原付の任意保険 まとめ

原付の相場を知って高く売る

相場を知れば買い叩かれない

原付の相場がわからずに原付買取を依頼すると提示された買取価格が安いのか高いのかわかりません。無料一括見積もりのバイク比較.comを利用すると複数のバイク買取業者にまとめて依頼できるので各社の査定額を比較して売れます。

原付の任意保険 まとめ

 

 

 

原付の任意保険は、必要?

 

自賠責保険だけじゃダメなの??

 

 

原付は、価格も安く、自転車に近い感覚で乗れるので「高いお金を払って任意保険に入る必要があるの?自賠責保険だけでいいでしょ?」と思いがちです。しかし、事故を起こすと様々な問題が出てきます。そこでまず自賠責保険だけででどこまで補償されるか見て行きましょう。

 

 

 

自賠責保険でどこまで補償されるの?

 

任意保険の必要性を理解するためには、自賠責保険でどこまで補償されるか知っておくことが重要です。原付に乗るなら必ず自賠責保険に加入しなければいけません。これは、強制保険なので加入せずに原付を運転すると「50万円以下の罰金or1年以下の懲役」+「違反点数6点(免許停止処分)」となります。

 

 

 

自賠責保険は、交通事故が起きた時に被害者を救済することを目的とした保険であり、相手が怪我や死亡した時のみ、補償されます。つまり運転者が怪我をしても、事故で物を壊しても補償は一切ありません。また自賠責保険の限度額を超えた場合は、自己負担となります。

 

 

 

次に自賠責保険の補償内容です。
ここでは、細かい補償内容より補償される大体の限度額だけ知っておきましょう。

 

 

死亡時 限度額3000万円(被害者1名につき)

死亡による損害は、葬儀費、逸失利益、被害者および遺族の慰謝料が支払われます。

 

後遺障害 限度額の最高4000万円(被害者1名につき)

事故で受けた傷が治った後も後遺障害があれば、障害の程度に応じて逸失利益および慰謝料等が支払われます。

 

ケガによる傷害 限度額120万円(被害者1名につき)

治療関係費、文書料、休業損害および慰謝料があり、入院1日4,100円のようにそれぞれ細かく支払い基準が決められています。

 

 

 

原付の自賠責保険料

期間

金額

12か月契約 

7,280円

24か月契約 

9,870円

36か月契約 

12,410円

48か月契約 

14,890円

60か月契約

17,330円

 

 

任意保険に加入してなくて困るケースってどんな時?

 

 

 

事故を起こした時

 

原付で事故を起こした時、任意保険に加入していれば事故処理は、保険会社がやってくれます。相手または、相手の保険会社と示談交渉して、お金の支払いまで終わらせてくれます。しかし、自賠責保険だけの場合、全て自分で示談交渉を進めなければなりません。弁護士にお金を払って任せる方法もありますが基本的に自賠責保険の会社は一切動いてくれません。「任意保険でないので当人同士で示談して下さい」と言われます。

 

 

 

物損事故を起こした場合

 

自賠責保険は、物損事故を起こした場合の補償は、ありません。物損事故の損害賠償金額を調べると信号機だと約500万円〜、電柱だと約100万円〜、ガードレールの1スパン約30万円〜とかなり高額です。任意保険に加入していれば無制限に補償されるので安心です。

 

 

 

交通事故での高額賠償判例

 

交通事故での高額賠償判例のトップ30を見ると 一番高いもので5億843万円、30位でも2億7,647万円です。事故で相手が死亡したり、後遺症が残ったりすると億単位の金額が請求されることがあります。ちなみに自賠責保険で補償されるのは、「死亡時 限度額3000万円、後遺障害 限度額の最高4000万円」までです。それを超える額は、自己負担です。

 

 

 

高額賠償判例と言ってもそれは、自動車の話でしょ?

 

原付なら人を引くことなんか無いでしょ

 

 

と思うかもしれませんが原付より安全そうな自転車でも高額賠償の判例があります。下り坂を走行し、交差点に入り、横断歩道を横断中の女性に衝突し死亡させたケースの賠償額は6779万円です。原付でもとんでもない賠償額を請求される可能性は、十分あります。もちろん任意保険に入っていれば「対人賠償:無制限」なので安心です。

 

 

 

排気量125cc以下バイクの任意保険の価格と補償内容

 

ネットである保険会社の見積もりを出してみました。

 

補償内容

対人賠償保険(1名につき)

無制限

対物賠償保険(1事故につき)

無制限

自損事故保険(1名につき)

1,500万円

無保険車傷害保険(1名につき)

