スズキ アドレス125の口コミ・インプレ

原付の相場を知って高く売る

相場を知れば買い叩かれない

原付の相場がわからずに原付買取を依頼すると提示された買取価格が安いのか高いのかわかりません。無料一括見積もりのバイク比較.comを利用すると複数のバイク買取業者にまとめて依頼できるので各社の査定額を比較して売れます。

スズキ アドレス125(2BJ-DT11A)の口コミ試乗レビュー

 

スズキ アドレス125(2BJ-DT11A)の口コミ試乗レビューをみていきます。

 

スズキ アドレス125の歴史

 

2017年9月29日
アドレスV125シリーズが生産終了し、中国の現地法人である済南軽騎鈴木摩托車有限公司が生産していた?友(UU125i)を日本に正規輸入し、2017年9月29日よりアドレス125として発売。

 

●型式 2BJ-DT11A

 

●年間目標販売台数 3,000台

 

●メーカー希望小売価格(消費税8%込み)  221,400円

 

●車体色は、3色を設定。
・白「パールグレイスフルホワイト」
・赤「キャンディパトリシアンレッド」
・黒「パールノベルティブラック」

 

●製造事業者/済南軽騎鈴木摩托車有限公司
● 製造国/中国
● 輸入事業者/スズキ株式会社

 

 

新型アドレス125 スズキ新製品説明会ダイジェスト

 

 

2018年3月30日
「アドレス125フラットシート仕様」を追加。
アドレス125のシート座面を平らとし、シート下トランクスペースの容量をアップさせたモデル。前後の段差がなくなり、ライダーのポジションの自由度が増した。

 

メーカー希望小売価格(消費税8%込み)  226,800円(※ノーマル仕様より5,400円高い)

 

 

アドレス125フラットシート仕様の口コミ

     

  • タンデム部分との段差がフラットになったから、その分少しシート高上がってる。メットインが狭いという意見が多かったのかも。ステッカーは前のやつの方が好き。
  •  

  • シートが上がった分、シート裏の窪み部分のスペースが上方向に少し広がったってことだろう。
  •  

  • 通常仕様のシート高が745mm。

    フラットシート仕様のシート高が760mm。
    単純に計算するとメットインが1.5cm深くなったのかも。

  •  

  • 自分は、背が低いからシート高が上がるのは嫌だし、シート高が1.5cm上がってもトランク容量は、ほとんど変わらないだろう。これで5000円アップかよ。おそらくアドレス110が値上げしたからバランスをとったんだと思し、たぶんこの値上げした仕様の方がこれから標準になるんじゃない?

  •  

  • ステッカーも地味な大人しい感じに変わってるね。
  •  

  • フラットシート仕様は、デカール無くしたんだね。あの80年代のデカールが似合ってたのに。
  •  

  • トランク側の変更は無い。シート高が高くなって蓋の位置が1cmぐらい高くなっただけ。タクトのハイシートローシートと一緒。
  •  

 

 

スズキ アドレス125のスペック

車種名

アドレス125i

アドレス125

アドレス 125フラットシート仕様

モデルチェンジ区分

新登場

新登場

追加

発売年月

2017

2017年9月

2018年3月

仕向け・仕様

海外向けモデル

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1900

1900

1900

全幅 (mm)

685

685

685

全高 (mm)

1135

1135

1135

軸間距離 (mm)

-

1285

1285

最低地上高 (mm)

-

120

120

シート高 (mm)

-

745

760

車両重量 (kg)

112

109

109

乗車定員(名)

2

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

空冷

排気量 (cc)

124.3

124

124

4スト・カム駆動方式

-

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

4スト・気筒あたりバルブ数

-

2

2

内径(シリンダーボア)(mm)

52.5

52.5

52.5

行程(ピストンストローク)(mm)

57.4

57.4

57.4

圧縮比(:1)

10.3

10.3

10.3

最高出力(kW)

6.9

6.9

6.9

最高出力(PS)

-

9.4

9.4

最高出力回転数(rpm)

7500

7000

7000

最大トルク(N・m)

7.9

10

10

最大トルク(kgf・m)

-

1

1

最大トルク回転数(rpm)

6000

6000

6000

燃料タンク容量 (L)

-

6

6

燃料(種類)

-

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

満タン時航続距離(概算・参考値)

