最高トルク

8.6(0.88kgf・m)/5000(N・m/rpm)

14位/16車種

最高出力  

5.8(7.9PS)/7000(kW/rpm)

15位/16車種

総重量の重さ

113kg

7位/16車種

 

 

ホンダ ベンリィ110の口コミは、こちら。

 

 

ホンダ ベンリィ110プロ

ベンリィ110との違いは、大型のフロントバスケットとリアキャリアが標準装備されているのとフットブレーキがあることです。あとベンリィ110プロには、ベンリィ110に採用されている連動ブレーキシステムのコンビブレーキがありません。ベンリィ110プロの価格は、ベンリィ110より1万円程高いです。

全長の長さ

1805mm

11位/16車種

全幅の長さ

700mm

6位/16車種

シート高の低さ

710mm

1位/16車種

燃費の良さ

53.0km/L

3位/16車種

燃料タンクの容量

10.0L

1位/16車種

価格の安さ 

248850円

6位/16車種

最高トルク

8.6(0.88kgf・m)/5000(N・m/rpm)

5位/16車種

最高出力  

5.8(7.9PS)/7000(kW/rpm)

15位/16車種

総重量の重さ

116kg

5位/16車種

原付の買取業者を比較して原付を高く売る
原付を高く売るには、業者同士の価格を比較することが重要です。
バイク王やバイクランドといった有名どころを含め60社以上が登録しているバイク比較.comがおすすめです。たった数分の入力で数万円変わってくることがあります。


原付を売る前に知っておいたほうが良いことをまとめた「原付を高く売る方法」も読んでみてください。