2億円

搭乗者傷害保険(1名につき)

300万円

人身傷害補償特約(人身傷害補償担保特約)(1名につき)

なし。または3,000万円

 

加入条件

免許証の色

ブルー

使用目的

日常レジャー用

年間予想最大走行距離

5,000km〜10,000km未満

お住まいの都道府県

東京(都道府県)

ノンフリート等級

初めて加入。6B等級

車種

原付(125cc以下)

 

 

任意保険の価格

 

 

先ほどの補償内容での1年間の保険料です。

 

 

人身傷害補償なし

人身傷害補償3,000万円付帯

20歳

26,900円

41,650円

21歳〜

15,950円

27,040円

 

 

125cc以下の原動機付自転車の保険の年齢条件は、
全年齢補償と21歳未満不担保の2種類しかありません。

 

 

原付の任意保険の口コミ

 

 

マジェスティS(150cc)の任意保険に新規で入った。
対人対物無制限
搭乗者傷害300万円
人身傷害なし
30歳以上6G等級(前契約なし)
14050円/年

 

 

オジサンなんで原付二種の任意保険だと割安感が少ないね。250ccでもいいかも。

 

 

おじさんなら125ccでも保証内容を考慮したらファミバイ特約より単独で任意保険に入った方がいいよ。2台以上持ってる場合は、別だけど

 

 

俺は、ブルー免許で125cc以下、ネット申し込みで対人対物無制限弁護士特約もつけて3万4千円位だった。

 

 

俺は、上と同じ条件だけどゴールド免許だから22000円だった。
ゴールド免許の恩恵は絶大だ。

 

 

俺もブルー免許で搭乗者特約付けたけど22000円くらいだった。等級のおかげかな。

 

PCXに乗ってるけど任意保険は、アクサダイレクトにした。年間の費用は、弁護士特約付きで24000円弱。

 

 

学生だったら40000円くらい行きそうだからファミバイ特約の方が良さそうだね。

 

俺がバイク屋から聞いた話だと原付二種の任意保険の加入率は、2割程度らしい。バイク全体でさえ任意保険の加入率は3〜4割程度って聞いたことあるからそんなもんかもしれない。聞くの忘れたけどおそらくファミバイ特約は、含んで無いと思う。まあ任意保険に入る入らないは、それぞれの価値観によって違うけど入ってない奴は、事故ったら人生積むのは、間違いない。

 

 

俺は、物損事故をした時、自賠責から出ると思ってたが、その時初めて自己負担と知って後悔した。

 

 

初めて原付を買った時、金が無かったから任意保険には、入らなかった。でも事故って相手の車の修理代18万円を自腹で払った。交渉も全て自分でやらなければいけなかった。今思えばそれだけで済んで良かったなと思う。もし、相手が死んでたらって思うとゾッとする。

 

 

原付一種も原付二種も任意保険代は、変わらないからな。

 

 

人をひいて死なせたら賠償額で1億円ぐらいかかるからな。原付で入り組んだ細い道走ってて子供が飛び出してきたこともあるし、こっちが注意してても事故になる可能性は、十分あるよ。

 

去年、スーパーカブ110を買った時、もう一台の250のバイクの保険にファミリーバイク特約を付けたけど、それ以来、スーパーカブばかり乗って250にほとんど乗らなくなってしまった。でも250を手放すとファミリーバイク特約が使えなくなるし、250から原付に任意保険の等級を引継げないから割引無しからスタートになるのが痛い。

 

任意保険の排気量区別は、原付(125cc以下)と自動二輪(126cc以上)。この2つを跨ぐ時だけ任意保険が引き継げないので等級がリセットされて6等級スタートになる。

 

保険の引き継ぎができる場合の例

  • 50cc→125cc
  • 250cc→400cc

 

保険の引き継ぎができない場合の例

  • 50cc→250cc
  • 400cc→125cc

 

 

昔、原付乗ってて車にぶつけたことがある。その時は、任意保険に入ってなかったから10万円を支払った。でも今思えば10万円で済んでよかったと思う。高級車とかなら100万円超えることもあるらしい。

 

 

相手が高級車だったりすると 軽く当たっただけでも数十万円請求されることがある。スクーターなんか全損でも20〜30万円しかでないのに。

 

 

バイクの任意保険って加入率が低いけど夜間に曲った先で歩行者がいきなりでてきたり、転倒して飛んでったバイクが歩行者直撃などいくらでもヤバイケースあるのに。

 

 

事故した時、相手が商用車の場合、修理中の休業補償や代車費用がデカイよ。

 

 