-

312

312

エンジン始動方式

-

セルフ・キック 併用式

セルフ・キック 併用式

点火装置

-

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

-

CPR7EA-9

CPR7EA-9

点火プラグ必要本数・合計

-

1

1

搭載バッテリー・型式

-

FTX7A-BS

FTX7A-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

-

0.8

0.8

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

-

0.65

0.65

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

-

10W-40

10W-40

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

1次減速比

-

2.47

2.47

2次減速比

-

3.461

3.461

フレーム型式

-

アンダーボーン

アンダーボーン

キャスター角

-

27°00

27°00

トレール量 (mm)

-

92

92

ブレーキオイル適合規格

-

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

ユニットスイング式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

-

52

52

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

-

51

51

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

タイヤ(前)

-

90/90-12

90/90-12

タイヤ(前)構造名

-

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

-

44

44

タイヤ(前)速度記号

-

J

J

タイヤ(前)タイプ

-

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

-

100/90-10

100/90-10

タイヤ(後)構造名

-

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

-

56

56

タイヤ(後)速度記号

-

J

J

タイヤ(後)タイプ

-

チューブレス

チューブレス

ホイールリム幅(前)

-

2.15

2.15

ホイールリム形状(後)

-

MT

MT

ホイールリム幅(後)

-

2.5

2.5

ヘッドライトタイプ(Hi)

-

HS1

HS1

メーター表示:燃料計

車両装備:キャリア

 

デザイン・カラー

快適性とデザイン性を両立した伸びやかさに新規性を取り入れたデザイン。

 

・ハンドルを切った方向を常に照らすことができるハンドルマウントのヘッドランプ

 

・切れ長で個性的なフロントレッグシールド内蔵のフロントウィンカー

 

・スピード感を表現するスポーティーなサイドラインと躍動的なシルエットのリヤビュー

 

・車体色は、白「パールグレイスフルホワイト」、赤「キャンディパトリシアンレッド」、黒「パールノベルティブラック」の3色を設定。

 

アドレス125のデザイン・色の口コミ

     

  • デザインコンセプトは、「simple but better」。今までのスズキのスクーター良さを今一度振り返りながら長く付き合っていけるスタンダードなスタイリングを目指したらしい。
  •  

  • おじさんでも違和感のない落ち着いたデザインね。写真見た時は、ダサいと思ったけど実物は、そんなに悪くなかった。
  •  

  • JOGに12インチ履かせたみたいな見た目。
  •  

  • 初めて実車見たけど、第一印象は、デカイい。シートが長いし、足元が広い。
  •  

  • アドレス125の見た目は、高齢者向けスクーターって感じがする。
  •  

  • スズキっぽくないデザインだね。スペーシーって名前の方が似合いそう。
  •  

  • アクシストーリトみたいなデザインだね。
  •  

  • この前、走ってるの見たけど、今風のヴェクスターって感じだった。
  •  

  • 実用的な見た目だね。20年位前に見慣れた感じの外観で街に溶け込んでていいと思った。
  •  

  • 今日初めて見たけどVシリーズの雰囲気がない。スペーシー125やアクシストリートに近い感じがした。
  •  

  • 俺もヴェクスタ-と思った。あと結構でかいね。
  •  

  • 無難なデザインだな。
  •  

  • ホイールをブラックにするだけでかなりマシになったと思うけど、これも経費削減なんだろう。
  •  

  • バイク屋で実物見てきたら、まさに「アドレストリート」って感じだった。
  •  

  • スペイシー好きの俺には、アドレス125の形は好きだった。でもステッカーは、ダサかった。
  •  

  • バイク屋に行ったらNMAX、PCX、JET14とアドレス125が並んでた。正面から見た感じだと他の若干大きめの125スクと比べても存在感で負けてなかった。
  •  

  • 俺もステッカーよりエンブレムの方がいいと思った。アドレスV125Gみたいにして欲しかった。通勤でアドレス125と併走したけど、いかにも中国っぽいバイクでカッコ悪かった。でもその分安いからいいんだけど。
  •  

  • 80年代の懐かしいデザインとステッカー。ダサいけどホンダのフュージョンに通じるものがあって嫌いではない。
  •  

  • ステッカーが昭和だね。40代以上をターゲットにしてるんだろう。
  •  

  • アドレス125のメイン市場は中国で生産も現地だからコスト優先で見た目が安っぽいのは仕方無い。差別化でスタイリッシュなスウィッシュが出るし、アドレス110もあるから、自分の方向性で選べる。
  •  

