ホンダ PCX150(2BK-KF30)の口コミ・インプレ

原付の相場を知って高く売る

相場を知れば買い叩かれない

原付の相場がわからずに原付買取を依頼すると提示された買取価格が安いのか高いのかわかりません。無料一括見積もりのバイク比較.comを利用すると複数のバイク買取業者にまとめて依頼できるので各社の査定額を比較して売れます。

ホンダ PCX150(2BK-KF30)の口コミ試乗レビュー

 

ホンダ PCX150(2BK-KF30)の口コミ試乗レビューをみていきます。

 

ひとつ前のモデルは、PCX150(JBK-KF18)の口コミ・インプレを見てください。

 

 

ホンダ PCX150(2BK-KF30)の歴史

 

2018年4月20日

2018年4月20日にPCX150をフルモデルチェンジして発売。

 

フルモデルチェンジ前後の主な変更点

  • 型式は、JBK-KF18から2BK-KF30に変更。
  •  

  • PCX150だけABSタイプを選択可能になった。フロントだけ作動するABSを採用。
  •  

  • Honda SMART Keyシステムを新たに採用。
  •  

  • 外観をプレミアム感と先進感を出したものに変更。斜めに切り上がるロービームとハイビームの組み合わせで、それぞれの点灯時に違う表情を演出。ポジションランプは、ロービームを囲むように配置され、LEDの細長いウインカーで精悍な印象に。左右に伸びた上下二段のテールとストップランプは、上段と下段の幅が変更された。
  •  

  • 駆動系・吸排気系の変更やフリクションの低減などで、従来モデルの低・中速域での力強い出力特性にプラスして中・高速域で更にスムーズで力強い加速を得た。
  •  

  • フレームは、ダブルクレードルに変更。ボディーとフレームを繋ぐパーツに樹脂製を使用するなどして、軽量化も目指し軽快感のあるハンドリングに貢献。
  •  

  • タイヤは、前後共にワイド化され、軽量化を目指した14インチホイールと組み合わせた。
  •  

  • リアサスは、リアのクッションストロークを増やし、3段階のバネレートを持つスプリングを採用。
  •  

  • メーターは、反転液晶表示のデジタルメーターを採用。精悍なデザインと見やすさを両立。
  •  

  • メットインスペースが従来モデルの25Lから28Lに増えた。
  •  

  • 左側のフロントインナーボックスは、従来モデルと同様に500mLのペットボトルが収まるサイズだが従来よりボックス内が見やすくなった。
  •  

  • マフラーは、ブラックとシルバーのツートーン。モーターサイクルイメージのテールキャップを装備した。
  •  

  • ステップ位置を前へ伸ばして足元の空間の居住性が改善された。
  •  

  • ハンドルのグリップエンドは、シルバーを採用。
  •  

 

●カラーバリエーション
・キャンディラスターレッド
・ポセイドンブラックメタリック
・パールジャスミンホワイト
・ブライトブロンズメタリック

 

2018年4月20日発売のホンダ PCX150(2BK-KF30)の車体色

 

●販売計画台数(国内・年間)
PCX150/PCX150<ABS> 合計 6,000台
●メーカー希望小売価格
PCX150     373,680円(消費税抜き本体価格 346,000円)
PCX150<ABS> 395,280円(消費税抜き本体価格 366,000円)
●製造国
ベトナム

 

 

 

 

デザイン・カラー

  • スタイリングのコンセプトは、「美しさと力強さ」。
  • 流麗で伸びやかなフォルムを基調にフロントからリアまで連続的に変化のあるボディー曲面で構成。
  • LEDを採用した新デザインの灯火器類と相まって先進性と上質感を更に高めたスタイリング。

PCX150(2BK-KF30)のデザイン・カラーの口コミ

     

  • ドリームで聞いたら新型は、男で白とレッドを選ぶ人が多いって。ブロンズ選ぶ人は、少ないらしい。
  •  

  • ブロンズ買ったけど、ボディのエッジが強調されてて綺麗だし、スイッチ類を含めて全体的に質感が高い。
  •  

  • KF30は、タイヤが太くなったけど、リア周りのボリューム感が乏しいな。やっぱり大きいリアボックス付けた方が無難も。あと短いスクリーンが更に短くなってるね。
  •  

  • 旧型のKF18は、ボデマンシールド付けたら頭でっかちな感じが結構あったけど、新型のKF30は良いバランスになってるね。ホンダは、旧型の不満点を一個づつ改善していってる。
  •  