実体験として全労済は、万一の対応に関してはあまり期待しない方がいいよ。もちろん入らないよりはマシだけど。

 

 

任意保険は、ファミバイ特約使ったり、30歳超えてれば月額1000円以下で入れる。それをケチって人身事故を起こすと完全に人生終わる。刑事処分だけでもキツイのに。

 

 

自賠責保険なんか相手を死亡させても最高一人3000万円でしょ。子供を死亡させると賠償金は1億以上なんて普通にあるし、3億円という事例もあるから任意保険は、入っといたほうがいいぞ。

 

 

30歳以上で長くバイクに乗るつもりなら125ccでファミバイ保険に入るより、125cc超で普通に任意保険に入った方が将来的に安くなるよ。

 

30歳以上、20等級で割引50%。人身傷害を付けても1年で4万円くらい。人身傷害を付けなかったら1万円以下になる。俺は、通勤で乗ってるけど、おととし1700万、今年は、10万もらう事故にあった。どっちの事故も相手の過失大な進路変更から起こって、過失割合は、92:8、8:2だった。でも金額がでかい方は、弁護士がかなり助けてくれて、自分のやることは、通院して治療の実績を積み上げることだった。手術したら後遺症軽減の為にリハビリに沢山通ったほうがいい。ちなみにこの2つの事故で自分の等級は下がらなかった。あと人身傷害と弁護士特約は、絶対つけたほうがいいよ。

 

 

任意保険は、事故が起きてからでないと保険の大切さなんかわからないからね。事故したことない人は、無駄な金だと思ってるはず。でも自賠責のみで事故って相手に後遺症が残ったら本当に大変だよ。

 

 

車を所有してない人が1台だけバイク所有してて、任意保険に入るなら125ccにする必要はないな。

 

 

俺は、NMAX155に乗り換えて125cc→155ccになったけど、この場合、車両の分類が変わってくるから任意保険の等級の継承ができない。ここまで無事故で月々の保険料が49%安くなっていたのに新規扱いになって月々の保険料が2倍近くになるのは嫌だな。これが125cc→400ccや125cc→750ccならまだわかるけど、30ccの違いで保険料が2倍は、きついわ。

 

 

任意保険は、加入してない人も多いし別に強要しないけど、ライディングテクニックに関係無く事故は、起こるよ。ちなみに俺は、バイク歴20年だけどこれまで猫が横切ってスリップしたり、見通しが悪い道で子供が急に飛び出してきたことがある。もし転倒してバイクがスライディングして子供の列に突っ込んで死亡したら民事で数億円の賠償だよ。物損事故でも結構多額の支払いになる。死亡事故じゃなくても賠償で1、2年捨てる事もザラにある。それに比べれば任意保険で月数万円払う程度なんかたいした額じゃない。

 

 

バイクじゃないけど知り合いの息子が任意保険未加入で事故して親が大変な思いをした話を聞いた。賠償で払う金が無いから身の回りの物を売ることになって、60歳過ぎた今でも福島まで行って必死に働いてるらしい。

 

 

原付の任意保険のおすすめ

 

 

原付の任意保険をどうするか悩まれている方には、ファミリーバイク特約がオススメです。ファミリーバイク特約は、自分か家族が加入している自動車保険に約7000円〜約20000円を余分に支払えば任意保険と同じような補償を受けることが出来ます。

 

 

詳しくは、「ファミリーバイク特約 まとめ」の方で解説しています。

 

 

もしファミリーバイク特約に加入出来ないならバイク保険の一括見積もりサイトを使って一番安い会社と契約するのがオススメです。

 

 

 

原付で多い事故とは?

 

2007年度の原付の死傷者数を見ると88,442人となっています。これは、二輪車事故全体の59.8%を占めています。そして原付の死傷者88,442人の事故の内訳を見てみると下記のようになっています。

 

 

順位

原付の死傷事故

1位

出会い頭(29,191人)

2位

右折(16,624人)

3位

左折(13,010人)

4位

その他

5位

車両単独

6位

追突

7位

追い越し・追い抜し

8位

正面衝突

9位

人対車両

 

 

原付は、車体が小さいので目立たない存在で車両の影に隠れたり、カーブや登り坂の影になったり、ミラーに映らなかったりと見落とされやすい存在です。

原付の買取業者を比較して原付を高く売る
原付を高く売るには、業者同士の価格を比較することが重要です。
バイク王やバイクランドといった有名どころを含め60社以上が登録しているバイク比較.comがおすすめです。たった数分の入力で数万円変わってくることがあります。


原付を売る前に知っておいたほうが良いことをまとめた「原付を高く売る方法」も読んでみてください。