  • 安っぽい酷いデザインだと思う。スズキは、V125もV125Sもこのモデルもそうだけど、経年劣化で白濁してくる樹脂の面積を減らしてほしい。なぜモデルチェンジしたのにウィンカーランプ部を安っぽい樹脂のパーツに埋め込んだんだろう?そこはカウルと一体にしてほしかった。安っぽいプラスチック丸出しのグレーの樹脂パーツを使うのは、控えて欲しい。
  •  

  • アドレス125になってダサくなったな。
  •  

  • 画像見た時は、ダサって思ったけど、実物見たら、尖ってないし、釣り上がってないし、大人っぽくて、落ち着いたデザインで長く乗るには、いいと思った。
  •  

  • なんか古臭いデザインだね。せめてアクシスZみたいなデザインにしてほしかった。
  •  

  • デザインは、かっこ良さより盗難やイタズラされにくい地味な方がいいから自分はこれでOK。でも青色を出して欲しかった。
  •  

  • フロントカウルがボテっとした感じだね。
  •  

  • 中国人向けにデザインされてるはずだから日本人には合わない。まあ、機能面が優れてるからデザインは、気にしなくていい。どうせ下駄として使うバイクなんだから。
  •  

  • 俺は、このカッコつけてない感じのデザインが気に入ってる。今どき、こういうデザインは、無い。
  •  

  • バイク屋で実物を見てきたけど、そこまでカッコ悪くなかった。前から見たらそれなりの存在感があってそれがかなり面子を気にする中国人向けのデザインなんだと思う。
  •  

  • ロゴがバブル期を思い出させる。
  •  

  • ロゴがダサいな。ロゴがもう少し良ければ全体の印象も変わる気がする。
  •  

  • フロントタイヤの泥除けが独立してなくてボディ一体のデザインだから、大きな車体とタイヤにあってないね。コストカットを最優先にしたモデルなんだろうが、やっぱりダサいわ。
  •  

  • ダサいから盗難とか気にせずハードに使えるんだよ。PCXなんか350台も盗んだ窃盗団が逮捕されてただろ。窃盗を心配しなくていいのは、メリット。
  •  

  • 安くて下駄として使うからこのダサさが落ち着く。カッコ良さを求めるなら違うバイク買えばいい。
  •  

  • 赤は赤というより小豆色だね。
  •  

 

 

エンジン

・優れた燃費性能と走行性能を両立した新開発のSEP(スズキ・エコ・パフォーマンス)エンジンを搭載。

 

・スムーズな加速性能(最高出力6.9kW/7,000rpm、最大トルク10N・m/6,000rpm)

 

・優れた燃費性能 51.0km/L(WMTCモード)

 

 

アドレス125の加速、最高速、その他エンジンに関するの口コミ

     

  • 思いっきり引っ張っても最高95km/hしか出ない。俺の体重は、70kg。
  •  

  • メーター読み100km/hちょうどまで出たよ。
  •  

  • スタートダッシュの加速はマイルドだがパンチ力があって伸びを感じた。信号待ちからのダッシュで他の車は、置いていけるぐらいの加速。
  •  

  • スズキ公式の現行アドレスV125と新型アドレス125の発進性能の比較動画で新型アドレス125は、スロットルを開けて、出だしのタイムラグが非常に少なく、発進後、数メートルで一車身ほど現行アドレスV125を引き離すほどの発進性の良さを持っている。
  •  

  • ゼロ発進から60q/hぐらいまで凄くスムーズな加速だった。アドレスV125より速いと思う。
  •  

  • 慣らし中なのに信号停止からの出だしは最高だと思った。
  •  

  • 新型 アドレス125/Address125 0-80km 全開加速性能】


    これを見たら55km/h付近で加速が鈍る。

  •  

  • エンジン音を聞くと静かだけど頼りないって感じでホンダのエンジン音に似てる。アドレスV125(K7)の時は、アクセル捻ると「ドルン!ドルン!」って粘りのあるたくましいエンジン音と感触が伝わってくる感触が好きだった。
  •  