 

 

エンジン

  • 軽量・コンパクトな水冷・4ストローク・単気筒エンジン「eSP」の?部仕様を変更。エアクリーナーおよびエキゾーストマフラーの形状・内部構造を見直すなど高回転域における出力向上を実現し、ドライブフェイスとドリブンフェイスの形状を大型化し変速比の幅を拡大、低速域の加速力と中高速域での伸びのある走りを両立。

PCX150(2BK-KF30)のエンジンの口コミ

     

  • 新型の最高速は、メーター読み118km/h(GPSで110km/h)で頭打ち。
  •  

  • 東名の110km/h区間を走った。メーター読み120km/hでリミッターかかる。
  •  

  • KF30は、メーター読みで121km/hで頭打ちだった。GPSでは112km/h。
  •  

  • 新型PCX150の最高速は、GPSで110〜114km/hぐらい。路面や傾斜や空気圧で変わってくるけど誤差は6〜8%ぐらい。メーター読みだと120km/hぐらい。シャシ台で無改造のをレブリミットまで回してる動画では、メーター読み124km/hぐらいだった。
  •  

  • 俺のは、メーター読み122km/hで頭打ちだった。
  •  

  • アドレスV125GからPCX150ABSに乗り換えたけど、加速はアドレスV125Gと変わらないぐらいいいよ。まだ慣らし中だけど、60→100km/hまではアドレスより速い。それにアドレスV125Gの時は、100km/h出そうとすると怖かったけどPCX150は、安定してて怖くない。でも足つきが悪くなったし、車重も重いから慣れるまでそこが大変。
  •  

  • 走りはめちゃくちゃスムースだね。発進時以外は排気音が気にならない。
  •  

  • PCX150で高速道路を走ってみたけど8000〜9000回転以上の高回転を維持して走るのは、エンジンの負荷が高そうで怖いな。
  •  

  • 俺のKF30は、メーター読みで121km/hまで出るよ。でも巡航するなら風圧で疲れるから90〜95km/hかな。
  •  

  • 俺は、よく高速乗ってるけど、いつも一番左を90km/hぐらいで巡航してて、たまに100km/hで追い越しするぐらい。
  •  

  • PCX150(KF30)で高速走ってる動画あった。
  •  

 

 

燃費

 

PCX150(2BK-KF30)の燃費の口コミ

     

  • PCX150買って60kmぐらい走ってきて燃費が61km/L。今は走行距離80kmぐらいになって燃費は、順調に58.5km/Lまで下がった。
  •  

  • KF30に荷物8kg、体重68kgで片道20kmぐらいの通勤で乗ってる。行きが40分、帰りが30分、アイストは5分ぐらい。アクセルは、たまにガバ開けするぐらい。燃費55km/Lぐらい。
  •  

  • JF56からKF30に乗り換えて郊外の長距離走行が多いので燃費50km/L以上を維持してるけどJF56と比べると燃費がマイナス5km/Lくらいになってる。65km/hを超えたらJF56より大きく燃費が悪化し始める。
  •  

  • 燃費気にしないでいつもブン回してるけど燃費41km/Lは余裕。
  •  

 

 

給油と燃料タンク

  • 8Lの燃料タンク

PCX150(2BK-KF30)の給油と燃料タンクの口コミ

     

  • 今の燃料タンク容量と燃費だと400km程度でタンクが空っぽになる。
  •  

  • ツーリングだと400km走ってまだ余裕ある。
  •  

 

アイドリングストップ

PCX150(2BK-KF30)のアイドリングストップ

PCX150(2BK-KF30)のアイドリングストップの口コミ

     

  • 冬場は、グリップヒーター使ってるからアイストは、OFFにしてる。
  •  

 

 

乗り心地

     

  • 従来モデルのアンダーボーン構造からダブルクレードル構造へ変更し、フレーム剛性を高め、フロントカバーのステー部を鉄製から樹脂製に変更し軽量化した。
  •  

  • タイヤのワイド化と軽量化したホイールで軽快感あるハンドリングを実現。
  •  

 

PCX150(2BK-KF30)の乗り心地の口コミ

     

  • PCX150は、バイクで走るのが趣味というよりは、便利な移動手段として使える。安い金で遠くまで行けて、小回り効いて取り回しも楽だから現地でも自由に移動できる。
  •  