  • エンジン始動は最新のGSXシリーズなどにも採用されているイージースタートシステムが搭載されてるからスタータースイッチを一回押すだけ。
  •  

  • 乗ってきたけど凄く良かった。エンジンの滑らかさや静かさは、PCXに近い感じ。低中回転のトルク出てるし、発進や加速が速い。
  •  

  • 前乗ってたDio110は、凄く静かだったけど、アドレス125も同じくらい静か。
  •  

  • 新設計のエンジンは、静かだし、ストレスなく走ってくれてるから今のところ何も不満もない。
  •  

  • アクセルを戻して停止するまでにエンジンの回転が止まるんじゃないかってぐらい静かになる。
  •  

  • この価格でこの加速なら優秀な方。エンジン性能は、2ストリード100相当だと思う。アドレス125は、過大な期待をするようなバイクじゃなく必要十分なエンジン性能。
  •  

  • 故障してもエンジンが空冷だから、水冷に比べて修理工賃が半分ぐらいだし、スズキのバランサー技術で水冷と遜色無い静粛性とスムーズさだから大したもんだよ。
  •  

 

 

燃費

燃料消費率
定地燃費値 52.0 km/L(60km/h)2名乗車時
WMTCモード値 51.0 km/L(クラス1)1名乗車時

アドレス125の燃費の口コミ

     

  • 排ガス規制対応車でこの燃費は、凄い。現行のPCX(EBJ-JF56)がWMTCモードで50.6km/Lだから51km/Lのアドレス125の方が燃費が良い。
  •  

  • まだ慣らしで40〜50km/h走行だけど、初めて計算したら燃費が約50km/Lだった。12月にしては良い。
  •  

  • これまで2回給油したけど平均50km/L。
  •  

  • 買って半月で360km走った。燃費を計算してみたら35km/h。夜間に片道10kmで走ってるから渋滞はない。
  •  

  • 1月の始めに買って燃費が38km/Lくらい。寒いし、片道6kmぐらいの住宅街の通勤だからこんなもんか。
  •  

  • 燃費50km/Lいったけどアクセルも少ししか開けてないし、定速走行だった。
  •  

 

 

乗り心地・乗り味・ポジション

 

広々としたフラットな足元スペースを確保し、快適なライディングポジションを実現。

 

左右の足元付近を絞り込んだカットフロアボードによって良好な足つき性を実現。

 

12インチの大径フロントホイールによる高い安定性。

 

 

アドレス125の乗り心地・乗り味・ポジションの口コミ

     

  • 乗り心地は、フラフワしてるわけでもなく硬すぎるわけでもなく、しっかりしてる感じ。足つきは、短足の自分が股がっても不満がない高さ。
  •  

  • 足つき性は、いいよね。
  •  

  • 新型アドレス125は、足付き性は抜群だし、フロントのフラフラ感も無くすごく走りやすい。
  •  

  • 足をリアステップに置いて、お尻を後ろにズラしてMTのバイクみたいな前傾姿勢を取ったら楽しいと気づいた。
  •  

  • エンジン音が静かだからストレスが無いし、ちょうど良いサイズで安心感がある。
  •  

  • 買ったばかりの頃は、このサイズに戸惑ったが、今は、この大きさに安心感を感じてる。走りが滑らかで足元が広いから凄く快適。買ってよかった。
  •  

  • 今まで色々なバイクに乗ってきたが、フラットフロアでここまで足が伸ばせるスクーターは、アドレス125が初めて。さらに凄く静かで風の音を聞きながら楽な姿勢で走れるから本当に快適。
  •  

  • 足の自由度が高いから長距離でも楽。アドレス125に乗ってるといろんな場所に行ってみたいって思えるようになった。車体が大きくて安心感があるし、フロント12インチのタイヤで路面のギャップでも走破性が高い。サスも固くも柔らかくも無く、絶妙な味付け。
  •  

  • 193cm、89kg、足のサイズ30cmの友達にセンタースタンドを掛けた状態でアドレス125に跨ってもらった。シート後方に座れば膝を曲げずに真っ直ぐ伸ばせる。肘も曲がらない。足元のスペースから足がはみ出ることもなく真っ直ぐ足を置ける。体がデカイ人にはいいかも。
  •  

  • 床が凄く広いし、低重心で安定感があった。車体が大きいだけある。
  •  

  • 足をつく時に邪魔にならないようサイドのステップ部分がえぐれてる。トリートに乗ってた時は、よく足が当たってたからこれはいい。
  •  

  • 静かで振動が少なく、ポジションの自由度が高い。直進安定性もいいね。
  •  

  • 足元が広くて快適。足も真っ直ぐ伸ばせる。
  •  

  • 信号待ちの時のアイドリングの振動が気になる。
  •  

  • 今日納車された。足元が広いとは聞いていたけど想像以上だった。慣らしで200kmぐらい走ってみたけど、身長175cmで膝を曲げずに真っ直ぐ伸ばせる。その姿勢が疲れたら座る位置を変えたり、いろんなポジションを選べる。
  •  

  • 身長180cm近くあるけど ビグスク並に楽なポジションが気に入った。
  •  

  • アドレス125は、安定感があるし着座姿勢からくる操縦性の素直さと疲労感のなさは、125クラスでトップクラスだと思う。
  •  

 

 

サスペンション

アドレス125のサスペンションの口コミ

     

  • スズキ公式の動画でフロントサスのインナーチューブの径が30mmでこのクラスでは大径と言ってた。でもアドレスV125が30mm。Dio110が29mm。PCXとベンリィ110とシグナスが31mmだから最近の原付二種スクと比べると変わらないね。
  •  

  • サスは、柔らかすぎず硬すぎずでちょうど良い味付けだと思った。
  •  

 

 

ダンデム

アドレス125のダンデムの口コミ

     

  • ダンデムしてもどっしりしてて安心感があった。
  •  

 

 

シート

アドレス125のシートの口コミ

     

  • アドレス125の展示車に跨ってみたけど、シートの後席がかなり広くて凄く楽そうだった。
  •  

  • シートは、硬いね。
  •  

 

 

メットイン

スズキ アドレス125(2BJ-DT11A)のメットイン
※画像はアドレス125(フラットシート仕様)
形状、大きさによってシート下トランクスペースに収納できないヘルメットもある。最大積載許容重量10kg

 

アドレス125のメットインの口コミ

     

  • 公式の画像のフラットシート仕様のメットインに入ってるのは、アライのフルフェイスに見えるね。
  •  

  • 車体がデカイくせにメットインが小さいのは、なんで?
  •  

  • ノーマルの方だけどOGKのアフィードのLサイズは、入った。シートは少し押し付けたら閉まった。
  •  

  • 名前忘れたけどアライのXLフルフェイスが押し付けずに入った。
  •  

  • ジェットだったら確実に入る。でもアライのフルフェイスを入れようとしたら入らなかった。
  •  

  • 実際、物を入れてみるとメットインが微妙ってわかる。
  •  

  • メットインは、狭いけど小さなフルフェイスは入る。でかいの入れたいならリアボックスが必要。
  •  

  • おそらくRX-7Xのようなでかいベンチのヘルメットだと閉まらないと思うけど、Quantum-Jは、入ったし、ちゃんと閉まった。
  •  

  • メットインにショウエイのJ-Cruiseは、入らなかった。
  •  

  • 歴代アドレスの中で最も車体がデカいのに、なぜか1番メットインが小さいって。。。
  •  

  • アドレス125は、メットイン容量が18Lで更に形状も悪い。アドレスV125S(容量20.3L)は、前モデルのアドレスV125(容量21L)より狭くなったけど形状がかなり考えられてて、XLのフルフェイスが入ったけどアドレス125は、ダメ。
  •  

  • メットインの中の右側に蓋付きスペースがあって、そこに書類を入れられる。中華仕様だとここに車載工具が入ってる。
  •  

  • アドレス125のメットインは小さいけど、標準装備でゴツいリアキャリアが付いてるし、リアボックス付ければいいじゃん。
  •  

  • ノーマルの方だけど高さ230mmのヘルメットが軽く押し付けるくらいで閉まった。
  •  

  • アストロIQのMサイズは、入らなかった。
  •  

 

 

フロントインナーラック

スズキ アドレス125(2BJ-DT11A)のフロントインナーラック
フロントインナーラックは、600mlのペットボトルを左右1本ずつ収納可能。形状によって収納できないペットボトルもあり。最大積載許容重量1.5kg。

 

 

アドレス125のフロントインナーラックの口コミ

     