  • PCX150は、ラグジュアリーとミニマリズムを両立した絶妙なサイズ感。日常では下駄として使えるし、ライポジがゆったりしてるし、高速道路も走れるし、カブツーリングみたいな冒険心もくすぐられる。1台持ちには最高のバイク。
  •  

  • PCX(JF56)からPCX150(KF30)に乗り換えた。PCX(JF56)でも不満は、なかったけど、接地感というかハンドリングの安心感が別物になってる。フレームとワイドタイヤでここまで変わるのかと強く感じた。ワインディングの時の安心感は間違いなく良くなってる。JF56の頃より、倒し込みに余裕がある感じ。いつも環八環七と混雑道路を走ってるけど、車をかわして追い抜く際にJF56はハンドリングにフワフワを感じるけど、KF30ではこれがかなり解消される。
  •  

  • 高速をKF30で100q/h巡航した時の安定感には、驚いた。フレームのおかげかな。特にコーナーが多くある首都高みたいな道路は、走ってて楽しいし、快適。
  •  

  • PCX150は、見た目と違ってロングツーリングの性能が高い。
  •  

 

 

サスペンション

  • リアサスペンションのエンジン側取り付け部を後部下方へ変更し、サスペンションのストローク量を増やした。

PCX150(2BK-KF30)のサスペンションの口コミ

     

 

 

シート

PCX150(2BK-KF30)のシート

  • より快適な乗り心地を追求しシート形状を変更した。

PCX150(2BK-KF30)のシートの口コミ

     

 

 

ブレーキ

ホンダ PCX150(2BK-KF30)のABS

  • PCX150は、フロントのみが作動するABSを採用した、PCX150<ABS>をタイプ設定。

 

PCX150(2BK-KF30)のブレーキの口コミ

     

  • 2万円の差ならABS付けたほうがいいな。
  •  

  • オフ車乗ってて、KF30増車したけど、ブレーキレバーの感触が固めだね。特にフロント。新車でABSだからかな。あとエンブレが結構効く。
  •  

  • 俺は、リード110からPCX150(KF30)に乗り換えだけど、リード110の時よりエンブレが凄く効く。リード110の時は、信号が赤だとアクセルオフで慣性で走り続けて止まってたけど、PCX150だと結構減速するから止まりたい位置までたどりつけない。
  •  

  • コンビブレーキの解除の難易度は簡単な方。面倒なのは、カバー外し。カバーさえ外れたら後は、1分あればできる。カバー外す時に爪をおることがあるけど、1個ぐらいなら折れても困らないし、買い替えても値段は、高くない。
  •  

  • コンビブレーキは、峠の下りの時に使い勝手が良いね。
  •  

  • 確かに、コンビブレーキは、急な下り坂で安心感あっていいね。
  •  

  • リアブレーキはドラムだけど、リアブレーキなんか飾りに過ぎない。どうやっても強制的に前輪にも制動がかかるから。
  •  

  • リアブレーキのドラムは、フィーリングがリニアでいいぞ。
  •  

  • PCX150(KF30)を点検に出した時にエンジンをかけて走り始める時に「ビー」って音がしたから何の音?と聞いたら、「ABSの作動音でこの問い合わせがよくある」と言われた。
  •  

     

 

 

タイヤ

  • サイズ変更によるワイド化で剛性を高めたタイヤ。
  • 新設計により軽量化した前後ホイールの採用。

PCX150(2BK-KF30)のタイヤの口コミ

     

 

 

メットイン

PCX150(2BK-KF30)のメットイン

  • PCXは、容量28Lの収納スペースを確保。
  • シートの開閉途中の位置で固定できるストッパー機能を採用。

PCX150(2BK-KF30)のメットインの口コミ

     

  • インナーバイザーがあるから大きな作りになってるShoeiのJ-Cruiseでも入った。
  •  

  • 展示車でショーエイとアライのXLサイズのフルフェイスを試したけど、どっちも無理でした。アライで一番小さいアストロIQでも無理やり押し込まないと無理だし。
  •  

  • 3代目(2BK-KF30)は2代目(JBK-KF18)よりメットインの容量が増えるけど、横に容量増えてるからあいかわらず高さが足りない。だからアライのアストロIQですらXLだと入らない。
  •  

 

 

ヘルメットホルダー

 

PCX150(2BK-KF30)のヘルメットホルダーの口コミ

     

 

 

フロントインナーボックス

PCX150(2BK-KF30)のフロントインナーボックス

  • ワンタッチで開閉できるフロント左側のインナーボックス。
  • フロントパネル左側のインナーボックスには、500mlのペットボトルが収納可能な容量を確保。スマホなどの充電ができるアクセサリーソケットも装備。

PCX150(2BK-KF30)のフロントインナーボックスの口コミ

     

 

 

 

アクセサリーソケット

PCX150(2BK-KF30)のアクセサリーソケット

PCX150(2BK-KF30)のアクセサリーソケットの口コミ

     

 

 

メーター

PCX150(2BK-KF30)のメーター

  • メーターには、時計、平均燃費計、燃料計等を表示する反転液晶表示のデジタルメーターを装備。
  • 表示デザインによる精悍なイメージと少ない視線移動で情報が把握できる見やすさを両立。

PCX150(2BK-KF30)のメーターの口コミ

     

  • 速度計の数字が大きくて見やすいけど、太陽の光の角度次第でメーター全体が見えづらい時がある。ボディマウントシールドからの映り込みもあった。
  •  

 

 

ライト

PCX150(2BK-KF30)のヘッドライト

PCX150(2BK-KF30)のライトの口コミ

     

  • 俺は、初めてヘッドライト付けた時、ローでも「わ!明るい」って思った。
  •  

  • ヘッドライトの配光は真横にスパっとしてる。横の広がりがあって明るいけど振動を小刻みに拾うからチラチラ感はある。
  •  

  • KF18のポジションランプは、前照灯と同じ色で密着してたから意味無かったけど、KF30になって改善された。更にテールランプが横長になったから後続車対策では、凄く良い。
  •  

  • Youtubeで「新型PCX150 2018 LEDヘッドライト」のハイビーム切り替えの動画があった。真横に広がって結構遠くまで照らしてくれるみたい。

  •  

  • モーターショーで自信ありげに「新型は、配光の最適化がかなり進んでる」って言ってたからね。
  •  

  • ヘッドライトがLEDなのは初めてだったけど、納車されて初めて夜走ってみたら明るかった。
  •  

 

 

リアキャリア・リアボックス

PCX150(2BK-KF30)のリアキャリア・リアボックスの口コミ

     

  • ホンダ純正ボックスの35リットルは、荷物が無い時に簡単に外せるし、見た目も悪くない。まあ作りは価格からすればイマイチだけど。
  •  

  • 純正箱の35リットルは、形状の割にトイレットペーパー18個がそのまま入る。
  •  

  • 新型にSHADのSH39を付けた。これぐらいが一番バランスがいい。
  •  

  • 純正ボックスが35リットルだから、それに近いサイズ付けとけばいい。
  •  

  • 純正ボックスは、35リットルと45リットルがあってベースは共用だよ。
  •  

  • 俺は、GIVIの47リットル付けてる。すり抜けも問題無い。
  •  

  • 大きい箱は、便利だが駐輪の時が面倒くさい。
  •  

  • 大きな箱付けると真っ直ぐすり抜けるのは問題ないけど、車の間を縫うようにすり抜けする時は、邪魔になる。
  •  

  • 大きめの箱は、便利だし、後続車に大きく見せることができるから煽られることを減らせるメリットもある。
  •  

  • リアボックスは、でかいの付けて、普段使い時は外しとけばいい。
  •  

  • リアボックスはSHADのSH40を付けてる。
  •  

  • 新型PCX150に47Lの箱付けた。リアキャリアは別に購入した。リアキャリアは全モデル共通なんで好きな買えばいい。
  •  

  • リアキャリアはPCX用って書いてればどのモデルでもつく。
  •  

  • エンデュランスのリアキャリアは、評判いいね。
  •  

  • 自分でリアボックス付けるのが心配だったから納車時に「これ外して下さい」と頼んだらやってくれたよ。
  •  

  • 新型にGIVIの43リットルを付けた。やり方は、@シート開けてリアカウルのネジ2本を外す。Aカウルを外す。車体からリアカウルを外すのは、3分ぐらいでできて思ってたより簡単だった。B取ったカウルを裏返して、カウル裏側のネジを1本外すとカバーが取れる。Cカバーを取ったらカウルを付けてキャリアを取付けベースを取り付けるだけ。でも前の型よりカバーを外すためにリアカウル外す手間がある。
  •  