  • 左右どちらにも600mlのペットボトルが入るのはいいね。
  •  

 

 

かばんホルダー

スズキ アドレス125(2BJ-DT11A)のかばんホルダー
大型のストッパー付かばんホルダーをハンドル下に装備。持ち手の太いかばんもかけられます。ストッパー付なので荒れた路面での荷物の落下を抑止。折りたたむこともできます。最大積載許容重量1.5kg。

 

アドレス125のかばんホルダーの口コミ

     

  •  

 

 

メーター

スズキ アドレス125(2BJ-DT11A)のメーター
大きく見やすいアナログ表示のスピードメーターを中央に、右にはアナログ表示の燃料計、左にはインジケーターランプを配置。

 

アドレス125のメーターの口コミ

     

  • フルアナログのメーターでも不満はないけど、せめて時計付けて欲しかった。
  •  

  • なんで時計なくしたんだろう?意味がわからない。
  •  

  • メーターがやけにフラフラすると思ったら昔ながらのワイヤー式か。電気式のが良かったけど、メーターとセットで考えたら コストがかなり違うもんな。
  •  

  • インプレのサイト見てたらアドレス125の燃料計は、結構癖があるね。他のバイクも同じだけど、タンク形状が箱型ではないから残量とメーターのメモリが一致しない。まあ大体の目安と思えばいい。
  •  

     

 

 

 

バルブ(電球)

アドレス125のバルブ(電球)の口コミ

     

     

  • アドレス125は、薄黄色っぽい安物の球だから暗い。
  •  

  • アドレス125のヘッドライトは、明るいとは言えないがアドレスV125Gより配光が良いから走りやすいよ。
  •  

  • ヘッドライトをスフィアライトのRIZING2のLEDにしたら純正とは比べものにならないぐらい明るくなったよ。初めてのLEDヘッドライトだけど、期待してた以上に明るかった。これなら夜道でも十分使える。ちなみに純正球が暗過ぎるから灯火類は全てLEDに交換した。ウインカーリレーは、値段が高いから抵抗を買って自分で付けた。そんなに難しくなかった。
  •  

  • ヘッドライトの中にあるスモールライトは、ヘッド球が切れた時に便利。あれのおかげで完全に無灯火じゃ無くなるから安全。
  •  

  • アドレス125のヘッドライトの明るさには、不満無い。でも被視認性を上げたいからLEDに交換しようとしたらカウルが全然外れない。結局買った店に頼んで交換してもらった。作業を見てたら、ライト周りのカウルがかなり外しにくそうだった。無塗装のカウルに塗装パネルが張り付けてあって、素人にはキツイかも。交換してもらったLEDがこれ。差し込み穴が純正バルブ+αだから入らなかったけど2ミリ程度広げてもらって装着はできた。
  •  

  • LEDライトを付けたけど簡単だったよ。カウルを外さずに隙間を作るだけで交換できた。
  •  

 

 

リヤキャリア・リアボックス

スズキ アドレス125(2BJ-DT11A)のリヤキャリア・リアボックス
リヤキャリアを装備。オプションのトップケース装着にも配慮してます。太めのリヤキャリアバーはタンデム走行時のグラブバーとして、また、取り回し時のグリップとしても活用でき、スタンド掛けなどにも便利。最大積載許容重量は、6kg。

アドレス125のリアキャリア・リアボックスの口コミ

     

  • シャッドだけど標準のキャリアに無加工で取り付けられた。
  •  

  • リアキャリアついてるけど、自転車っぽいのがイマイチ。
  •  

  • リアボックスは、SHADの「SH40CG CARGO(14480円)」をAmazonで買って付けた。
  •  

  • SHADのSH40付けたらサイズ的にもアドレス125にジャストフィットだったよ。
  •  

  • アドレス125にリアボックスを付けると、シートとキャリアに荷物積めなくなってせっかくの長いシートが無駄になる。それに大きな車体が更にでかくなる。
  •  

  • GIVIタイプのリアボックスだったら、ワンタッチで外せるから必要な時だけつければいい。
  •  

  • つるしでGIVIのベース付けられるようにしてくれたスズキは、優しい。ホンダのバイクなんか穴を開けてるのにあえてズラしてるからね。純正リアボックスを買わすためにそこまでしてる。
  •  

 

 

タンデム

スズキ アドレス125(2BJ-DT11A)のタンデムステップ
タンデム走行時に引き出して使用するスマートな格納式タンデムステップを装備。

アドレス125のタンデムの口コミ

     

  • 初めてタンデムしてみたけど安定性抜群で満足できた。
  •  

 

 

サイドスタンド・センタースタンド

スズキ アドレス125(2BJ-DT11A)のサイドスタンド
センタースタンドに加え、駐輪時に便利なサイドスタンドも標準装備。インターロック機能付きで、スタンドを格納し忘れた状態での走行を抑止します。

 

アドレス125のセンタースタンド・サイドスタンドの口コミ

     

  •  

 

 

ミラー

スズキ アドレス125(2BJ-DT11A)のミラー
ミラーステーにゴムブーツをプラス。ボディデザインにマッチした質感の高いものとした。

アドレス125のミラーの口コミ

     

  • ミスターバイクのインプレに真後ろが見えにくいと書いてた。
  •  

  • 俺は、ノーマルで問題ない。真後ろもちゃんと見えるし。
  •  

 

 

バッテリー・キック

アドレス125のバッテリー・キックの口コミ

     

  • バッテリーは、Amazonで安く購入できるし、フロア下に入ってるから簡単に交換できる。フロントパネルの下にあるのは面倒。慣れてなきゃ爪折るし。
  •  

  • アドレス125のバッテリーは、「YTX7A-BS」。Amazonで見ると台湾ユアサ・互換品が3000円〜。ユアサ国内正規が10000円。
  •  

  • アドレス125は、キックがついてるから安心だね。
  •  

  • バッテリーが死んだ状態でキック始動出来ないなら、キックは必要ないわ。アドレス110でもバッテリーが逝ってキック始動できずに困ってる人いた。
  •  

  • バッテリーがあがる前は、兆候があるから推測できる。でもセルは突然止まるからキックある方がいい。
  •  

  • アドレスV125のスターターリレーで苦い思いしたからキックは絶対必要。
  •  

  • セルモーターを含め、スイッチ類が壊れた時だけに有効なのがキックだから。バッテリーが完全に死んだら、何をやってもダメ。
  •  

  • キックが役に立つのは、セルでギリギリかからない低電圧の時に限る。あるいは、バッテリーは問題ないけど、セルモーターが壊れてる時。
  •  

 

 

メットホルダー

スズキ アドレス125(2BJ-DT11A)のメットホルダー
シート下前部にヘルメットホルダーを2個装備。形状、大きさによってかけることができないヘルメットもあります。

アドレス125のメットホルダーの口コミ

     

  •  

 

 

キーシリンダー

スズキ アドレス125(2BJ-DT11A)のキーシリンダー
鍵穴へのいたずらや、盗難を抑止するシャッター付。シートオープン機能も装備。配線直結による不正なエンジンの始動を抑止する「直結始動抑止回路」も装備。

 

アドレス125のキーシリンダーの口コミ

     

  •  

 

 

スクリーン

純正ウィンドスクリーンセット(94600-10820)
クリア ポリカーボネート
¥16,200(消費税込み)+参考取付費(時間0.4h)

 

アドレス125のスクリーンの口コミ

     

  • アドレス125の純正スクリーンの値段は、高過ぎる。
  •  

  • シールドとナックルバイザー付けてもらった。シールドは、かなりショートだが頑丈でかわいい。値段は、2つ合わせて3万円ぐらい。
  •  

 

 

グリップヒーター

純正グリップヒーター(57100-10861)
¥20,520(消費税込み)+参考取付費(時間1.1h)
左右セット 半周ヒーター

アドレス125のグリップヒーターの口コミ

     

  • 純正グリップヒーターは、高いな。車体が安いから買ったのにグリップヒーターにこの値段は、払えない。防寒グローブで我慢しよう。
  •  

  • オプションの純正のグリップヒーターは、商品代20,520円+工賃ってなってるな。
  •  

  • オプションのグリップヒーターは、工賃込みで全部で3万6千円ぐらいかかる。
  •  

 

 

ハンドルカバー

アドレス125のハンドルカバーの口コミ

     

  • アドレス125は、ハンカバが似合うから迷わず付けられる。
  •  

 

 

乗り出し価格

アドレス125の乗り出し価格の口コミ

     