  • SHADのSH40に附属してる金具では、キタコのステンレスキャリアに取り付けることができなかった。結局ホムセンでスチール棚用のプレートを購入して代用したら何とか付いた。
  •  

  • 黒いリアボックスは、晴れの昼間のツーリングで中が熱くなるのが欠点。
  •  

 

 

スクリーン

PCX150(2BK-KF30)のスクリーンの口コミ

     

  • ボディマウントシールド付けたら、KF18の時と同じでミラーの取付位置が後退するね。
  •  

  • KF30のスクリーンは、価格も工賃も大きくアップしてるね。
  •  

 

 

スマートキー

PCX150(2BK-KF30)のスマートキー

  • 新たにHonda SMART Keyシステムを採用。スマートキーを携帯して車両に接近するだけでスマートキー自体を取り出さずに、メインスイッチノブの解施錠ができる。

PCX150(2BK-KF30)のスマートキーの口コミ

     

  • キーONの後でメーター中央右側の鍵マークが5回点滅したらスマートキーの電池がなくなりかけてる合図。
  •  

  • 今日、突然スマートキーの電池が切れた。乗ってエンジンかけたら黄色い鍵マークの警告灯が点滅してた。そのまま走って、降りてエンジンを切ったら、もう回せなくて動かない。コンビニが近くにあって助かったけど、なかったらやばかった。電池は、2032ボタン電池。
  •  

  • スマートキーの電池が切れそうになると走行中ずっとメーターの鍵マークのランプ(黄色)が点滅する。
  •  

  • スマートキーの電池交換は、コイン使って開けられる。10円玉を突っ込んでひねれば開く。電池が隙間なくきっちり入ってたから取り出すのに固くて手間取った。今回の電池交換は、開けるのに30秒、電池を外すのに3分、電池を入れるのに1分かかった。
  •  

  • スマートキーの予備電池は、携帯しといた方がいいよ。出先で電池なくなると面倒なことになる。俺は、100均で電池買ってフロントインナーボックスに入れてる。
  •  

  • 出先でトラブルにあうのが嫌だから100均で買ったスマートキーの予備の電池(CR2032)をフロントインナーボックスに入れてる。
  •  

  • スマートキー便利だけど、リアボックスやU字ロック使ってる人には、鍵を出すのは、一緒だからそこまでメリットないかも。たまにリアボックスに挿しっぱなしで走ることあるし。
  •  

  • スマートキーは、勝手に閉まるシャッターキーよりは、間違いなく快適だよ。
  •  

 

 

ミラー

PCX150(2BK-KF30)のミラー

  • デザインと操縦安定性を両立したサイドミラー。

PCX150(2BK-KF30)のミラーの口コミ

     

 

 

乗り出し価格

 

PCX150(2BK-KF30)の乗り出し価格の口コミ

     

  • 2018年3月

    ドリームで黒のABSタイプを注文した。納期は5月になるかもって。
    本体 395,280円でそこから32,280円割引
    ロンスク 24,840円+4,320円
    グリップヒーター 17,820円+23,760円
    ボディガラスコート+メンテキット 16,200円+3,564円
    点検パック 37,700円
    盗難補償 13,500円
    諸費用込みで合計55万円。

  •  

  • 2018年3月

    ABS付き契約した。ロングスクリーンとETC付けてもらって合計49万円。メンテナンスパックや盗難補償は外した。

  •  

  • 2018年3月

    PCX150ABS無しで本体値引きが3万円。KF18の下取りが7.6万円。ETC移設と諸費用で乗り出しが34万円だった。

  •  

  • 2018年6月

    ABS付契約してきた。乗り出しが408500円。

  •  

  • 2018年10月

    PCX150 ABSを契約してきた。自賠責2年、ロンスク、グリヒ、アラーム、インジケーターランプ、コンビニフック付けて全部で43万円。

  •  

 

 

その他

PCX150(2BK-KF30)のその他の口コミ

     

  • 【初代】2012年6月7日発売

    【2代目】2014年5月16日発売
    【3代目】2018年4月20日発売

  •  

原付の買取業者を比較して原付を高く売る
原付を高く売るには、業者同士の価格を比較することが重要です。
バイク王やバイクランドといった有名どころを含め60社以上が登録しているバイク比較.comがおすすめです。たった数分の入力で数万円変わってくることがあります。


原付を売る前に知っておいたほうが良いことをまとめた「原付を高く売る方法」も読んでみてください。