  • 2017年10月

    某バイク屋では、アドレスV125よりアドレス125の方が安くて乗り出し価格が21万円。ダンクやVOXより安い。まあ、定価では、ダンクとあまり変わらないし、VOXは、アドレス125より定価が高い。

  •  

  • 2018年1月

    前のポンコツの廃車と整備登録等と盗難保証2年込みで212000円。自賠責保険は前のバイクから載せ替え。

  •  

     

 

 

その他

アドレス125のその他の口コミ

     

  • 燃費良し。箱付けるためのリアキャリア標準装備。床がフラットで広く足を投げ出して乗れる。さらに値段が安い。アドレス125最高。
  •  

  • 2017年12月時点で規制対応した車種の中では、最安。乗車姿勢が楽で足元が広く、静かで安定してる。更に燃費も良い。
  •  

  • 慣らしは、1000kmってマニュアルに書いてあった。
  •  

  • アドレス125で検索すると必ずアドレスV125の検索結果が出てくるから欲しい情報が見つからなくて面倒くさい。名前変えてほしいわ。
  •  

  • アドレス125は、名前からVが消えたからVシリーズの新型じゃない。だからアドレスV125ユーザーの乗り換えを狙って作ったスクーターじゃないんだよ。
  •  

  • アドレス125の車体サイズやホイールベースは、リード125と同じぐらいで原二スクでは、特に小さくも大きくも無い普通のサイズ。燃費、車重、メットイン、デザイン、価格のどれをとっても卒なく走行性能も悪くないけどコンパクトさが売りだったアドレスV125と比べるとはっきりした特徴がない。全てで中途半端な印象。
  •  

  • 日本のスーパーや駅前とかの駐輪場は125ccまで停めれるけど、原付一種サイズでないと停めにくい事が多い。だから従来のアドレスV125が便利だったのにアドレス125の車体サイズになると不便だね。まあ、日本のニーズ向けて作ったんじゃないのは間違いない。
  •  

  • アドレス125は、アクシスZと一緒で台湾や中国のファミリー向けをターゲットに作られたスクーターだから親子で乗れるように足元を広くして、フラットなロングシートにしてる。あっちの国は、半帽で乗る人が多いし、どっちにしてもみんなのヘルメットは、収まらないからシート下スペースは浅くていい。前カゴやリアボックスを付ける習慣もあまりない。市場にあわせた改良だから日本人にとって不満の部分があるのは、仕方ない。アドレスV100は、年間15,000台売れたが、アドレス125の年間目標販売台数は3,000台。市場が縮小する日本にはありあわせを売るしかない。
  •  

  • この値段でエンジンは最新、装備も十分、かばんホルダーなのも嬉しい。
  •  

  • アドレス125の年間目標販売台数を見ると、ただのショートリリーフに過ぎないことがわかる。スズキの原付二種スクーターは、アドレス110とスウィッシュのハイローミックスでいくと思うし、アドレス125は、安い価格でゆったりツーリングしたいニッチの層向けに細々と残るかも。
  •  

  • アドレス125は、もともと中国人向けにつくったモデルだから、GSR250と同じで中国人の好みに合わせて立派に見せる設計だから日本人には、あわないと思う。まあ、コスパは良いと思うけど。
  •  

  • バイク屋でアドレス110と並んでるの見たけど確かにアドレス125は、大きくて立派。静かだし、装備も悪くないし、足元は広いし、コスパは最高。でもリヤステップが張り出してるから押してる時に足に当たって転びそうになった。
  •  

  • どうしても先代のアドレスV125と比べてしまうから、買う人が少ないんだろうね。この価格と性能なら全然悪くないと思うけど。
  •  

  • アドレス125は、安価な下駄としての需要が多いし、そんなに売れてないからカスタムパーツが増える可能性は今後も低いだろう。
  •  

  • 2017年12月に納車された車番が1000番台だから、まだ全然流通してない。街中でも全然見ないし。
  •  

 

原付の買取業者を比較して原付を高く売る
原付を高く売るには、業者同士の価格を比較することが重要です。
バイク王やバイクランドといった有名どころを含め60社以上が登録しているバイク比較.comがおすすめです。たった数分の入力で数万円変わってくることがあります。


原付を売る前に知っておいたほうが良いことをまとめた「原付を高く売る方法」も読んでみてください。